2010年03月29日

紅ズワイガニ缶詰(ニッスイ)

IMG_6898.jpg

IMG_6897.jpg

IMG_6896.jpg

IMG_6895.jpg

ちょっとだけぶり返しネタも含めてです。

昨年、ニッスイが紅ズワイガニ原料の加工品をズワイガニ…つまりは松葉ガニや越前ガニだと偽って

表示していたというのが問題になりましたね。

そのことを改めて旦那と考えてみました。

あれって失礼な話だと思うのですよね、ホントに。

まずニッスイ(当時)は論外だと思うのです。

今回ご紹介の缶詰、コレ結構なお値段です。

おばあちゃんからもらわなければ我が家でコレを買うことはないと思います。

(ちなみにおばあちゃんももらったそうです。)

紅ズワイガニの身をこうしてしっかり詰めると、ちゃっかり高付加価値化させているわけです。

先日、黄金ガニ…ハイブリッド、あいのこを紹介したんですけれども、お味的には紅ズワイガニも

ズワイガニもそれぞれのおいしさがあって、そのハイブリッドはまたそれぞれの良さが出ていていいんですよね。

だから味だけ考えると、偽装する必要はないわけです。

さらに言えば、実は加工品にしたときには、その身の甘さ〜立ち上がりが鋭く、抜けが速い〜という

特性などから紅ズワイガニの方がおいしい場面が多いわけです。

だから、いろんな場面で使われている紅ズワイガニですが、これをまがい物ととらえるよりも

用向きにあったように使われているととらえる方が良いのだと思います。

もちろんコストの面でも紅ズワイガニが優位にあると言うことも含めてですけどね。

だとするとですよ、ニッスイの偽装はホント論外だと思うのです。

価格面で高いズワイガニを語っているわけですが、紅ズワイガニがいいものですよという

PRもしてこなかったんですよね。

マスコミも公正取引委員会の発表のとおりに優良誤認表示≒偽装事件としたわけですが、

紅ズワイガニにも良さはある…というフォローは見たことがありません。

このことは、言える立場ではないとしてもニッスイがすべきことだったと思うのです。

ここを放置しておくからお膝元の鳥取県知事さんが子ども手当の地元負担が増えたことのたとえに

「ズワイガニだと思えば紅ズワイガニだった」などと発言するなど、紅ズワイガニが

まがい物だという一般認識がさらに広まって固定化しちゃったんだと思うのです。

そしてまた多くの消費者も…。

私も旦那も含めて、まだまだ文字情報にだまされすぎているんではないのかな?、

自分の感性で味わうことよりも評判などをもとに味わってるつもりなのではないのかな?

そして多くの消費者は、有関心層も含めてそうした刷り込みに大きな影響を受けているのではないかな?

と思ったところです。

IMG_6889.jpg

と、この頃いろいろあって熱くなりすぎました。

大きく出たあとで恐縮ですが、単純にキュウリの酢の物にしました。

でもこれがおいしいんです、間違いなく。

紅ズワイガニの身のおいしさが出ています。

みなさんももっともっと自分の感性を信じていろいろなものを味わってみませんか?

これから、桜ガニ(この時期の紅ズワイガニの地元の呼び名だそうです)の季節です。

産卵前で紅ズワイガニが旬を迎えるのです。

さて、みなさんの感性では紅ズワイガニ(良品を選ばねばなりませんよ!)はまがい物ですか、ホンモノですか?


(今回はカイワリ&ヤマトシジミの合作記載です。)

最後まで読んでいただきありがとうございます。
またお越しください。

ブロぐるめ! へ


posted by カイワリ at 23:39| 島根 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 1-3島根の水産加工品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月26日

甘鯛の奉書焼き いそまる本舗

IMG_8432.jpg

またまた買ってみました、いそまる本舗の奉書焼きシリーズです。

今度は甘鯛です。

高級魚で特有の香りがありますが、身自体はクセのない甘みのある甘鯛ですので、

奉書焼きという蒸し焼きにすることでどうなるのか?楽しみです。

いいコンセプトですね。

IMG_8434.jpg

レンジでチンするだけでできあがります。

やはり、甘鯛の良さを増幅させているというか、優しい甘みが広がっていいお味ですね。

最近では都会では焼き魚がはばかられるようになっているようですね。

近所に臭いがしたり、火災報知器に煙が反応したり。

嘆かわしいことだとは思いますが、仕方がない面もありますね。

こちら島根県の松江ではそういうことはないのですが…。

でもこの奉書焼きをある意味、焼き魚だと思えば、煙もでず、そして上品なお味が

家庭で味わえる…、まだまだ認知度は高くありませんが、そういう点でもこれからの商品のような気がします。

お薦めですよ。


「山陰海の幸 いそまる本舗」

株式会社大磯
〒697-0017 島根県浜田市原井町3050-20 水産加工団地内
TEL:0120-01-9580
http://www.rakuten.ne.jp/gold/isomaru/IMG_8432.jpg


最後まで読んでいただきありがとうございます。
またお越しください。

ブロぐるめ! へ
posted by カイワリ at 08:04| 島根 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 1-3島根の水産加工品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月12日

いずもや あなご唐揚げ・紅天ほか

IMG_7558.jpg

地魚天ぷらといっしょに買ったいずもやさんのあなご唐揚げです。

あなごは地元仁摩産表示されています。

小型底曳き網漁で漁獲された日本海のあなご…日本海のアナゴは非常に太く、

江戸前や瀬戸内のアナゴとは趣が違います。

上品ではないのですが、ボリューム感満点ですので、天ぷらもいいのですが、

煮付けたり、唐揚げにするというのはいい方向だと思います。

がつんと来るんですよね。

これもしっかりがつんと来ますヨ。

IMG_7535.jpg

いっしょに買った紅天(べにてん)です。

浜田の赤天はB級グルメとして知名度が上がってきていますが、こちらはベニテンと呼ぶんだそうです。

味は基本的には同じ感じのものです。

おもしろいですね。

IMG_7539.jpg

ニンニクをきかせたジャガイモの揚げ物です。

これがわかりやすいというか、試食してはまって買ったものです。

なかなかキャッチーなお味というか、やられたという感じでしたネ。


出雲屋蒲鉾店・産地直送島根の旨いもん@いずもや
島根県大田市仁摩町仁万777−1
TEL 0854-88-2952(代表)
★お電話でのお問い合わせはなるべく午前中をお避けください。(午前中は製造に入っていると、折角のお電話に出られないことがあります)
http://izumoya.web.fc2.com/


最後まで読んでいただきありがとうございます。
またお越しください。

ブロぐるめ! へ
posted by カイワリ at 08:08| 島根 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 1-3島根の水産加工品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月10日

バイ(白バイ)味付け缶詰 で炊き込みご飯

IMG_8184.jpg

隠岐水産高校の作による白バイの味付け缶詰です。

先日の暖談食フェスタでベニガニ有志の会の炊き込みご飯が白バイでだしを取っていたことがわかり

まねをしてみたくなりました。

白バイとは標準和名でエッチュウバイのことをいいます。

刺身で食べると甘くておいしいのですが、炊き込みご飯にするのは初めてです。

バイ類は煮付けにして付きだしなどで使われますので、おおはずれは絶対無いと思いながらの挑戦です。

IMG_8185.jpg

隠岐水産高校は、このたび新入幕を果たした隠岐の海関の母校でもあります。

この缶詰には制作者の写真も写っていてかわいいですね。

青春してるのね♪という感じでほほえましいです。

IMG_8217.jpg

さて、本題の炊き込みご飯、2合のお米にそのまま缶詰を混ぜて炊いただけのものです。

一応、白バイの身は切りましたけれどね。

やはり白バイのだしは濃厚でホントーにいいです。

やや薄味好みのひとなら2合半か3合で炊いてもいいかもしれません。

白バイの身の甘みのエキスが十分にでて、甘く炊いてあるのにも負けない自己主張をしています。

おいしいですよ。


島根県立隠岐水産高校
島根県隠岐郡隠岐の島町東郷吉津2
TEL 08512-2-1526
http://www.shimanet.ed.jp/okisui/

最後まで読んでいただきありがとうございます。
またお越しください。

ブロぐるめ! へ
posted by カイワリ at 08:10| 島根 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 1-3島根の水産加工品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月09日

地魚天ぷら 島根県仁摩港の沖いわし100%使用

IMG_7549.jpg

先日の赤はぜに続き沖いわしバージョンです。

沖いわしは標準和名ではニギスといいます。

最近、ニギスの知名度は上がっていますね。

未利用魚などといいますが、とんでもない!!

こちらでは普通に食べてますよ。

IMG_7552.jpg

ニギスは旨みの強いお魚です。

はらわたのところに軽い苦みがあり、このクセで好みが分かれるかもしれませんが、

子持ちを一夜干しにして焼いたりすると、それはもうたまらないお味です。

足が速いので、都会地向けではないかもしれません。

さてこの沖いわしバージョン、骨ごとのすり身でやっておられますが、それが一番生きた

バージョンのように思います。

沖いわしの骨は柔らかいので、じゃりじゃり感もほどほどに旨みがしっかり出ていると思います。

お薦めですね。


出雲屋蒲鉾店・産地直送島根の旨いもん@いずもや
島根県大田市仁摩町仁万777−1
TEL 0854-88-2952(代表)
★お電話でのお問い合わせはなるべく午前中をお避けください。(午前中は製造に入っていると、折角のお電話に出られないことがあります)
http://izumoya.web.fc2.com/


最後まで読んでいただきありがとうございます。
またお越しください。

ブロぐるめ! へ
posted by カイワリ at 08:16| 島根 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 1-3島根の水産加工品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月07日

地魚天ぷら 島根県仁摩港の赤はぜ100%使用

IMG_7544.jpg

いずもやさんのお店に行くことができました。

そのときに買ってきたものの1つがこの地魚天ぷら 島根県仁摩港の赤はぜ100%使用です。

過去記事からあえて引用します。

島根県仁摩港というのは大田市〜オオタシではなくオオダシと濁ります〜の石見銀山のふもとにある

港なのです。

仁摩港付近の大田市の港は小型底曳き網漁業の本拠地です。

この漁業は、底もののお魚を日帰り操業でおこなう、高鮮度なお魚を取り扱っている

ものなんだそうです。

カレイ類のなかでも鮮度落ちしやすいものまでをお刺身で提供しよう!というような

試みもされてます。

<過去記事はコチラ>
2009年10月29日 地魚天ぷら 島根県仁摩港のかれい100%使用

なお赤はぜとは標準和名でヒメジといいます。

ぼうずコンニャクの市場魚貝類図鑑 ヒメジ

島根県の大田市から少しずれて浜田では金太郎と呼んだりもするんですよ。

おもしろいですね。

さてお味は過去記事のかれいバージョンと同じで、少しじゃりじゃり感のある

じゃこ天的なすり身を使った平天です。

いわゆる無添加商品で、この「さかな、さかな」した感じがよくマッチしています。

他に買ったもの、たくさんつまみ食いさせてもらった試供品もグーでしたヨ。

IMG_7545.jpg

出雲屋蒲鉾店・産地直送島根の旨いもん@いずもや
島根県大田市仁摩町仁万777−1
TEL 0854-88-2952(代表)
★お電話でのお問い合わせはなるべく午前中をお避けください。(午前中は製造に入っていると、折角のお電話に出られないことがあります)
http://izumoya.web.fc2.com/


