2010年01月10日

桜かまぼこ 青山商店

IMG_6621.jpg

まだまだお正月気分の我が家です。

立派な門松を飾れるようなおうちではありませんが、少なくとも気分は松の内の15日までは

お正月気分でいたいなあ…などとゆったりナマケモノなカイワリです。

今年のお正月に食べたものをこれから順次ご紹介していきたいと思います。

冒頭の画像、ぱっと見では和菓子のようなかまぼこ、そう、青山商店さんの「桜かまぼこ」なのです。

IMG_6696.jpg

塩漬けにされた桜の花と葉っぱと薄味のかまぼこが一体になっていて、まるで桜餅を模したかのようです。

桜の香りの良さが正月らしい気分にしてくれます。

かまぼこの薄味はほんの微妙な差かもしれませんが青山商店のかまぼこの中でも

一番薄味の部類じゃないかな、と思うのですが実際はどうでしょうか?

桜とのバランスを取っておられるのと、無添加ゆえの自信の表れの作なんでしょうね。

IMG_6625.jpg

有精卵の卵白は木次町産となっています。

木次町は現在の雲南市木次町…奥出雲地方と呼ばれる地域です。

島根県外の方にはわかりにくいかもしれませんが、松江市の住民にとっては、

「奥出雲地方」というのはひとつのブランド地域といって良いと思います。

仁多郡奥出雲町産のお米「仁多米」は西日本の「魚沼」ともいわれる優良米の山地であったり、

そのほかにもおいしいものが多々ある地域だという感覚があるのです。

おそらく、この卵もこだわりのものでしょう(未確認ですがあてはあります)。

桜は島根県産となっていますが、木次町の川どてが桜の名所でもあります。

そうしたつながりを考えておられるのかなあ、と思いを巡らせてしまいました。


青山商店
島根県松江市中原町88番地
0852(21)2675
http://www.tokusen.info/suisan/0018/index.html


最後まで読んでいただきありがとうございます。
またお越しください。

ブロぐるめ! へ
posted by カイワリ at 08:48| 島根 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 1-3島根の水産加工品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。