2010年03月14日

王禄 超辛純米 春季限定出荷無濾過生原酒H21BY

IMG_7589.jpg

春季限定出荷の王禄超辛純米。

やはり手を出さずにはいられない。

最近、島根県のお酒がおいしくなってきている。

その様はまるで「目に見える」かのようである。

そんな中でも残念なこともある。

一部の蔵だが「超辛口」表示を安易に行っているところがあるのだ。

たしかに「超辛口」「辛口」に正式に定められた基準はない。

どう謳うかは自由といえば自由なのだが、マニア以外の一般の人の誤認をさそうような表示をすることで、よりまじめに造っている蔵の属する県全体のイメージを下げるような行為ともなりかねない。

酒造りの方針からしてもう少し真摯に取り組んでいただきたいものである、どこの蔵かは言わないが。

話を戻して、そんな伸び盛りの島根県のお酒の数々の中でも不動の地位にあると言ってよいのが王禄なのだと思う。

お酒の味から伝わってくるもの。

峻烈さ、妥協の無さ、押しの強さ、我の強さ。

そしてやはり突き詰めた純度の高さである。

その王禄がH21秋からの醸造によるお酒を今年も出してきた。

フレッシュなことこの上なし、そして味はばらばら。

味がばらばらなのは悪いことではない。

本来相応の熟成期間をおいて、たとえば次の秋などに出荷するのが本来の形。

その原型はこんなんですよ!という顔見世興行がこの春季限定出荷なのだから。

そのばらばらな味それぞれがとがっており、そしてフレッシュである。

少なくとも半年後には辛み、甘み、旨みなどの味が丸みを帯び、融合し渾然一体となって、全体としての個性を作り上げてくる。

ワタクシの好みはフレッシュ系であったりするので、あまりひねた感じは好きではない…古酒は、ひねた様子を売りにするタイプのものは特にストライクゾーンではない。

その逆に可能性を感じさせてくれる、そして未完なもの…人でもそうだがワタクシはこういうものに憧憬を感じがちだ。

ここのところ、年下の若い人々との接点が増えているワタクシである。

年長者、経験者としてアドバイスすることも多いのだが、それをものの見事に自分のものとして吸収するときの彼らを見ていると、その伸び率がワタクシよりも高いことに尊敬を感じ、また頬がゆるむ自分がいる。

このお酒も未来への想像力がかき立てられ、頬がゆるむお酒なのである。

IMG_7595.jpg

<仕込み第2号>
アルコール分/17%以上18%未満
日本酒度/+9.7
酸度/2.4
原材料名/米、米麹
精白歩合/60%
仕込み水/自然湧水 通称「黄金井戸」
杜氏名/石原丈径
製造年月/H22.1
限定本数/270本

最後まで読んでいただきありがとうございます。
またお越しください。

ブロぐるめ! へ
タグ:王禄
posted by ヤマトシジミ at 09:44| 島根 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 1-6島根のお酒・地酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月13日

大山Gビール スタウト

IMG_7163.jpg

引用ばかりしている大山Gビールシリーズ(笑)。

やはり今回のスタウトも・・・。

ウィキペディア スタウトより抜粋して引用

スタウト(stout)は、ビールのスタイルの一つで、黒くなるまでローストした大麦(モルトとは限らない)を使用し、上面発酵によって醸造されるものを指す。
日本におけるビールの分類では「濃色の麦芽を原料の一部に用い、色が濃く、香味の特に強いビール」のことで「ビールの表示に関する公正競争規約・第4条」によって定義されている。
ほとんどのスタウトの色は黒い。主にアイルランドやイギリスで作られる。
味は濃厚で、苦み・酸味とも強い。アルコール分が一般的なラガー・ビールより高いものが多い。カロリーはラガーよりも低い。名前の「スタウト」(stout)とは、「強い」という意味である。飲み方としては、そのまま飲む以外に、普通のビールに割って飲んだり、生卵を落として飲む方法がおこなわれている。代表的な銘柄には、ギネス(Guinness)がある。
(引用終わり)

やはり当社の説明の方がコンパクトでわかりやすい。

<当社HP説明より>
スタウト
数種類の焙煎麦芽由来の珈琲やチョコレートを思わせる香りや、フルーティな香りが特徴の黒ビール。しっかりとした飲み応えのあるミディアムボディの味わいです。
発酵方式:上面発酵 度数:5.5% 酵母:未ろ過(酵母有)
<引用終わり>

なんでも日本の大手メーカーのスタウト、あるいは黒ビールは下面発酵のものが大半なんだそうである。

その点では本来のやり方をきちんと押さえたビールということになろうか。

IMG_7294.jpg

さて味わってみる。

実は黒ビールがやや苦手なワタクシ。

ビールにはフレッシュさを求めるところがあるためなのだが、この大山Gビールスタウトはそのフレッシュさも強く感じられる。

ミディアムボディとあるとおりそれでいて複雑な味わいも楽しめる。

実におもしろい。

やはり今までの3つのビールと同じく、当社の説説明通りの味。

さて、大山Gビールの4つのレギュラービールを味わってみて、味から感じられるのは、かなり基本に忠実に作っておられるのではないかという印象である。

それゆえ、そして生産量が多くないことが想像されることからのコスト高、そしてこの店頭販売価格(私は525円で購入した。)。

こうした製品は極めて文化的要素の強いもの。

日本サッカーがワールドカップでベスト4に当然入れないこと、たとえば中田ヒデが熟成途中でバーンアウトしてしまったことも、サッカーというスポーツが文化的要素が強いゆえである。