最後まで読んでいただきありがとうございます。
またお越しください。

ブロぐるめ! へ
posted by カイワリ at 12:48| 島根 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | 1-3島根の水産加工品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月06日

隠岐サザエの缶詰 島根県(隠岐の島)西ノ島町産で炊き込みご飯

IMG_7626.jpg

今日は痛恨のミスのお話です。

画像を紛失してしまいました(泣)

隠岐サザエの缶詰 島根県(隠岐の島)西ノ島町産で炊き込みご飯をしたのですが、

缶詰の画像を紛失しちゃったのです。

ということで JFしまね浦郷支所のHPで缶詰の画像を見てください。
http://fish.miracle.ne.jp/okiurago/

さて、2合半のご飯に缶詰のサザエを少し刻んでいれて炊くだけです。

サザエがぎっしり詰まって、しかも苦いしっぽの部分が無いから、サザエの甘みだけがしっかり出ます。

1缶1400円と超高級な缶詰ですがサザエのつまり具合からすれば、十分に納得の価格です。

滅多に買えない、缶詰なのに画像を無くしちゃうなんて…。

これは旦那にしっかり稼いでもらってまた買うしかありませんね。


最後まで読んでいただきありがとうございます。
またお越しください。

ブロぐるめ! へ
posted by カイワリ at 10:26| 島根 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 1-3島根の水産加工品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月05日

出雲国大社食品 あ!(そば・きゃべつ)と驚くおいしさです

IMG_7677.jpg

出雲国大社食品の製品の紹介が続いているが、これはもっとも変わり種かも。

ここの本当にいいものは下記のリンク。

こだわり商品
http://www.syokuhin.jp/kodawari.htm

製品原料にこだわり…というとこだわった結果、バランスがばらばらという商品もよく見かける。

そのそれぞれの原料の特色を生かし切れず、デメリットだけを目立たせてしまうこともあるのだ。

そうではなく、バランスを取って…となると、必要なのはセンスとセンスをこれでもかこれでもかと突き詰めることが重要ではなかろうか?

こだわり商品の中にはあご100%のあご野焼きなど魅力的な商品がいっぱい。

ある試食会でいっぱい試食したのだが(笑)、その風味や食感などはこのメーカーが「どうやりたい」のかがまさに伝わってくる様な商品であり、とても印象的だった。

入手次第紹介したいと思う。

その一方で、この商品「あ!」なのである。

決して無添加ではない。

でもそれもある意味意図したものではなかろうか?

遊び心満点、やや薄味のお好み焼きのような味付けなのである。

この味、前述のこだわり商品一群とは好対照。

まことにまことにお行儀の悪い味なのだがおもしろおいしい。

こちらも図に乗って少し焼きを入れ、オリバーソースのどろソースをちょっとかけて食べた。

これはビールにある。

浜田の赤天のように地元B級グルメとしても発展できるものではないか?

だまされたと思って(たぶんだますことになると思うのだが<笑>)食べて見ませんか?

IMG_7678.jpg


株式会社出雲国大社食品
島根県出雲市大社町杵築北3004番
TEL (0853) 53-2125
http://www.syokuhin.jp/


最後まで読んでいただきありがとうございます。
またお越しください。

ブロぐるめ! へ
posted by ヤマトシジミ at 08:14| 島根 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | 1-3島根の水産加工品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月02日

出雲国大社食品 野菜天

IMG_7685.jpg

旦那が持ち帰った出雲国大社食品さんの野菜天です。

この記事、旦那が書きたがっていたのですが、私が書くことにしました。

出雲国大社食品さんは無添加にこだわる食品もあれば、普段使い用の野菜天など、

バランスよくいろいろと作っておられる会社のようです。

とくにタマネギのしゃきしゃき感と甘みが目立つ安心して食べられるお味です。

やはりこれも松江市内のスーパーでゲットできるようになったらよいのに…と感じました。

旦那が言うには、あご野焼きもいいお味をしておられるようですが、私はまだ食べたことがありません。

たべたいなあ。


IMG_7688.jpg


株式会社出雲国大社食品
島根県出雲市大社町杵築北3004番
TEL (0853) 53-2125
http://www.syokuhin.jp/

最後まで読んでいただきありがとうございます。
またお越しください。

ブロぐるめ! へ
posted by カイワリ at 08:11| 島根 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 1-3島根の水産加工品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月21日

出雲国大社食品 あじつみれ

IMG_7690.jpg

旦那が持ち帰った出雲国大社食品さんのあじつみれです。

化学調味料・合成保存料無添加なのはうれしいですね。

IMG_7698.jpg

旦那のリクエストで、旦那の主食と化している野菜鍋にだしとして入れました。

とても素直にアジの身の味が出たつみれで、ありそうでなかなかない商品です。

出雲国大社食品さんは、数年前から無添加系の商品をいろいろと出されています。

しかも良いところはお値段がお手頃なのです。

無添加のような高付加価値商品でも普段使いしにくいものはそうそう食べられませんものね。

我が家にとっての難点は、自宅近くのスーパーでは売っていないことなのですが、

そんなに小ロットの生産ではないようなので、松江市内のスーパーで

取り扱いしてくれたらいいのに…なんて思います。

ほかの商品も食べたのがあります。

旦那が書きたがっていますけど、さてどうしましょうかしら?


IMG_7693.jpg


株式会社出雲国大社食品
島根県出雲市大社町杵築北3004番
TEL (0853) 53-2125
http://www.syokuhin.jp/


最後まで読んでいただきありがとうございます。
またお越しください。

ブロぐるめ! へ
posted by カイワリ at 07:14| 島根 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 1-3島根の水産加工品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月04日

さばのしょうが煮 田村マルエ食品

IMG_5369.jpg

IMG_5370.jpg

はまってます田村マルエ食品のお魚のおそうざいシリーズ、

とりをつとめまするは、さばのしょうが煮です。

IMG_7457.jpg

小サバ…いわゆるろうそくサバと地元ではいわれているようですが、

寸胴切りにしてあって生姜で煮てあります。

家庭でもこういう味付けをすれば、「お料理上手ね」といわれそうなお味です。

他のシリーズでもそうですがその味付けのバランスが、温めなくてもおいしいというのがすごいところでもあります。

当然温めてもおいしいのですが、1人暮らしで何回かに分けて食べるとしても

レンジに何度もかけなくてもよいというのは大きな魅力のような気がします。

IMG_5372.jpg

旦那は昨年の後半から体調を考慮してダイエット中です。

こういうメニューでも、ちょこっとつつくだけに我慢しています。

まあ、自業自得というか…。

成果は出ているので本人は喜んでいるんですけどね。

こういうごちそうもわたしとお嬢に回ってくる量が増えており、それはちょっとうれしいかな(笑)というのもあります。

まだまだ手元にたまっているネタもあり、しばらくは大丈夫ですが、食の冒険的なことは

今後は減るかもしれません。

あと、今年は野菜作りを本格的に再開したいですねえ>旦那。


最後まで読んでいただきありがとうございます。
またお越しください。

ブロぐるめ! へ
posted by カイワリ at 08:15| 島根 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 1-3島根の水産加工品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月02日

焼きあじ黒酢漬 田村マルエ食品

IMG_5350.jpg

田村マルエ食品のお魚のおそうざいシリーズです。

まだまだはまってしまっています。

シリーズの中でも私がもっとも気に入っているのがこれです。

小アジが甘酸っぱい酢に浸かって、そして生姜と唐辛子もご一緒です。

見るからにハズレのなさそうな構成ですが、ハズレどころか大当たりなのです。

IMG_7451.jpg

小アジといえば定番は南蛮漬けですが、揚げずに焼いて酢につけるのは家庭では時間がかかるので

気軽にはやろうかなと思えませんね。

そういう点でもこのパックはいいかもしれません。

おそらく大量につけ込んだのだと思いますが、よく染みています。

IMG_5353.jpg

旦那もそうなのですが、ここ数年酸っぱいものが本当においしいと思えるようになりました。

そのせいもあってか、わたし的にもっともお薦めなのです。

さて、この記事を書いていて、あじの南蛮漬けも食べたくなりました。

いたって単純なわたし…。


田村マルエ食品
島根県松江市鹿島町 古浦601-105
TEL 0852-82-0786
http://store.shopping.yahoo.co.jp/arumall/131910.html

最後まで読んでいただきありがとうございます。
またお越しください。

ブロぐるめ! へ
posted by カイワリ at 18:54| 島根 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 1-3島根の水産加工品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月29日

エテガレイの奉書焼き いそまる本舗

IMG_7039.jpg

先日のスズキの奉書焼きと同時にエテガレイの奉書焼きも買っちゃいました。

エテガレイは標準和名でソウハチと言います。

エテガレイは干物にして、とても美味…妙味があるといった方が良いかもしれません。

それはおそらくは身にもっている脂が酸化したときの独特のくせがクセになる味だからだとおもいます。

これも行き過ぎると嫌みになってしまうのですが、そういうクセをもったお魚を奉書焼きで

蒸し焼きにするなんて…どうなっちゃうんでしょうか?

IMG_6522.jpg

食べて見ると、結構くせがなく仕上がっているんですね。

おそらくは、下ごしらえをかなり丁寧にされたのでしょうか?

