2009年12月31日

おでんの すうちゃんはママの味♪

IMG_6199.jpg

松江市役所のほど近く、島根県警察、島根県庁とを結ぶとおりには、多くのおでんやと小料理屋が密集している。

ボクは勝手にここを

松江おでん通り

と呼んでいる。

残念ながら、今年の9月に財布に優しかった名店・初栄が閉店、引退されてしまったのであるが、それでもこの通り沿いにおでん屋が建ち並んでいるのに間違いはない。

IMG_6201.jpg

そのとおりのうちの1店、すうちゃんに入ってみることに。

カウンターは常連さん達でしめられており、端っこの方に座った。

お通しは白あえ。

家庭的な感じの味付けで落ち着く。

IMG_6203.jpg

お酒は熱燗で。

島根県は隠岐の島ご自慢の銘酒、隠岐誉をおいている。

IMG_6200.jpg

さて本命のおでん、「何か変わったものありますか?」とお姉さんに聞いたら、「特にはないですけどね。」

でもおでん種を数え上げてくれて、「里芋」のところで、「それっ!」と決めた。

他には見てのとおりの大根と牛すじ。

里芋は全国でも広範囲にわたって使われているようでもあり、特別珍しいネタというわけでもないようだ。

ジャガイモを中心に入れている地域からすれば、びっくりされるネタでもあるようである。

ちなみにボクの家でジャガイモが入ったのはずいぶんと大きくなってから。

だからもともとの松江おでんは里芋が中心だったのだろうと推論している。

おでんのつゆの味は濃いめの醤油ベースで結構砂糖、みりん系の味も感じさせるもの。

松江の家庭風の味の典型例といっても良いかもしれない味つけで、これは常連客がつくだろうなと実感。

庄助ほど濃厚なつゆではないが、同方向の味という区分は少し雑な分類だろうか?

IMG_6202.jpg

追加でシュンギクも注文。

別皿でたっぷり、の盛りつけは、初めて見るタイプかな?

結構しっかりとゆでていたのは、つゆを吸わせるためなのだろう。

IMG_6204.jpg

IMG_6205.jpg

メニューはこのとおり。

これで1700円ぐらいだったが、大根が大きく、結構おなかがふくれた。

逆算するとお通し料は500円ぐらいかな?

リーズナブルなお値段のメニューも多いのでもう少しいろいろ食べて見るとおもしろいかもしれないと思った。


すうちゃん
島根県松江市西茶町1-26
0852-23-2806
http://gourmet.yahoo.co.jp/0005434006/

最後まで読んでいただきありがとうございます。
またお越しください。

ブロぐるめ! へ
ラベル:すうちゃん
posted by ヤマトシジミ at 09:22| 島根 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 1-B松江おでん探求 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。