2010年01月11日

朝汐羹 瑞雲 向月庵

IMG_6766.jpg

お正月に食べた和菓子を順次ご紹介していきたいと思います。

今回は、向月庵さんの「朝汐羹 瑞雲」です。

目で見るだけでも楽しめる美しさです。

IMG_6444.jpg

名前にある文字を調べてみました。

朝汐…朝、満ちてくる潮。朝の満ち潮。

瑞雲…めでたいことの起こるきざしとして現れる雲。祥雲。

[ 大辞林 提供:三省堂 ] より

なるほどといった感じです。

IMG_6446.jpg

<下記紹介ページより引用>
瑞雲は小豆のうちに皮をむき、中の白い身だけを柔らかく炊き、餡にしたものと、東雲餡、栗、小豆を加えて羊羹にしました。
<引用終わり>

このうち東雲餡(しののめあん)と表記がありますが、ネット上で調べた感じでは

よくわかりません。

東雲…夜が明けようとして東の空が明るくなってきたころ。あけがた。あけぼの。「―の空」
[ 大辞林 提供:三省堂 ] より

このことから明るい色彩の餡の部分であろうことは想像できます。

IMG_6470.jpg

お味も文句なしにおいしいです。

しっかりしていますが後を引きすぎないあっさり上品な佇まいももった甘さです。

その甘みの中に干し柿の甘みと同様のものが感じられましたので、隠し味に使っているのだろうと思い、

表示を見たのですが、意外にも使われていませんでした。

旦那も同じことを言っています。

私たちの味覚がいかにいい加減なものかという証拠かもしれません。

いずれにしても嫌みのない甘みとおいしさであることには間違いありません。

向月庵さんの和菓子の中でも相応に日持ちがし、おすすめのものだと思いますヨ。


向月庵
住所:島根県松江市苧町1-36
電話:0852-26-7393
http://www.tokusen.info/kashi/0004/


最後まで読んでいただきありがとうございます。
またお越しください。

ブロぐるめ! へ
posted by カイワリ at 12:06| 島根 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 1-5島根のスイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/137976600
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。