そして奉書をひもといたときのむんとした香り、このくせはクセで良い形で生きています。

エテガレイの干物の新境地というか、おもしろい商品です。

エテガレイが好きな人には一度は味わってみてというお勧めの一品ですよ。

IMG_6524.jpg


「山陰海の幸 いそまる本舗」

株式会社大磯
〒697-0017 島根県浜田市原井町3050-20 水産加工団地内
TEL:0120-01-9580
http://www.rakuten.ne.jp/gold/isomaru/


最後まで読んでいただきありがとうございます。
またお越しください。

ブロぐるめ! へ
posted by カイワリ at 08:13| 島根 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 1-3島根の水産加工品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月28日

おかかいわし 田村マルエ食品

IMG_7183.jpg

田村マルエ食品のお魚のおそうざいシリーズです。

完全にはまってしまっています。

無添加な作りで素朴感が全面に出ています。

工場の関係の人に聞いたら、旅館・ホテルなどの朝食でも使われているそうです。

お味的にわかるような気がします。

IMG_7190.jpg

冷めたままでお皿に盛りました。

おかかたっぷりの煮物は言い古された「おふくろの味」そのものといっていいですね。

冷蔵庫に練り梅の残りがありましたので、少し添えて梅おかかの状態にもしてみました。

これも良かったです。

IMG_7185.jpg

原材料の表示の仕方にも好感が持てますネ。


田村マルエ食品
島根県松江市鹿島町 古浦601-105
TEL 0852-82-0786
http://store.shopping.yahoo.co.jp/arumall/131910.html



最後まで読んでいただきありがとうございます。
またお越しください。

ブロぐるめ! へ
posted by カイワリ at 08:07| 島根 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 1-3島根の水産加工品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月24日

いわしめんたい 田村マルエ食品

IMG_7127.jpg

先日の記事、いわしピリ辛煮 田村マルエ食品で少しはまっちゃった感のある、田村マルエ食品の

お魚のおそうざいシリーズです。

IMG_5360.jpg

お魚の素材の良さそのままに、素朴な料理になっています。

温めてもおいしいのですが、そのまま常温でも十分にいけるお味です。

辛さもそれほどではないので、お嬢もおいしそうに食べることができました。

IMG_5361.jpg

まだまだシリーズがあるので、順次ご紹介していきたいと思います。

田村マルエ食品
島根県松江市鹿島町 古浦601-105
TEL 0852-82-0786
http://store.shopping.yahoo.co.jp/arumall/131910.html


最後まで読んでいただきありがとうございます。
またお越しください。

ブロぐるめ! へ
posted by カイワリ at 05:02| 島根 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 1-3島根の水産加工品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月23日

スズキの奉書焼き いそまる本舗

IMG_6502.jpg

スズキの奉書焼き、島根県の松江市の郷土の料理として、思いを持ってしまう料理です。

宍道湖七珍(スズキ、モロゲエビ、ウナギ、アマサギ=ワカサギ、シジミ、コイ、シラウオ)にある

スズキを和紙で蒸し焼きにする贅沢な食べ方に魅惑を感じるだけではありません。

IMG_7045.jpg

<いそまる本舗の HPより>
 江戸時代、山陰松江藩主 松平治郷(不昧公)は、地元の漁師が獲れたての魚を枯れ枝で焼いているのをご覧になり所望されました。
 灰のついたままでは失礼に当たると、濡らした奉書紙を幾重にも巻いて遠火で焼き上げ、献上したのが奉書焼きの始まりと伝えられております。
<引用終わり>

IMG_6504.jpg

この奉書焼きがレンジでチンでお手軽にできるなんて・・・悔しいったらありゃしません。

といいつつもお取り寄せで食べました。

奉書を開く際にスズキの香りがふわーっと広がり、心地よいものがありました。

それがお手軽にできるというのが最大の売りですね。



「山陰海の幸 いそまる本舗」

株式会社大磯
〒697-0017 島根県浜田市原井町3050-20 水産加工団地内
TEL:0120-01-9580
http://www.rakuten.ne.jp/gold/isomaru/

最後まで読んでいただきありがとうございます。
またお越しください。

ブロぐるめ! へ

posted by カイワリ at 09:05| 島根 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 1-3島根の水産加工品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月20日

山乃いもかまぼこ 青山商店

IMG_6687.jpg

お正月のネタでいつまで引っ張るんでしょうか?(笑)

我が家のお嬢は大のかまぼこ好きです。

そのお嬢が口を押さえて飛び上がりそうなくらい喜んだのがこの山乃いもかまぼこなのです。

IMG_6628.jpg

山乃いもといえば、ながいも、いちょういも、つくねいものあたりになるでしょうか?

奥出雲方面で栽培が積極的になされていて、特産品化が図られています。

確認していませんが、産地はそこではないのかなと想像したりします。

以前にも書きましたが、島根県松江市方面のものからすると、「奥出雲」は山の幸に

あふれた1つのブランド地名なんですよね。

IMG_6632.jpg

やまのいもの濃厚なとろけ加減に対して、やや抑え気味の上品な魚の風味をあわせてあります。

このあたりはゆずかまぼこと似ていますね。

最近、練り物、かまぼこの人気は凋落傾向にあるなんてことを聞きますが、

お嬢の反応をみると、それは作り手の側にも原因があるのでは?と思ったりします。

良いものは良いんですよね。


青山商店
島根県松江市中原町88番地
0852(21)2675
http://www.tokusen.info/suisan/0018/index.html


最後まで読んでいただきありがとうございます。
またお越しください。

ブロぐるめ! へ
posted by カイワリ at 08:10| 島根 | Comment(0) | TrackBack(0) | 1-3島根の水産加工品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月19日

ゆずかまぼこ 青山商店

IMG_6691.jpg

ごちそうが続きます。

青山商店の「ゆずかまぼこ」です。

こだわりの味とあり、「完全無添加」ともあります。

この「完全」というのは、どうやら「保存料・着色料」「合成甘味料」だけでなく、

「アミノ酸」なども入っていない、天然由来の素材で作っているという意味のようです。

IMG_6638.jpg

「こだわりの味」という主張、我が家はあまり好きではありません。

こだわった結果、バランスが悪くなっている食べ物をたくさん見てきているからです。

ですが、青山商店さんのこだわりはできあがったものの味に対するこだわりなのです。

たとえば、あご野焼き…旬でない時期にはあご(トビウオ)のすり身のコンディションに応じて

比率を微妙に加減するなどしてバランスを取っておられます。

そうしながらも素材の味がきちんと出るように、それであれば良い素材を使うように、

こういう順番で素材にこだわっておられる…だから外れなくおいしいんですね。

IMG_6642.jpg

このゆずかまぼこ、甘みも含めて味付けは本当に薄味です。

だから魚の旨みが十分、そして素材ゆえの上品さもあります。

そこにもってきてのゆずの風味、わざと勝たせているんだと思いますが、その加減が好きです。

ここ一番のごちそうに良いですね。


青山商店
島根県松江市中原町88番地
0852(21)2675
http://www.tokusen.info/suisan/0018/index.html

最後まで読んでいただきありがとうございます。
またお越しください。

ブロぐるめ! へ
posted by カイワリ at 08:00| 島根 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 1-3島根の水産加工品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月17日

いわしピリ辛煮 田村マルエ食品 

IMG_5376.jpg

おせちの中でもやはり魚の煮付けなども欲しいなということで買ったお総菜です。

お正月に限る味のものではありませんが、お酒とも相性が良さそうということで、

イワシのピリ辛煮をセレクトしてみました。

IMG_5378.jpg

当然のように無添加で加工されています。

ぼうずコンニャクさんのブログでの紹介がきっかけだったのですが、地元のネタを

先に書かれたのはちょっとくやしいところです。

でもそれだけこちら島根にお詳しくなられているということなんでしょうね。

IMG_6951.jpg

さて食べて見ると、思ったよりもピリ辛度は抑えめです。

私好みかな?

旦那も辛すぎず、素朴なところが好きで、いい味付けだなあなんていってます。

おせちの中でも他の料理との相性も良かったですね。


田村マルエ食品
島根県松江市鹿島町 古浦601-105
TEL 0852-82-0786
http://store.shopping.yahoo.co.jp/arumall/131910.html


最後まで読んでいただきありがとうございます。
またお越しください。

ブロぐるめ! へ
posted by カイワリ at 00:00| 島根 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 1-3島根の水産加工品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月10日

桜かまぼこ 青山商店

IMG_6621.jpg

まだまだお正月気分の我が家です。

立派な門松を飾れるようなおうちではありませんが、少なくとも気分は松の内の15日までは

お正月気分でいたいなあ…などとゆったりナマケモノなカイワリです。

今年のお正月に食べたものをこれから順次ご紹介していきたいと思います。

冒頭の画像、ぱっと見では和菓子のようなかまぼこ、そう、青山商店さんの「桜かまぼこ」なのです。

IMG_6696.jpg

塩漬けにされた桜の花と葉っぱと薄味のかまぼこが一体になっていて、まるで桜餅を模したかのようです。

桜の香りの良さが正月らしい気分にしてくれます。

かまぼこの薄味はほんの微妙な差かもしれませんが青山商店のかまぼこの中でも

一番薄味の部類じゃないかな、と思うのですが実際はどうでしょうか?

桜とのバランスを取っておられるのと、無添加ゆえの自信の表れの作なんでしょうね。

IMG_6625.jpg

有精卵の卵白は木次町産となっています。

木次町は現在の雲南市木次町…奥出雲地方と呼ばれる地域です。

島根県外の方にはわかりにくいかもしれませんが、松江市の住民にとっては、

「奥出雲地方」というのはひとつのブランド地域といって良いと思います。

仁多郡奥出雲町産のお米「仁多米」は西日本の「魚沼」ともいわれる優良米の山地であったり、

そのほかにもおいしいものが多々ある地域だという感覚があるのです。

おそらく、この卵もこだわりのものでしょう(未確認ですがあてはあります)。

桜は島根県産となっていますが、木次町の川どてが桜の名所でもあります。

そうしたつながりを考えておられるのかなあ、と思いを巡らせてしまいました。


青山商店
島根県松江市中原町88番地
0852(21)2675
http://www.tokusen.info/suisan/0018/index.html


最後まで読んでいただきありがとうございます。
またお越しください。

ブロぐるめ! へ
posted by カイワリ at 08:48| 島根 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 1-3島根の水産加工品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月17日

どんちっち鰈(かれい)カレー 鰈がカレーで華麗に泳ぐ…

IMG_4135.jpg

IMG_4692.jpg

ご当地カレーというのが色々出ていますが、これはおもしろいということでご紹介します。

タイトルが長々となってしまいましたが、どんちっち鰈(かれい)カレーなのです。

どんちっちとは???

浜田の水産ブランド“どんちっち”〜どんちっちカレイ
http://www.city.hamada.shimane.jp/kurashi/suisan/suisan_don/suisan_don03.html

詳しい説明は見ていただくとして食べて見ましょう。

IMG_4953.jpg

盛りつけがうまくいかないので、カレーが泳いでいる様子というよりも、

カレーがおぼれているような感じになっちゃいました。

カレーは酸味がしっかりしていて結構旦那好みの味です。

鰈はササガレイです。

骨までしっかり圧力がとおっていて骨ごと食べられます。

お正月のおせちに飽きたらこのカレーもいいんじゃないでしょうか?


