2009年03月16日

それにつけてもおでんは やまいち

090315yamaichi (4).jpg
● クリックすると拡大

閉店前にいったので、看板がうまく撮影できず。
(やまいちさんごめんなさい!)

090315yamaichi (1).jpg 090315yamaichi.jpg
● クリックすると拡大

お店の中はこういう感じで、目を惹くメニューが並ぶ。

おでんに限らず、一品(珍味)もとても充実していておいしいお店。

090315yamaichi (2).jpg
● クリックすると拡大

限られた時間なので、早速おでんを頼む。

ダイコン、卵、里芋、巾着。

おでんの終盤なので残っているものの中で、だしを吸っているものを中心にしてみた。

色はやや薄め、あるていど塩を効かせているのだとも思うが、やはり松江おでん。

醤油にはかなりのこだわりを持っているのを教えてもらったが、これは企業秘密なのでアップできず。

知りたい方はまずは食べてみて、そして常連になったら・・・教えてもらえるかな?

090315yamaichi (3).jpg
● クリックすると拡大

もう一品ということで、しめ鯖。

なかなかいい。

これにコップ酒1杯で約2000円弱なり。

*******************************

さて、やまいちさんに限ったことではないのだが、松江おでん屋さんの特徴に、値段表示がないところが大半というのがある。

これは常連さん向けへの配慮というものもあるのだが、一見さんとしては入りにくい要因ともなっている。

また実はおでんの具を手作りでされているところもあり、またその具も大きめ。

こうしたことから1品が高いこともあり、若い人などが「うまい、うまい」と次から次へと食べ、一品・珍味をたくさん注文した場合、締めてみると結構な金額になっていた・・・、ということもままありうる。

こうしたことから、その店の常連になるまでは次の4つをお勧めしたい。

(1)注文の時に金額の確認をすること。

(2)予算を事前に聞くこと。また、自分の予算をあらかじめ告げ、超えそうになったら止めてくれとはっきり伝えること。

(3)一品、珍味を食べ過ぎないこと。
 おいしい店はそれなりに原材料費が掛かっているものである。

(4)できれば知り合いの紹介で予約してから行くこと。


(1)(2)を無粋と思われるようであればこのやり方をお勧めしないが、現代にあった飲み方として、こういう明朗会計を求める客のあり方・・・、私はありだと思う。

また、2010年におでんサミットを控えている松江おでん屋のありかたとして、一見さんに対する対応は松江おでん業界、そして松江市役所の今後の課題と考えているが、いかがだろうか?

やまいち
島根県松江市東本町4-1
電話 0852-23-0223
【「松江 おでん やまいち」をキーワードにYahoo!検索、地図あり】
http://search.yahoo.co.jp/search?p=%E6%9D%BE%E6%B1%9F+%E3%81%8A%E3%81%A7%E3%82%93%E3%80%80%E3%82%84%E3%81%BE%E3%81%84%E3%81%A1&ei=UTF-8&fr=slv1-adbe&x=wrt

最後まで読んでいただきありがとうございます。
島根(山陰)の食のPRにつなげていきたくて2つのブログランキングに参加しています。
今回の記事があなたにとって ○ なら、
ランキングバナー(ボタン)または携帯の方はその下のリンクを
2つポチっとクリックして投票  お願いします。
ランキングがあがると、ブログを訪れてくれる方が増えます。
banner_02.gif       にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
人気ブログランキングへ   にほんブログ村 今日食べたものへ
※バナークリックは24時間に1回まで可能です。1週間の合計クリック数でランキングが決まります。
posted by ヤマトシジミ at 18:00| Comment(0) | 1-B松江おでん探求 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。