2009年03月17日

やめられないとまらない やきとりおでん 千

090315sen.JPG
● クリックすると拡大

松江にはこじんまりとしたやきとり屋さんが目立たない。

恐らくは松江おでんのおでん文化の裏返しなのだろうと思われる。

さて、孤軍奮闘その両方がおいしく味わえる貴重なお店、それが千なのだ。

まささんに今度誘われたら行こうかな、と思っている最有力候補の一つのお店でもあったりする。

090315sen (1).jpg
● クリックすると拡大

入り口から見たお店の風景。

この日はこれまた超常連、超ベテランの2人の方に連れられてなので思い切り楽しませてもらった。

090315sen (2).jpg
● クリックすると拡大

まずはおでん鍋、いい感じです。

090315sen (3).jpg 090315sen (4).JPG 090315sen (5).jpg
● クリックすると拡大

私はおばんざいが並べてあるお店が好みである。

目でも楽しめ、楽しくなる。

赤貝(サルボウ)、マカロニサラダ、海老の煮付け(モロゲではない)、なます。

豚キムチ、里芋の煮た、アジ南蛮漬け、アラメの炊いた。

小松菜煮浸し、糸こんきんぴら、イワシの煮付け、干物(ウルメ丸干し、スルメ、エイヒレ)。

090315sen (6).jpg 090315sen (7).jpg
● クリックすると拡大

おでん第一弾は、ダイコン、牛すじ、魚団。魚団はいわしごぼう。

魚団は大将お勧めのもの。

こういうときには、勧められたものを食べてみるのが私の流儀。

いろいろなことがわかるからでもある。

第二弾は、イカ串、鳥つみれ、巾着。

目でも舌でも楽しめる代物であった。

090315sen (8).jpg 090315sen (9).jpg 090315sen (10).jpg
● クリックすると拡大

鮒の糸づくり(こまぶり)はご当地では定番とも言えるもの。

焼き鳥と豚キムチ。

お酒はご当地の雄、李白の燗。

このお酒も松江おでんとの相性がよい。

超常連の2名とも「これでなきゃいかん」との御宣告。

その後、焼酎お湯わり少々。

3人で締めて9000円ちょっとは、一応1人3000円。

かなり私の割り勘勝ち、また超常連さんに連れてもらったので、値段は強めの追い風参考。

千さん、ごちそうさまでした。


島根県松江市末次町33
0852-24-4088
【「松江 千」をキーワードにYahoo!検索、地図あり】
http://search.yahoo.co.jp/search?p=%E6%9D%BE%E6%B1%9F+%E5%8D%83&ei=UTF-8&fr=slv1-adbe&x=wrt

最後まで読んでいただきありがとうございます。
島根(山陰)の食のPRにつなげていきたくて2つのブログランキングに参加しています。
今回の記事があなたにとって ○ なら、
ランキングバナー(ボタン)または携帯の方はその下のリンクを
2つポチっとクリックして投票  お願いします。
ランキングがあがると、ブログを訪れてくれる方が増えます。
banner_02.gif       にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
人気ブログランキングへ   にほんブログ村 今日食べたものへ
※バナークリックは24時間に1回まで可能です。1週間の合計クリック数でランキングが決まります。
posted by ヤマトシジミ at 19:00| Comment(2) | 1-B松江おでん探求 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おばんざいおいしそうですね。
有楽おでんさんでも載っていましたが、赤貝の煮たのは定番でよく置いてあるのでしょうか?
私は昔、お正月料理としてよく食べてました。
Posted by そら at 2009年03月18日 10:47
赤貝の煮たのは、定番でよくあります。
貝殻つきなのが特徴です。
お正月料理でも今でも定番ですね。
Posted by ヤマトシジミ at 2009年03月18日 23:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。