<販売者>
干物 海産物通販 かすみ屋
(有)香住屋
島根県浜田市田町82-3 
電話0855-22-0666
http://www.kasumiya.jp/
 →掲載時点でここでは販売されていないようです。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
またお越しください。

ブロぐるめ! へ
posted by カイワリ at 07:57| 島根 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 1-3島根の水産加工品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月07日

長岡屋茂助のあご菜天

IMG_5690.jpg

こちら島根ではあご野焼きなどのあご=トビウオを使った練り製品が

いろいろあります。

そのなかでも老舗の1つ、長岡屋の茂助の商品を買ってみました。

普段使いにはちょっとお高い値段ですが、いつものねだんよりも

お安くタイムセールスをしていたんで、ためしてみたんです。

IMG_5694.jpg

島根県の松江らしい甘めの味付けですが、なんといってもゴボウの

しゃきしゃきした感じがとても面白いです。

アゴの味は…う〜ん、それほどよくわかりませんでしたが、結構、駅中のお店とか

手に入りやすいと思いますので旅行のお土産なんかにもいいかもしれませんね。


有限会社 長岡屋
島根県松江市白潟本町42
TEL:0852-27-8911
http://www.mosuke.co.jp/


最後まで読んでいただきありがとうございます。
またお越しください。

ブロぐるめ! へ
posted by カイワリ at 08:06| 島根 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 1-3島根の水産加工品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月20日

江木なうなう赤天

IMG_5044.jpg

島根県浜田市のB級グルメ、ご当地グルメ的特産品の1つに赤天があげられます。

そのなかでも定番と言えば、これ!

江木なうなう赤天です。

赤天の中でももっとも入手しやすいものでしょう。

IMG_5249.jpg

アルミホイルでオーブントースターで焼いても十分ですが、

フライパンでほどよく焼くようにしてみました。

マヨネーズを付けて食べるのが地元の食べ方だそうです。

ちょっとくやしさを感じるようなおいしさ、たまには食べて見たくなるような

はまる部分のあるB級さをもっていると思います。

辛いものが苦手なはずのお嬢と家族で競って食べました。


IMG_5047.jpg


有限会社 江木蒲鉾店
島根県浜田市朝日町1426番地4
TEL 0855-22-1538
http://www2.crosstalk.or.jp/akaten/akaten.htm

最後まで読んでいただきありがとうございます。
またお越しください。

ブロぐるめ! へ

posted by カイワリ at 08:05| 島根 ☀| Comment(0) | 1-3島根の水産加工品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月13日

蟹としじみのもぐり寿司 一文字屋

IMG_5061.jpg

JR松江駅より列車に乗る。

ちょうどお昼の時間でもあり、お店に入る時間がなかったことから、

駅弁を買うことにした。

IMG_5063.jpg

以前はシジミもぐり寿司がお気に入り。

あれは、コストパフォーマンスが高かったのだが、高級化してベニガニが

セットされたものになっている。

やはり人気が高いらしく、ラスト1個だった。

これはラッキー。

なお隣の泳ぎ牛極上カレー。

これもうまいらしいが未食。

実は隠岐の島では牛は海で捕れるので水産物扱いらしい・・・などと訳知り顔の

知り合いが言っていたのを思い出したが(実はジョークらしい・・・)この際どうでもいい。

IMG_5064.jpg

さてこのパッケージ、期待感大。

IMG_5077.jpg

こだわりの材料など、これはなかなか見られない逸品なのだが・・・。

IMG_5081.jpg

ふたを開けてみると・・・、なんともボリュームのあるベニガニと、

シジミが出てきて、これはなんともうまい!!

松江の駅弁ならばまずはこれを勧める。

まだまださらに良くなる余地もありとは見たが、駅弁のような条件下で

それをもとめるような人はそれこそマダマダ。

やっぱりオススメな一品なのである。


IMG_5069.jpg

最後まで読んでいただきありがとうございます。
またお越しください。

ブロぐるめ! へ
posted by ヤマトシジミ at 07:54| 島根 ☁| Comment(0) | 1-3島根の水産加工品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月29日

地魚天ぷら 島根県仁摩港のかれい100%使用

IMG_4146.jpg

旦那が物産館で見つけてきたさつまあげです。

魅かれたポイントは、なんと言っても地魚のカレイ100%というところ…やっぱり旦那です。

島根県仁摩港というのは大田市〜オオタシではなくオオダシと濁ります〜の石見銀山のふもとにある

港なのです。

仁摩港付近の大田市の港は小型底曳き網漁業の本拠地です。

この漁業は、底もののお魚を日帰り操業でおこなう、高鮮度なお魚を取り扱っている

ものなんだそうです。

カレイ類のなかでも鮮度落ちしやすいものまでをお刺身で提供しよう!というような

試みもされてます。

そうした港のカレイが使われているとなれば、飛びつく旦那にもちょっと納得です。


IMG_4148.jpg

お味は、島根県らしく甘味十分な味付けなのですが、歯ごたえ十分な天ぷらで、

これはお魚をたくさん使っておられるに違いない、と思わせるに十分な食感です。

普通の練り物のようなぷるんとした弾力性には欠けるのですが、この個性はなかなか

他の商品では見られないものだと思います。

強いて言えば、愛媛県のじゃこ天系のじゃくじゃく感をもった天ぷら、といって差し支えないでしょう。

なかなか面白いお味ですよ。


出雲屋蒲鉾店・産地直送島根の旨いもん@いずもや
島根県大田市仁摩町仁万777−1
TEL 0854-88-2952(代表)
★お電話でのお問い合わせはなるべく午前中をお避けください。(午前中は製造に入っていると、折角のお電話に出られないことがあります)
http://izumoya.web.fc2.com/


最後まで読んでいただきありがとうございます。
またお越しください。
banner_02.gif            にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ            
人気ブログランキングへ   にほんブログ村 今日食べたものへ      ブロぐるめ! へ


 

posted by カイワリ at 08:08| 島根 | Comment(0) | 1-3島根の水産加工品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月20日

銀しゃり和布(わかめ) 渡邊水産食品

IMG_4471.jpg

島根県の特産品の1つに板わかめがあります。

わかめを板状に伸ばしたもので、あぶってからご飯の上にぱらぱらとかけるものです。

この香りがいいのです。


IMG_4469.jpg

ところが、少し困ったなということもあります。

板が大きくて消費に困るということなのです。


IMG_4474.jpg

それを改善したのが小分けして味付けのりのようなサイズにしたこのタイプのものです。

他の会社からも出ています。

特にこの渡邊水産食品のものは、無添加のタイプもつくっておられますので、

大事な風味が損なわれなくていいですね。

IMG_4475.jpg

裏面の説明にあるようにかなりのこだわりを持って作られているもののようです。

こういうものを紹介していきたいですね。


渡邊水産食品
島根県大田市久手町波根西1697
TEL(0854)82-8011 
http://www.watanabe-ss.jp/


最後まで読んでいただきありがとうございます。
またお越しください。
banner_02.gif            にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ            
人気ブログランキングへ   にほんブログ村 今日食べたものへ      ブロぐるめ! へ


 
posted by カイワリ at 08:15| 島根 ☁| Comment(0) | 1-3島根の水産加工品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月06日

あご串 かまぼこの千登世

IMG_4158.jpg

あご串というのを旦那が見つけてきました。

島根県ではいわゆるトビウオのことをあごといいます。

ぼうずコンニャクさんが先日掲示板でやりとりされていたのですが、

「あごのトビウオは標準和名でホソトビウオとツクシトビウオであってトビウオではない」

ということでした。

ちなみに小目がホソトビウオ、大目がツクシトビウオです。

そのアゴのはんぺんが串に刺さって入ってます。

あご野焼きとは趣が違って、弾力性抜群で歯ごたえがしっかりしています。

その分あごの旨みが標準的なあご野焼きよりは強いように思います。

これも面白い商品だなと思いました。

IMG_4161.jpg


かまぼこの千登世
島根県出雲市平田町1080番地
TEL(0853)62-2108
http://www.k-chitose.com/


最後まで読んでいただきありがとうございます。
またお越しください。
banner_02.gif            にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ            
人気ブログランキングへ   にほんブログ村 今日食べたものへ      ブロぐるめ! へ


 
posted by カイワリ at 08:11| 島根 ☁| Comment(2) | 1-3島根の水産加工品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月24日

寿山かまぼこのあご野焼き

IMG_4139.jpg

この連休は我が家の畑の“開墾”作業でぐったり、あとはのんびりと過ごすことができました。

「おいしいってなんだろね?会議」にあたるいろんな話もできたのですが、それはまたおいおいと

熟成した頃に旦那が書くでしょう!?

連休前に旦那が値引きしてたのを見つけてきたのがこの寿山かまぼこのあご野焼きです。

値引きでごめんなさい!!

でも高級なあご野焼きは我が家ではそうそう買えるものではないのです。

地伝酒入りであったり、Eマーク(島根県のふるさと認証食品)なかなか期待させてくれる商品です。

IMG_4178.jpg

太めのあご野焼きで形状はとても良いです。

地伝酒の風味は抑えめ、使いにくい調味料という話を聞いていますのでこういう形でバランスを

採っているのかもしれません。

IMG_4143.jpg
IMG_4141.jpg

少し残念な点はEマークがあっても、いわゆる無添加系の作りでなくて良いルールに

なていることです。

まあ、でも大量生産にも耐えなければならないので仕方ないのでしょうね。

それよりも、この商品の優れているところは、太口の高級品仕様なのにもかかわらず、

結果的にわりと安価になっていることです。

それは、長さを短く抑えていること!!

大量生産がきく工場のものについては、この小分け化が今後のあご野焼きの命運を決めるのではないかしら?

と思うのです。

連休中の「おいしいってなんだろね?会議」のぷち紹介でした。



寿山商店
島根県八束郡東出雲町揖屋2510-6
TEL: 0852-52-2331
http://www.juyama.jp/index.html


最後まで読んでいただきありがとうございます。
またお越しください。
banner_02.gif            にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ            
人気ブログランキングへ   にほんブログ村 今日食べたものへ      ブロぐるめ! へ


 
posted by カイワリ at 08:09| 島根 ☀| Comment(1) | 1-3島根の水産加工品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月18日

おまん寿司は島根県浜田の伝統食 あれっ?こんなにおいしかったっけ?

IMG_3981.jpg

島根県の浜田で今も残るおからの寿司、おまん寿司です。

画像はマアジのおまん寿司です。

魚は酢で締めてあり、おからも甘酸っぱく炊いてあります。

浜田では祝いの席に出してきたんだそう、それも祝いの席の翌日に食べるのが本来の姿だったんだとか。

宴席のお酒で痛んだ胃腸に優しい食べ物として食べられていたのでしょうか?