文化的要素の強いものを短期間の成果をもって全てを評価するのは違うと常々思っている。

これは各地でまじめに作られているワインにも共通するのだが、さらに10年、20年、30年と経ってみて評価すべきものだと思う。

その時間の重みに耐えられるか、ファンが支えるかによって、より良く深いもの、深い味が生まれてくるのだと信じている。

IMG_7166.jpg


久米桜麦酒株式会社
鳥取県西伯郡伯耆町丸山1740-30
TEL 0859-39-8033
http://g-beer.jp/contact.html


最後まで読んでいただきありがとうございます。
またお越しください。

ブロぐるめ! へ
posted by ヤマトシジミ at 09:49| 島根 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2-4鳥取の食べ飲み物(他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月12日

いずもや あなご唐揚げ・紅天ほか

IMG_7558.jpg

地魚天ぷらといっしょに買ったいずもやさんのあなご唐揚げです。

あなごは地元仁摩産表示されています。

小型底曳き網漁で漁獲された日本海のあなご…日本海のアナゴは非常に太く、

江戸前や瀬戸内のアナゴとは趣が違います。

上品ではないのですが、ボリューム感満点ですので、天ぷらもいいのですが、

煮付けたり、唐揚げにするというのはいい方向だと思います。

がつんと来るんですよね。

これもしっかりがつんと来ますヨ。

IMG_7535.jpg

いっしょに買った紅天(べにてん)です。

浜田の赤天はB級グルメとして知名度が上がってきていますが、こちらはベニテンと呼ぶんだそうです。

味は基本的には同じ感じのものです。

おもしろいですね。

IMG_7539.jpg

ニンニクをきかせたジャガイモの揚げ物です。

これがわかりやすいというか、試食してはまって買ったものです。

なかなかキャッチーなお味というか、やられたという感じでしたネ。


出雲屋蒲鉾店・産地直送島根の旨いもん@いずもや
島根県大田市仁摩町仁万777−1
TEL 0854-88-2952(代表)
★お電話でのお問い合わせはなるべく午前中をお避けください。(午前中は製造に入っていると、折角のお電話に出られないことがあります)
http://izumoya.web.fc2.com/


最後まで読んでいただきありがとうございます。
またお越しください。

ブロぐるめ! へ
posted by カイワリ at 08:08| 島根 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 1-3島根の水産加工品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月11日

簡単!タイ風ココナッツミルクの親鶏カレー

IMG_8229.jpg

簡単に本格的っぽいカレーが作れないかなぁと思い、旦那と合作で作ってみたのがこのカレーです。

【レシピ】
親鶏         500g
ターメリック     小さじ1杯弱
レッドチリペッパー  少々
塩          塩少々

タマネギ       大玉2個
ダイコン       1/2本
鳥ミンチ       400g
トマト缶       1個
ココナッツミルク缶  2個
コリアンダー(ホール)小さじ1と1/2
クミン(ホール)   小さじ1と1/2
ニンニク(チューブ) 少々
ショウガ(〃)    少々
塩          適宜(調整)
水          100cc程度適宜

1 コリアンダーとクミンをミルで引きます。

2 鳥ミンチ、トマト缶、ココナッツミルク缶、ニンニク、ショウガ、コリアンダー、クミンを鍋に入れます。トマト缶やココナッツミルク缶を洗った少量の水も鍋に入れます。

3 鍋を中火にかけます。沸騰したら弱火にし、アクを取ります。

4 タマネギはスライサーで薄切りに(手抜きです)、ダイコンは乱切りにします。

5 薄切りにした親鶏、ターメリック、レッドチリペッパー、塩をフライパンに入れ、炒めます。炒め終わったら脂分を残して具を鍋に移します。

6 続けてタマネギを炒めます。きつね色、一部焦げ目がつくぐらいに炒めます。終わったら鍋へ。

7 最後にダイコンをフライパンで炒めます。表面に軽く焦げ目がつくぐらいに。終わったら鍋へ。

8 鍋の加熱を適度に続けて終わりです。全部で1時間ぐらい。

 ダイコンの食感を残すためには浅めに止めておくのがいいですが、これは好みです。

 トマト缶に塩分がかなりありますので、ココナッツミルクの味を大事にするなら入れすぎないように注意です。

単純ですが野菜のエキスと親鶏からのだし、ミンチからのだしが相まって優しいお味を醸し出します。

本格的っぽいカレーが苦手なお嬢もぱくぱくぱくぱく、おなかいっぱい食べてくれました。

あえて、スパイスはきかせないようにしていますが、お好みで効かせて甘辛にするのもよいと思います。


IMG_8231.jpg

業務用スーパーで88円だったココナッツミルク。


最後まで読んでいただきありがとうございます。
またお越しください。

ブロぐるめ! へ
posted by カイワリ at 08:16| 島根 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 我が家の食卓から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月10日

