2008年11月11日

島根西条柿こづちはとろける、とろける

081105koduchi(2).jpg
● クリックすると拡大

中国地方でもっともメジャーな柿が西条柿です。

写真の右側の砲弾型の柿です。

ちなみに左側は富有柿、島根では平柿とよくいいます。

この西条柿の栽培面積は島根が最大だそうです。

その形が、打ち出の小槌を連想させるということで「こづち」の愛称で販売されています。

081105koduchi.jpg
● クリックすると拡大

もともとは渋柿の渋を抜いて(合わせて)食べる西条柿ですが、旦那と私(お嬢)で好みが違います。

旦那は固さが残る時の方が好み、私とお嬢はじゅくじゅくに熟れてスプーンで掬うときの

方が好みです。

みなさんはどちらですか?



※合わせ柿を作るときのやり方やドライアイスの量は、いろんな考え方があるようで、今年は試せませんでしたので、決定版がわからずにいます。

とりあえずは下記のような専門店で問い合わせをされるのがよいのでは?と思います。

 角田商店
 松江市西川津827−1
 0852−25−3522


最後まで読んでいただきありがとうございます。
島根(山陰)の食のPRにつなげていきたくてブログランキングに参加しています。
よろしければランキングバナー(ボタン)を押してください。
ランキングがあがると、ブログを訪れてくれる方が増えます。
banner_02.gif
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
にほんブログ村 今日食べたもの

ラベル:西条柿 こづち
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。