これはまささんにお裾分けしたのこりものです。

おからがはみ出しているのは、旦那が移すときにきれいにしなかったためです。

きれいにしておけばと思ったのですが、時間の都合で取り急ぎ撮るしかできませんでした。
(岡本食品さんすみません。)

IMG_3980.jpg

小イカバージョンです。

ほかにはイワシバージョンもあります。

IMG_3986.jpg

包丁を入れておからが見えるようにしました。

こちらもおいしいです。

私は島根県に移り住んだときに旦那と島根県周遊旅行をしました。

そのときにこのおまん寿司を食べたのですが、そのときの印象は甘くて食べられない・・・

といったものでした。

別の会社のものだったのかもしれません???

ところが今回たべたものは優しい甘味で素朴さが目立ち、なんだか気持ちがほっこりします。

私も年を重ねたせいなのかしら???

「おいしい」って時間や場所の定点で決まるものではなく、移ろいやすいものかもしれませんね。


岡本食品
島根県浜田市日脚町247-2
TEL:0855-27-2010
https://shcgi.ftw.jp/master/602411/60241100156/p4618.html
(電話による注文がよいかもしれません。)


最後まで読んでいただきありがとうございます。
またお越しください。
banner_02.gif            にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ            
人気ブログランキングへ   にほんブログ村 今日食べたものへ      ブロぐるめ! へ


 

posted by カイワリ at 08:04| 島根 ☀| Comment(0) | 1-3島根の水産加工品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月17日

いかの酢漬け(白いかバージョン)はもっといいかも

IMG_4040.jpg

今度見つけたのはいかの酢漬けの白いかバージョンです。

<過去記事はコチラ>
2009年09月02日 酢いか(酢漬けいか) 面白い食材です
http://oisi-nandarone.seesaa.net/article/127023020.html

我が家の好みとしてはスルメイカよりも白いかなので期待です。

IMG_4044.jpg

今回はキュウリをどっさり入れました。

旦那からはブーイングで、もっとタマネギの比率を逆転させるべきといいます。

私としては・・・キュウリを片付けたかったのでコレでいいと思います。

お味はスルメイカよりも上品で、酢もやや落ち着き加減です。

どちらも良いお味がしていますが、やっぱり山陰は白イカのものかなあとも素直に思ったりします。


(有)佐々木商店
島根県浜田市国分町1981-197
0855-28-1036

最後まで読んでいただきありがとうございます。
またお越しください。
banner_02.gif            にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ            
人気ブログランキングへ   にほんブログ村 今日食べたものへ      ブロぐるめ! へ


 


posted by カイワリ at 08:13| 島根 🌁| Comment(0) | 1-3島根の水産加工品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月10日

渡邊水産 エテガレイの干物

IMG_3814.jpg

今は旬のものではないけどなあ・・・、でも食べたぁいっ!っていうことはありませんか?

わたしもありますが、旦那は食い意地が張っていますので、特にそういうことがあります。

底曳船の休漁期(先日、解禁されました)でもあり、カレイの干物の季節ではありませんでした。

でも、どうしても食べたくなったということでほとんど発作的に買ったのがこの渡辺水産のエテガレイの干物です。

島根県内でも限られたスーパーにしか置いてないそうで、ラピタはまやま店で見つけました。

直接電話して聞いたところによると渡辺水産さんに直接問い合わせて買う方が一番確実のようです。

冒頭の写真を見ればわかるように、やはり時期外れのせいだと思いますが、

ちいさなエテガレイが5枚入って298円、1枚あたり約60円です。

値段的に納豆パックと大差ないこともあり、朝ご飯にも十分使いやすい値段レベルではあります。

さて、実際に焼いてみます。

IMG_3833.jpg

焼く前はカレイの干物としてはしっとりした感じが少なめでぺったんこな感じの干し方に感じます。

ところが弱火で丁寧に火を入れていくとふんわりふっくらと身がふくらみます。

ちょっとした手品を見ているみたい。

見ているだけでもこの干物はただものではないな!と感じます。

さあ、実際に食べてみるとどうでしょう?

まず際だっているのがエテガレイの干物特有の脂の癖がとても少ないということです。

酸化臭が少ないのかしら?

従来からのエテガレイの味に慣れすぎてしまっている人には物足りないぐらいかもしれません。

またエテガレイの癖が嫌いな人にとってはエテガレイはこんなクリアな味を持っているの?

という驚きを感じられるかもしれません。

この渡辺水産のエテガレイの味の秘密は、冷凍の回数の少ないこと、

血合い等の下処理がとても丁寧に行われていることが上げられるようです。

このことは、以前ご紹介した田手水産のときにもそういう話がありましたね。

<過去記事はコチラ>
2009年06月16日 田手水産 ベラカレイの干物はちょっと感動もの
http://oisi-nandarone.seesaa.net/article/121600955.html

さらに旦那が聞いたところによると、塩分濃度をコンマ数%レベルでぎりぎりまで

効かせる努力をされているらしいとのことです。

今回初めて食べた私ですが、これはまだまだいろいろと食べてその実力を掘り下げてみたくなる、

そんな渡辺水産の干物でした。


出雲渡邊水産
島根県出雲市浜町1987-1
TEL: 0853-22-6555
http://www.watasui9899.net/outline/index.html


最後まで読んでいただきありがとうございます。
またお越しください。
banner_02.gif            にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ            
人気ブログランキングへ   にほんブログ村 今日食べたものへ      ブロぐるめ! へ


 
posted by カイワリ at 07:10| 島根 ☀| Comment(0) | 1-3島根の水産加工品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月04日

ササカレイの干物 揚げ焼きの香り

IMG_3801.jpg

ちょっと前に買った泉屋商店さんの小さなササガレイのからからに干してある干物が残っちゃってました。

ササガレイは、標準和名でヤナギムシガレイといいます。

癖がなく、高級品として取り扱われているカレイなのですが、画像のサイズのものでは

それほどの値段がするものではありません。

これを揚げ焼きにしたのが冒頭の写真です。

田手水産さんのはたはたみりん串干しがしたからちょこっと顔をのぞかせてますね。

作り方は簡単で干物にひまわり油(サラダ油で可)をはけでさっと塗り、フライパンで弱火で焼きます。

焼いている最中にレモン果汁とブラックペッパーをちょっとふります。

これで終わりです。

食べるときに醤油をちょっとかけてもいいですよ。

ササガレイのくせのない感じに加えて油の香ばしさなどが加わって、ちょっと意外なくらいの

小品になります。

醤油をかけるのは、やはりご飯向けを意識したもので、さいしこみ醤油などの濃厚甘口醤油が

向いてますね。

お嬢はさらにマヨネーズがけ・・・大人にはお勧めしませんが、実は良かったりします・・・。
 

泉屋商店
島根県松江市鹿島町恵曇港
TEL:0852-82-0015/0056
http://etomo-izumiya.com/
最後まで読んでいただきありがとうございます。
またお越しください。
banner_02.gif            にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ            
人気ブログランキングへ   にほんブログ村 今日食べたものへ      ブロぐるめ! へ


 


posted by カイワリ at 12:00| 島根 ☁| Comment(0) | 1-3島根の水産加工品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月02日

酢いか(酢漬けいか) 面白い食材です

IMG_3821.jpg
IMG_3822.jpg

Suicaではありませんし、西瓜でもありません。

イカを甘酢で漬けた酢いか、これが意外や意外面白いお味だったのです。

中に入っているイカはスルメイカ、島根県浜田市産のものを使っているようです。

白いか(ケンサキイカ)のバージョンもあるようで、これも食べてみたいですね。

IMG_3842.jpg

オニオンスライスをお皿に敷いて、お皿のへりにイカを寄せ、真ん中にオニオンスライスを盛ります。

その上にキュウリをのせて、ここに酢いかの漬け汁を注ぎます。

以上です。

(我が家の場合はキュウリの消費拡大キャンペーン中なので本当はもっともっと乗せてます)

これをざくざくっとまぜて食べます。

これがなかなかどうしていい味してるんですよね。

旦那は小学生の頃は酢の物が嫌いで、叱られながら食べていた思い出があり、

あまりいい印象を持っていなかったそうですが、「見直した」といってます。

お嬢も喜んで食べてました。

自作もできそうなので今度挑戦してみようかしら?


IMG_3826.jpg
(有)佐々木商店
島根県浜田市国分町1981-197
0855-28-1036


最後まで読んでいただきありがとうございます。
またお越しください。
banner_02.gif            にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ            
人気ブログランキングへ   にほんブログ村 今日食べたものへ      ブロぐるめ! へ


 

posted by カイワリ at 08:09| 島根 ☀| Comment(0) | 1-3島根の水産加工品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月04日

ワインジャンボあご野焼き 出雲国大社食品

IMG_2598.jpg

IMG_2595.jpg

ちょっと変わり種でワインの入ったあご野焼きを見つけて買ってきました。

出雲国大社食品さんのものです。

会社の名前はおそらく「出雲大社」とストレートに使うとクレームが付くらしいので

それでなんでしょうね。

旦那は「出雲国大社食品」の商品を紹介するなら、同社の商品の中にワインジャンボあご野焼きよりも

もっと優れたものがあるのにぃ、なんて言ってますが、なんの、なんの、

このワインの入ったあご野焼きも面白いんですよ。

値段はお手頃で普段使いのものです。

ワインは出雲市大社町にある島根ワイナリーのもの?それともそれにちなんでのものなんでしょうか?

でもそれほど目立たずフツーに素直なあご野焼きになっています。

旦那があまり評価していない、でも普段使いで十分な味のものなのですから、

他の商品も食べてみたいな、と期待を感じさせるものでしたョ。



株式会社出雲国大社食品
島根県簸川郡大社町大字杵築北3004番地
TEL (0853) 53-2125
http://www.syokuhin.jp/


最後まで読んでいただきありがとうございます。
またお越しください。
banner_02.gif       にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
人気ブログランキングへ   にほんブログ村 今日食べたものへ
posted by カイワリ at 07:56| Comment(0) | 1-3島根の水産加工品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月03日

干しエビ マルコウさんのはちょっとかいわいらしい?

IMG_3176.jpg

干物のマルコウさんで旦那が見つけた変わり種、干しエビです。

写真で色がうまく出せていませんが、ほんのり明るい色をしています。

ラベルの感じも「おいしそう」というよりもかわいらしい感じなのです。

まずはあつあつのご飯にふりかけがわりにかけてみました。

これが塩辛くなくほんのりしていておいしいんです!!