バイ(白バイ)味付け缶詰 で炊き込みご飯

IMG_8184.jpg

隠岐水産高校の作による白バイの味付け缶詰です。

先日の暖談食フェスタでベニガニ有志の会の炊き込みご飯が白バイでだしを取っていたことがわかり

まねをしてみたくなりました。

白バイとは標準和名でエッチュウバイのことをいいます。

刺身で食べると甘くておいしいのですが、炊き込みご飯にするのは初めてです。

バイ類は煮付けにして付きだしなどで使われますので、おおはずれは絶対無いと思いながらの挑戦です。

IMG_8185.jpg

隠岐水産高校は、このたび新入幕を果たした隠岐の海関の母校でもあります。

この缶詰には制作者の写真も写っていてかわいいですね。

青春してるのね♪という感じでほほえましいです。

IMG_8217.jpg

さて、本題の炊き込みご飯、2合のお米にそのまま缶詰を混ぜて炊いただけのものです。

一応、白バイの身は切りましたけれどね。

やはり白バイのだしは濃厚でホントーにいいです。

やや薄味好みのひとなら2合半か3合で炊いてもいいかもしれません。

白バイの身の甘みのエキスが十分にでて、甘く炊いてあるのにも負けない自己主張をしています。

おいしいですよ。


島根県立隠岐水産高校
島根県隠岐郡隠岐の島町東郷吉津2
TEL 08512-2-1526
http://www.shimanet.ed.jp/okisui/

最後まで読んでいただきありがとうございます。
またお越しください。

ブロぐるめ! へ
posted by カイワリ at 08:10| 島根 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 1-3島根の水産加工品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月09日

地魚天ぷら 島根県仁摩港の沖いわし100%使用

IMG_7549.jpg

先日の赤はぜに続き沖いわしバージョンです。

沖いわしは標準和名ではニギスといいます。

最近、ニギスの知名度は上がっていますね。

未利用魚などといいますが、とんでもない!!

こちらでは普通に食べてますよ。

IMG_7552.jpg

ニギスは旨みの強いお魚です。

はらわたのところに軽い苦みがあり、このクセで好みが分かれるかもしれませんが、

子持ちを一夜干しにして焼いたりすると、それはもうたまらないお味です。

足が速いので、都会地向けではないかもしれません。

さてこの沖いわしバージョン、骨ごとのすり身でやっておられますが、それが一番生きた

バージョンのように思います。

沖いわしの骨は柔らかいので、じゃりじゃり感もほどほどに旨みがしっかり出ていると思います。

お薦めですね。


出雲屋蒲鉾店・産地直送島根の旨いもん@いずもや
島根県大田市仁摩町仁万777−1
TEL 0854-88-2952(代表)
★お電話でのお問い合わせはなるべく午前中をお避けください。(午前中は製造に入っていると、折角のお電話に出られないことがあります)
http://izumoya.web.fc2.com/


最後まで読んでいただきありがとうございます。
またお越しください。

ブロぐるめ! へ
posted by カイワリ at 08:16| 島根 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 1-3島根の水産加工品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月08日

ごり 中海(なかうみ)産 はまりそうな珍味です

IMG_8161.jpg

旦那がいつもの街中のスーパーでみつけてきた、中海産のごりです。

一応、その日のメインディッシュは決まっていたので「迷惑な」と思ったのですが…。

IMG_8162.jpg

旦那と調べてみたのですが、種類がよくわかりません。

IMG_8165.jpg

これはビリンゴというのではないか?と思われますが自信がありません。

IMG_8168.jpg

汽水域なのでヌマチチブも結構多いらしいよ、とは旦那の知り合いのアドバイスだそうですが、

これもどの魚がそうなのか・・・?

よくごり料理といわれる料理が金沢や京都にありますが、それと同じなのでしょうか?

旦那はジュズカケハゼといわれる小さなごりやアユカケ(カマキリ)といわれるやや大きめのごり

を食べたことがあるといっています。

IMG_8169.jpg

1/3ぐらいはまだ生きていて、洗うついでに作った塩水でいけたら泳いでいました。

「本当にこんなの食べるの?」とちょっとドキドキです。

IMG_8179.jpg

大きさをできるだけそろえながら、順にあげてみました。

骨ごと食べるために、ややしっかり目にあげています。

生きているのを油に入れると瞬間暴れたりして大変でした。

お味は…実はとてもおいしかったのです。

おなか周りから極淡い苦みがありますが、身は白身の素直なお味…、

マハゼのようなほのかに少し味のあるお味だったのです。

お嬢と3人で競って食べました。

旦那にはカロリー制限を盾に途中からお預けにして2人の分を確保したほどです(笑)


最後まで読んでいただきありがとうございます。
またお越しください。

ブロぐるめ! へ
タグ:ごり
posted by カイワリ at 07:39| 島根 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 2-1鳥取の魚貝類・海藻類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。