2009年03月14日

おでんは有楽 有楽おでん(1) 

090313yuraku (22).jpg
● クリックすると拡大

まささん、という人と知り合った。

年齢、職業など非公表。

この人、毎日のように全国を飛び回っている、超多忙といって良い人。

裏を返せば、全国のおいしいものをホントによく知っている人でもあり、お話しを聞くにつけ勉強になる。

本人、いたって自慢しない人なのでその知識を聞き出すのは大変なのだが(笑)。

さて、このまささん、「島根県松江って、値段の割に高いというか、いい飲み屋がないんですよね。」

本人、いたって素で言われたのだが、これは私に対しての挑発なのか?(笑)。

今度の機会に有楽(ゆうらく)にいっしょにいきましょうということに相成った。

090313yuraku.JPG
● クリックすると拡大

この日のおでん鍋の様子。

私はさほど常連ではない。

常連さんもおられるからと本来ならカウンターを遠慮するところだが、常連のOKYさんも同席してくれたので、ちょっと安心。

090313yuraku (2).JPG
● クリックすると拡大

まずは四の五の言わずにおでんを頼む。

だいこん、魚団(ぎょだん=つみれ)、豆腐つみれ、牛すじ、そして黒田セリ。

本日の魚団はオキギス(ニギス)の自家製ミンチ。

この濃くてすんだつゆは松江おでん本流の真骨頂。

お酒は初手はお腹を温めるために、燗で豊の秋上撰。

じつはこの豊の秋、燗して松江おでんと合わせるためにあるようなお酒といっても良い。

相性抜群は、まささんも同意見。

090313yuraku (1).JPG
● クリックすると拡大

女将さんと女将さん自慢の娘、若女将。

若女将の美貌に釣られて、飲みに来るようじゃまだまだ・・・、などとプロの居酒屋ライターなら書くだろう。

ところがどっこい、ウン十年もの常連さんたちはこの若女将のいる20時頃までに集中するんだな、これが。

なじみになるまでは、この常連さんたちが少しはけてから来るというのもコツなのかも。
<つづく>

有楽
島根県松江市殿町352
0852-21-2687
【「松江 おでん 有楽」をキーワードにYahoo!検索、地図あり】
http://search.yahoo.co.jp/search?fr=slv1-adbe&p=%BE%BE%B9%BE+%CD%AD%B3%DA+%A4%AA%A4%C7%A4%F3

最後まで読んでいただきありがとうございます。
島根(山陰)の食のPRにつなげていきたくて2つのブログランキングに参加しています。
今回の記事があなたにとって ○ なら、
ランキングバナー(ボタン)または携帯の方はその下のリンクを
2つポチっとクリックして投票  お願いします。
ランキングがあがると、ブログを訪れてくれる方が増えます。

banner_02.gif
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
にほんブログ村 今日食べたものへ
※バナークリックは24時間に1回まで可能です。1週間の合計クリック数でランキングが決まります。
ラベル:有楽 松江おでん
posted by ヤマトシジミ at 16:24| Comment(0) | 1-B松江おでん探求 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。