写真は取り忘れですが・・・。

今はコレにはまっていて他の料理はしていません。

この素材はいろいろいじれそうですよ。


(有)マルコウ
島根県松江市鹿島町御津351−1
TEL 0852-82-1334


最後まで読んでいただきありがとうございます。
またお越しください。
banner_02.gif       にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
人気ブログランキングへ   にほんブログ村 今日食べたものへ
posted by カイワリ at 08:07| Comment(0) | 1-3島根の水産加工品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月31日

手取りあごはんぺん 松江竹輪

IMG_2581.jpg

ふだん使いでわりと好きなのがこのはんぺんです。

特にこだわりのものって言うのではなく、これでちょっとお吸い物にしようかなとか、

ちょっとお味噌汁にいれとこうかなといったときに重宝するんですよね。

あご(トビウオ)の旨みもほんのり出ていい感じなんです。

こういうものが地元向けで手に入りやすいというのが島根らしい部分かなと思います。


松江竹輪株式会社
松江市東朝日町271-3
tel:0852-21-2110
http://www.tokusen.info/suisan/0022/index.html


最後まで読んでいただきありがとうございます。
またお越しください。
banner_02.gif       にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
人気ブログランキングへ   にほんブログ村 今日食べたものへ


※今後の状況で少し更新ペースが落ちるかもしれません。
 旦那のネタはたくさんあるんですけれども・・・。
posted by カイワリ at 08:11| Comment(0) | 1-3島根の水産加工品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月29日

どんちっちアジの干物 またもやです・・・

IMG_3122.jpg

またもやどんちっちアジにはまっている記事です。

浜田の知り合いの方からお土産でいただいたというものを旦那がお裾分けでいただいてきました。

今年のどんちっちアジは、いまいち大きくなりきらず、量もたくさんは獲れなかったのじゃないか?

と聞いています。

それだけ貴重品ということになるのかもしれません。

脂ののりもさすがですが、善田乾魚店さんの塩のきかせ方もいい感じですね。

もう一度は食べたいので旦那が浜田に出張してくれないかな、なんて思ってます黒ハート



有限会社 善田乾魚店
島根県浜田市国分町1980-7
TEL 0855-28-1170/FAX 0855-28-1170
http://www.pool.co.jp/zenda/

最後まで読んでいただきありがとうございます。
またお越しください。
banner_02.gif       にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
人気ブログランキングへ   にほんブログ村 今日食べたものへ
posted by カイワリ at 08:10| Comment(0) | 1-3島根の水産加工品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月27日

エボダイの干物 ちょっと手に入りにくくなってきました

IMG_3124.jpg

旦那が見つけて買ってきたエボダイの干物です。

1枚150円は安いなと思うのですがどうでしょうか?

標準和名はイボダイ、こちらではエボダイとかシスとか言うことが多いようですが、

島根ではまだまだそれほど一般に有名ではなく大事にされている魚ではないはずなのですが・・・。


ぼうずコンニャクの市場魚貝類図鑑 イボダイ
http://www.zukan-bouz.com/suzuki/ibodai/ibodai.html

ぼうずコンニャクさんの図鑑からすると、ダルマ(メダイ)の仲間のようです。

鮮度の良いものをお刺身で食べてみたいですね。

さて、干物を焼いてみました。

いつも思うのですが、本当においしいところまで焼くと尻尾が焦げてしまいます。

最初から切り落として焼く手もあるのですが、なんとなくもったいないというか、違うような気がして・・・。

しっとりした甘味のある脂がのっており、朝食で食べるのならば2人でシェアしても良いくらいな、

濃厚な感じの身質に思えます。

最近、こちら島根でもエボダイの認知度が上がってきているのでしょうか?

以前に比べてすこしだけ手に入りにくくなってきたと旦那は言っています。

やはり誰でもおいしいものを食べたいものですものね。


(有)マルコウ
島根県松江市鹿島町御津351−1
TEL 0852-82-1334

最後まで読んでいただきありがとうございます。
またお越しください。
banner_02.gif       にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
人気ブログランキングへ   にほんブログ村 今日食べたものへ
posted by カイワリ at 07:55| Comment(0) | 1-3島根の水産加工品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月06日

どんちっちアジ一夜干し 浜田水産高校:作

090704dontiti.jpg

先日行われた食育関係のイベントでゲットしたどんちっちアジの開きです。

浜田水産高校の生徒さんが作ったものです。

どんちっちアジは、すこしずつその知名度が上がってきているようですが、一応説明しておきますね。

(以下引用)
どんちっちってなに?
どんちっちとは、神楽の囃子を表現する幼児言葉で、それが転じて石見神楽全体を意味するようになりました。
「どんちっちアジ」「どんちっちノドグロ」「どんちっちカレイ」を山陰・浜田を代表する「どんちっち三魚」としてお届けしております。

ブランド魚「どんちっちアジ」を御紹介します。
 従来から島根県西部沖で獲れるマアジは脂ののりが良く、旬の時期はトロにも匹敵すると言われてまいりました。
近年、水産技術センターにおいて浜田のマアジの旬を解明すべく脂質含有量の経年変化の調査が行われました。その結果、浜田港に水揚されるマアジは他産地のものより脂肪含有量が高く、旬には10%を超え、時には15%を超えることが明らかになりました。(一般のアジは6.9%)。そこで私たちは厳しいブランド規格を設定して「どんちっちアジ」の品質を保持し、多くの方々にお届けしております。
(引用終わり)
詳しくは・・・
浜田市 浜田の水産ブランド“どんちっち”
http://www.city.hamada.shimane.jp/kurashi/nousui/suisan_don.html

この開きは、トレーサビリティのシールも貼られている野心作ですね。


090704dontiti (1).jpg

どんちっちのシールです。

浜田市水産物ブランド化戦略会議推奨品と記してあります。

シールは硬貨ぐらいのサイズでとても控えめな感じですが、それは隠れたレアアイテムですよ、

という自己主張なのかもしれません。

090704dontiti (2).jpg

表示も優等生さんですね。

090704dontiti (3).jpg

両面グリルの弱火オートで焼いてみました。

軽く火が通ったところで写真を撮れば良かったのですが、おなかの側は白っぽくなってました。

じっくり焼くつもりだったのですが、脂が溶け出し、まるで油で揚げたかのように表面が

カリッとしてきて結構早く焼き上がってしまいました。

身の方は他に類を見ないほどジューシーな感じです。

作りの方も丁寧にされた感じが伝わってきます。

これは間違いなくおいしいですね!!

どなたにおすすめしても大丈夫だと思います。

ところでこのどんちっちアジの開きは、普通は干物のブランド産地:沼津で加工された干物で出ているそうです。

なんでも、最近はどんちっちのシールを貼ってくれる加工業者さんも出てきておられるとか。

こちら島根では入手困難ですが、機会があれば食べてみたいなあ。

>旦那、出張したときに探してきてくれないかなあ黒ハート


島根県立浜田水産高校
http://www.shimanet.ed.jp/hamasui/

最後まで読んでいただきありがとうございます。
島根(山陰)の食のPRにつなげていきたくて2つのブログランキングに参加しています。
今回の記事があなたにとって  なら、
ランキングバナー(ボタン)または携帯の方はその下のリンクを
2つポチっとクリックして投票  お願いします。
ランキングがあがると、ブログを訪れてくれる方が増えます。
banner_02.gif       にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
人気ブログランキングへ   にほんブログ村 今日食べたものへ
※バナークリックは24時間に1回まで可能です。1週間の合計クリック数でランキングが決まります。
posted by カイワリ at 07:43| Comment(0) | 1-3島根の水産加工品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月25日

青山商店 炭火焼き地伝酒あごのやき

090601aoyama-agonoyaki.jpg

お正月以来になりますけど、青山商店さんのあご野焼き、そのうち地伝酒あご野焼きを旦那が買ってきました。

<過去記事はコチラ>
2009年01月07日 青山商店炭火焼きあご野焼き 今年の正月の大ヒット!
http://oisi-nandarone.seesaa.net/article/112264382.html

2009年01月12日 無添加炭焼きのやき 青山商店(1)〜(2)
http://oisi-nandarone.seesaa.net/article/112521138.html
http://oisi-nandarone.seesaa.net/article/112521057.html

2009年01月21日 青山商店 無添加さつまあげ
http://oisi-nandarone.seesaa.net/article/112959674.html

090601aoyama-agonoyaki (1).jpg

今回は私が記事を書きますけれども、旦那の思い入れほどではないにしても、私も好きです。

あご=トビウオの他はいわゆる無添加です。

化学調味料や保存料はフリーですね。

地伝酒・・・島根県出雲地方に伝わるお酒とみりんの中間のような料理酒・・・入りということですが、

数少ない本格派のかまぼこだとも言えます。

前の記事で旦那も書いてますが、地伝酒という調味料を用いるのならば、

化学調味料をいれないのがせめてもの基準ですね。

090601aoyama-agonoyaki (2).jpg

切り出してみたのがこの写真です。

意外なことにとても優しい味がしていてお酒臭さがしません。

とても上品で完成された味という気がします。

なんでも地伝酒が暴れる調味料だそうで、調整がとても難しいんだそうですが、そんな風には感じられません。

これこそ、職人さんの腕なのでしょう。

090601aoyama-agonoyaki (3).jpg

あご野焼き好きの方は、包丁の金気がうつるなどと言って、手でちぎって食べるんだそうです。

ちょっとまねしてみました。

あご=トビウオが獲れ始めています。

このあご野焼きにも旬があり、これからしばらくのあごが取れている時期が旬です。

何度でも食べたくなる青山商店のかまぼこなのでした。


青山商店
島根県松江市中原町88番地
0852(21)2675
http://www.tokusen.info/suisan/0018/index.html


最後まで読んでいただきありがとうございます。
島根(山陰)の食のPRにつなげていきたくて2つのブログランキングに参加しています。
今回の記事があなたにとって  なら、
ランキングバナー(ボタン)または携帯の方はその下のリンクを
2つポチっとクリックして投票  お願いします。
ランキングがあがると、ブログを訪れてくれる方が増えます。
banner_02.gif       にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
人気ブログランキングへ   にほんブログ村 今日食べたものへ
※バナークリックは24時間に1回まで可能です。1週間の合計クリック数でランキングが決まります。
posted by カイワリ at 07:53| Comment(0) | 1-3島根の水産加工品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月22日

魚梅(蒲鉾店)の たこ蒲

090604takokama.jpg

我が家のブログでは常連の魚梅蒲鉾店さんのたこ蒲です。

たこの入った蒲鉾というだけでもおもしろいのですが・・・。

090604takokama (3).jpg

ひっくり返してみると、焼き目がついていて、そう・・・、たこ焼きをイメージされてるんですね(笑)。

私、こういうのちょっと弱いんです。

090604takokama (2).jpg

パッケージはこんな感じ。

090604takokama (1).jpg

原材料等はこんな感じ。

魚梅さんは次から次から楽しましてくれますね。


魚梅蒲鉾店
〒697-0045
浜田市京町88
tel:0855-22-1325
http://www.tokusen.info/suisan/0026/index.html

最後まで読んでいただきありがとうございます。
島根(山陰)の食のPRにつなげていきたくて2つのブログランキングに参加しています。
今回の記事があなたにとって  なら、
ランキングバナー(ボタン)または携帯の方はその下のリンクを
2つポチっとクリックして投票  お願いします。
ランキングがあがると、ブログを訪れてくれる方が増えます。
banner_02.gif       にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
人気ブログランキングへ   にほんブログ村 今日食べたものへ
※バナークリックは24時間に1回まで可能です。1週間の合計クリック数でランキングが決まります。
posted by カイワリ at 07:41| Comment(0) | 1-3島根の水産加工品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月11日

焼き鯖寿司 こんなスタイルは珍しい?

090610sabazusi.jpg

休日のボランティアの役回りを終えてくたくたになったので、旦那と話をしてお総菜を

買い込んで夕食にしました。

そのときに食べた変わったものがこれです。

焼き鯖寿司。

島根県の松江市から中国山地に向かった雲南地区(奥出雲地区)の方で食べられている

鯖の食べ方です。

この地方には、「鯖街道」があって物流が発達していなかったころ、塩鯖を食べる習慣が

根強くあったんだそうです。

その塩鯖を姿のまま焼き鯖にするのもこの地域の名物なのです。

さらに焼き鯖をほぐして、すし飯にのせたり、混ぜ込んだりしてたべる、

この焼き鯖寿司も名物なのです。

ごまがたっぷり入っているのも特徴でしょうか?

素朴で飾り気のない感じのお寿司ですが、なんだか再発見をしたような気持ちになった、

総菜晩ご飯なのでした。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
島根(山陰)の食のPRにつなげていきたくて2つのブログランキングに参加しています。
今回の記事があなたにとって  なら、
ランキングバナー(ボタン)または携帯の方はその下のリンクを
2つポチっとクリックして投票  お願いします。
ランキングがあがると、ブログを訪れてくれる方が増えます。
banner_02.gif       にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
人気ブログランキングへ   にほんブログ村 今日食べたものへ
※バナークリックは24時間に1回まで可能です。1週間の合計クリック数でランキングが決まります。

ラベル:焼き鯖寿司
posted by カイワリ at 08:08| Comment(0) | 1-3島根の水産加工品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月14日

ゆうれいの干物じゃないですよ、ドギの干物

090413dogi (1).jpg
● クリックすると拡大

旦那が「ゆうれいの干物だよぉ」とうれしそうに帰ってきました。

何かな?とみるとゲゲゲの鬼太郎(え〜と、カラーVer.1)に出てくる霊魂〜口から出てきたりするアレですね〜

を干物にしたようにも確かに見えなくもありません。

早速あぶってみました。

090413dogi.jpg
● クリックすると拡大

バリバリとしていて、旨みがかなり強いですね。

これはどちらかといえば、旦那にとってのお酒のお供向きです。

さてこの正体は、地元名でドギです。

標準和名でノロゲンゲ、北陸の方ではミズウオと言ったりもするみたいです。

ぼうずコンニャクの市場魚貝類図鑑 ノロゲンゲ
http://www.zukan-bouz.com/suzuki/gengeamoku/genge/genge.html

これは生でも見つけて料理してみたいお魚ですね。

旦那がこのドギの干物を見つけたのは、泉屋商店さんです。

泉屋商店さんの記事は最近ご無沙汰でしたが、魚心さんは泉屋商店さんの姉妹店なので

そういう点であまり久しぶりという感覚はないのですが・・・。
http://etomo-izumiya.com/tenpo/tenpo.html

泉屋商店さんは鮮魚の記事ばかりだったと思いますが、干物も地元で有名なお店です。

こういうお魚を干物にされているところがとてもいいですね。


泉屋商店
島根県松江市鹿島町恵曇港
TEL:0852-82-0015/0056
http://etomo-izumiya.com/


最後まで読んでいただきありがとうございます。
島根(山陰)の食のPRにつなげていきたくて2つのブログランキングに参加しています。
今回の記事があなたにとって  なら、
ランキングバナー(ボタン)または携帯の方はその下のリンクを
2つポチっとクリックして投票  お願いします。
ランキングがあがると、ブログを訪れてくれる方が増えます。
banner_02.gif       にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
人気ブログランキングへ   にほんブログ村 今日食べたものへ
※バナークリックは24時間に1回まで可能です。1週間の合計クリック数でランキングが決まります。

posted by カイワリ at 07:55| Comment(3) | 1-3島根の水産加工品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月25日

マイブーム!魚の屋しそ風味ひじきふりかけ

090324hijikihurikake.jpg 090324hijikihurikake (1).jpg
● クリックすると拡大

今日はちょっと小ネタです。

実は今、ひじきやワカメのソフトふりかけが我が家でブームなのです。

まあ、ある程度は循環的に訪れるふりかけのブームって各家庭にありませんか?

一時期はまって、これでもかと食べて、しばらくするとまた別のものにはまって・・・ふらふら

このしそ風味ひじきふりかけは100円均一ショップで発見して、他のシリーズと共に

買って帰ったものです。

なんだか、いい感じの塩加減と味加減・・・、いつまで続くかわかりませんが、

しばらくはブームで楽しめそうです。


(株)魚の屋
島根県大田市静間町213-11
TEL0120-40-8021
http://www.uonoya.co.jp/

最後まで読んでいただきありがとうございます。
島根(山陰)の食のPRにつなげていきたくて2つのブログランキングに参加しています。
今回の記事があなたにとって  なら、
ランキングバナー(ボタン)または携帯の方はその下のリンクを
2つポチっとクリックして投票  お願いします。
ランキングがあがると、ブログを訪れてくれる方が増えます。
banner_02.gif       にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
人気ブログランキングへ   にほんブログ村 今日食べたものへ
※バナークリックは24時間に1回まで可能です。1週間の合計クリック数でランキングが決まります。

posted by カイワリ at 07:00| Comment(0) | 1-3島根の水産加工品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月23日

はまちくの温泉がれい 知られざる技術 

090316onsengarei.jpg 090316onsengarei (2).jpg
● クリックすると拡大

今回の記事は自分だけの秘密のおいしいものを探している人には必見のレアアイテムです。

うちの旦那のようなマニアは間違いなく飛び付きます。

はまちくの温泉がれいは、インターネット検索をしても全然出てきません。

温泉がれいは以前の記事でも浜崎乾魚店のものを紹介しています。

<過去記事はコチラ>
2008年02月27日 カレイの開きのみりん干し
http://oisi-nandarone.seesaa.net/article/87147016.html

はじめて温泉がれいを見られる方は、冒頭の写真をよく見ていただくとなにか違和感を感じませんか?

そう、ちいさなカレイがなんと「開いて」あるのです!!

この技術力はホントにすごいですね。

さすがはカレイの干物で全国一の島根県浜田市の技術力です。

東京大田区や東大阪の中小企業の技術力はよくテレビで取り上げられますが、

こういう技術力も取り上げて欲しいですね。

この温泉がれいの名前は、北陸地方、特に石川県の高級温泉旅館で「温泉がれい」と呼ばれて

朝食に出されていることに由来するものだそうです。

島根ファンの私としては、島根県浜田市の地名の出ていない名称には残念なものを感じますが、

これはしかたないことかもしれません。

なんらかの形で温泉がれいと島根県浜田市を結びつけていくことをしないといけませんね。

「かれいの開き」など単純だけど目を引く名前でPRするのも一つの手かもしれませんね。

090316onsengarei (1).jpg
● クリックすると拡大

さて食べてみます。

ほんのりとみりんの甘さもある優しいお味で朝ご飯によくあいます。

昆布の佃煮、梅干し、海苔、みそ汁などと一緒に出てくると、もうそれだけでハーモニーができあがっている感じです。

製造業者のはまちくさんは元は竹輪を作っていたことから、「はまちく」なんだそうです。

当地ではあまり一般には売り出さず、業者向け販売中心でされているそうですが、

工場(会社)に行けば、500円〜小分けしてくれます。

在庫の関係もあり、電話で確認してから行くか、お取り寄せしてみるのがよいでしょう。

旦那はレアアイテムなので、あまり有名にはなって欲しくないなあなどと食意地の張ったことを

言ってますが、私は無視して投稿しました。


株式会社はまちく
島根県浜田市大辻町68-1
TEL:0855-22-2431
http://www.navitime.co.jp/spot/A32202_L0709001001_P00011_S070042867
(地図情報のみ)

最後まで読んでいただきありがとうございます。
島根(山陰)の食のPRにつなげていきたくて2つのブログランキングに参加しています。
今回の記事があなたにとって ○ なら、
ランキングバナー(ボタン)または携帯の方はその下のリンクを
2つポチっとクリックして投票  お願いします。
ランキングがあがると、ブログを訪れてくれる方が増えます。
banner_02.gif       にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
人気ブログランキングへ   にほんブログ村 今日食べたものへ
※バナークリックは24時間に1回まで可能です。1週間の合計クリック数でランキングが決まります。
posted by カイワリ at 07:00| Comment(5) | 1-3島根の水産加工品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月22日

うにみそ 味彩街道(無添加、あごだしバージョン)

081231unimiso.jpg 081231unimiso (1).jpg
● クリックすると拡大

うにみそ・・・私には楽しかった特別な想い出がある。

もう30年も前の若いころ、ほとんど毎年のように島根県は隠岐の島に渡り、短い夏のバカンスを過ごした。

民宿を経営している知り合いの漁師さんのお手伝い(見習い)ということで特別にアワビ、サザエなどを一緒にとらせてもらったこともある。(本来は許可のない者がとってはダメなので要注意!!)

まあ潜りの上手でない私なので、全く戦力にならなかったのだが、ちょっとした小島に渡り、さほど深くないところで放流サイズ以上のアワビやサザエを見つけたときには、隠岐の自然の豊富さを体を持って味わえた(当然私はお手伝い、これは知り合いの漁師さんの漁獲物ということで一旦没収。)。

夕食は「ごちそうにするよ!」といって出てきそうになったのが、なんと焼き肉!もうやだ〜(悲しい顔)

隠岐の島の人にとっては、新鮮な魚はあくまでも普段の食べ物であって、ごちそうは焼き肉や牛肉のすき焼きなどなのである。たらーっ(汗)

「海のものがよいから」と何とか説得して、やっとで海のものを食べさせてもらった・・・というのが本当のところであった。

向こうは、こちらが遠慮していると思っていたというからおもしろい。

こういう隠岐の人の感覚は今でも脈々と残っており、観光業界での課題となっている・・・いろいろ動きがあり今後は今まで以上の期待ができるかもしれない。

さてその時に食べたのが、アワビの地獄焼き、刺身、サザエの炊き込みごはん、赤ウニの割食いと生焼き・・・豪華絢爛だった。

民宿の主は「こんなもんでいいのか?」といぶかっていた。

(そういえば、早朝に朝食で食べた生きたイカの刺身もうまかったなあ。)

夜の締めで出てきたのが、うにみそ・・・、私にとっての出会いだった。

これはさすがに大事に秘蔵にしておられて、たくさんは食べさせてくれない。

隠岐の島特有の古醤油みそ(なめみそ)にたっぷりのウニを溶かし込んで熟成させたもので何とも言えない甘み旨みの強い味噌である。

これをそのままお酒のあてに、あるいはごはんに載せて、極め付きはおにぎりに塗りたくって焼いて食べる。

たまらない!!!とはこのことである。

ところがこのうにみそ、つい最近までは商品化されていなかったのだが待望の登場、これがこの製品である。

いろんなバージョンがあり軸はまだ固まりきっていないように思えるが、いじっていないものがベスト。

欲を言うともう少し隠岐のウニの香りが強くなったらとは思うが、コスト的にはこのあたりになるのかもしれない。

他にない珍味としてお勧め、島根県の地酒にも良くあう。

株式会社味彩海道
島根県隠岐郡隠岐の島町平136-1
電話番号:08512-2-0673
http://www.oki-ajisaikaido.net/

最後まで読んでいただきありがとうございます。
島根(山陰)の食のPRにつなげていきたくて2つのブログランキングに参加しています。
今回の記事があなたにとって ○ なら、
ランキングバナー(ボタン)または携帯の方はその下のリンクを
2つポチっとクリックして投票  お願いします。
ランキングがあがると、ブログを訪れてくれる方が増えます。
banner_02.gif       にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
人気ブログランキングへ   にほんブログ村 今日食べたものへ
※バナークリックは24時間に1回まで可能です。1週間の合計クリック数でランキングが決まります。
posted by ヤマトシジミ at 07:00| Comment(0) | 1-3島根の水産加工品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月20日

ヒメゴチの干物 浜崎乾魚店

090314himegochi (3).jpg
● クリックすると拡大

旦那のおみやげシリーズ、小出しにしています。

今回はヒメゴチの干物です。

ヒメゴチは標準和名でベニテグリ・・・、といっても私は全く知らないお魚でした。

実は旦那も知らないお魚だったようなのですが、興味本位だけで買っちゃったんだそうです。

ぼうずコンニャクの市場魚貝類図鑑 ベニテグリ
http://www.zukan-bouz.com/suzuki/nezuppo/beniteguri.html

島根県の浜田漁港内、浜田公設水産物仲買売場の浜崎乾魚店さんで1箱800円は格安ですね。

090314himegochi (1).jpg 090314himegochi (2).jpg
● クリックすると拡大

焼く前には、干物なのにもかかわらず、うっすら透き通るような白身で色からしておいしそうです。

ぼうずコンニャクさんの図鑑には「クセのない上品な味わいと、ほんのりと甘味のある旨味は万人向け。」

と書いてありますが、私ももれなくその万人の中に入っているみたい・・・。

その表現の通りのおいしさです。

ヒメゴチは、これから人気が出るかもしれない、今は安いけど結構高級なお味といっても過言ではないかもしれませんよ。


浜崎乾魚店
住所 島根県浜田市松原町138
TEL 0855-22-1894

最後まで読んでいただきありがとうございます。
島根(山陰)の食のPRにつなげていきたくて2つのブログランキングに参加しています。
今回の記事があなたにとって ○ なら、
ランキングバナー(ボタン)または携帯の方はその下のリンクを
2つポチっとクリックして投票  お願いします。
ランキングがあがると、ブログを訪れてくれる方が増えます。
banner_02.gif       にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
人気ブログランキングへ   にほんブログ村 今日食べたものへ
※バナークリックは24時間に1回まで可能です。1週間の合計クリック数でランキングが決まります。
posted by カイワリ at 07:00| Comment(0) | 1-3島根の水産加工品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月18日

ノドグロの酢漬け 

090310nodoguro.jpg
● クリックすると拡大

マルコウさんの商品でまたまたおいしいものを見つけました。

ノドグロの酢漬けです。

ノドグロは標準和名アカムツといいますが、最近ではノドグロの名前の方が有名のような気もしますね。

ノドグロといっても、全長おそらく10cm程度の値段の付かないサイズのもの、

こちら島根ではメッキンなんていうんですが、それが瓶に入っています。

1瓶380円は、いい感じのお値段ではないでしょうか?

090310nodoguro (1).jpg
● クリックすると拡大

さて、食べてみます。

お酢はシンプルな感じの酢で、それにノドグロのちっちゃなのです。

骨までいけて、くせは少なく・・・これはおもしろいお味ですね。

旦那はちょっとだけ醤油を垂らすのが好みのようですが、このままでも十分というか・・・。

このお味はサラダ(マリネ)に即戦力のお味というのがより適切な表現かもしれません。

これはサバの塩辛についで、お江戸で評判になるかもしれないお味ですよ!

(有)マルコウ
島根県松江市鹿島町御津351−1
TEL 0852-82-1334

最後まで読んでいただきありがとうございます。
島根(山陰)の食のPRにつなげていきたくて2つのブログランキングに参加しています。
今回の記事があなたにとって ○ なら、
ランキングバナー(ボタン)または携帯の方はその下のリンクを
2つポチっとクリックして投票  お願いします。
ランキングがあがると、ブログを訪れてくれる方が増えます。

banner_02.gif
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
にほんブログ村 今日食べたものへ
※バナークリックは24時間に1回まで可能です。1週間の合計クリック数でランキングが決まります。
posted by カイワリ at 08:00| Comment(1) | 1-3島根の水産加工品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月16日

手づくりチーズ巻き 魚梅蒲鉾店

090315uoume.JPG 090315uoume (1).jpg
● クリックすると拡大

たくさん紹介しています、我が家が大好き魚梅蒲鉾店さんの商品です。

<過去記事はコチラ>
2008年12月12日 お嬢もおすすめ 魚梅蒲鉾の3点セット(1)
http://oisi-nandarone.seesaa.net/article/111096231.html

原料にこだわったあっさり風味のかまぼこにまろやかなチーズを加え、新しい食感に仕上げた自信の逸品です。
(ラベルより)

過去記事にあったカマンベールのものもおいしかったのですが、こちらのチーズのバージョンもいけてます。

私もお嬢もツボをつかれたという感じです。

旦那の分け前を忘れていて、2人で食べちゃったものですから、2ヶ月ぐらい

お蔵入りにされていたのですが、時効ということで旦那の機嫌も直ったので記事にしました。

こうしたかまぼこ類は、中途半端に凝って値段を高くするよりも、やるべき事を相応に仕上げて

ほどほどの値段にするのが得策な様な気もしますがいかがなもんでしょうか?

ちなみに本品は200円ちょっとです。

それでいてイトヨリも使われて味もあるのですから、やっぱり我が家は魚梅さん好きですね。


魚梅蒲鉾店
〒697-0045
浜田市京町88
tel:0855-22-1325
http://www.tokusen.info/suisan/0026/index.html

最後まで読んでいただきありがとうございます。
島根(山陰)の食のPRにつなげていきたくて2つのブログランキングに参加しています。
今回の記事があなたにとって ○ なら、
ランキングバナー(ボタン)または携帯の方はその下のリンクを
2つポチっとクリックして投票  お願いします。
ランキングがあがると、ブログを訪れてくれる方が増えます。
banner_02.gif       にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
人気ブログランキングへ   にほんブログ村 今日食べたものへ
※バナークリックは24時間に1回まで可能です。1週間の合計クリック数でランキングが決まります。
posted by カイワリ at 08:00| Comment(0) | 1-3島根の水産加工品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月13日

じんば漬け 海士(あま)町産版ですよ〜

090311jinba.jpg 090311jinba (1).jpg
● クリックすると拡大

以前、島根県隠岐の知夫里島の神葉漬けをご紹介したことがあるのですが、今度は

旦那が知夫里島からほど近いお隣の島、中ノ島の海士町産のものを見つけました。

じんばとは海藻のホンダワラです。

ほかの海藻と違って、食べる地域が割と少なく珍しいものです。

<過去記事はコチラ>
2008年04月03日 神葉藻の神葉漬け
http://oisi-nandarone.seesaa.net/article/92071474.html

旦那はかなり気にして探していたそうです。

というのも、この記事を見た海士町の方から、「海士町でも神葉は食べるし、作ってますよ!」

との連絡を受けていたのです。

ところがなかなか見つからない・・・、旦那は無用とも言える焦りを感じていましたふらふら

このじんば漬けを見つけたときには、「おみやげ買ったからな!黒ハートわーい(嬉しい顔)」と電話をかけてきたぐらいです。

わかりやすいというか・・・、もう少し力の割き所を考えた方がよいのでは?というのが私のアドバイスですもうやだ〜(悲しい顔)

ところで知夫里島の神葉漬けは、東京・八王子の漬物専門店、十一屋ジャパンさんで

いつも売り切れる人気商品にまで成長したんだそうです。

これはうれしいですね。

こちらでもちょっとだけ手に入りやすいんです。

一方、海士町産のじんば漬けはなかなか見つからなかったのですが、これまた特徴があります。

化学調味料や保存料などが無添加なのです。

素朴な感じがしていいですね。

お値段も300円とお手頃です。

お味にも特徴がありました。

じんば漬けのベースは、じんばをさっと湯戻ししたのち、醤油につける簡単な調理の漬物です。

海士町産のは、しょうがが効いたアクセントのあるお味で、さらに素朴な印象を受けます。

お料理の上手な方が手作りで作ったものという感じ、といったらわかって頂けるでしょうか?

海士町産と知夫里島(知夫村)産、どちらも甲乙つけがたく、どちらもお勧めです。

見つけて食べ比べしてみられたらどうでしょうか?

株式会社 ふるさと海士(あま)
島根県隠岐郡海士町福井1365‐5
TEL08514-2-1510 
http://www.ama-cas.com/


最後まで読んでいただきありがとうございます。
島根(山陰)の食のPRにつなげていきたくて2つのブログランキングに参加しています。
今回の記事があなたにとって ○ なら、
ランキングバナー(ボタン)または携帯の方はその下のリンクを
2つポチっとクリックして投票  お願いします。
ランキングがあがると、ブログを訪れてくれる方が増えます。

banner_02.gif
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
にほんブログ村 今日食べたものへ
※バナークリックは24時間に1回まで可能です。1週間の合計クリック数でランキングが決まります。
posted by カイワリ at 07:22| Comment(2) | 1-3島根の水産加工品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。