2010年04月02日

徳平食堂(その3) 松江おでんの名店なんだな

IMG_8524.jpg

こちら島根県の松江市、山陰の今年の春はまだ冬のような寒さの日が多い、寒冷化した春である。

おかげで気兼ねなく松江おでんを堪能できている。

まあ、どうせ1年中食べるんでしょ、という突っ込みが来るのだろうが(笑)

尊敬する先輩とのお別れ会を言い訳とした松江おでん探訪。

この方からは「おでんや荒らし」というありがたくない名前を頂戴したところ。

まずは豆腐、ダイコン、シュンギク。

シュンギクがどっさり載っていて下が見えないのだが、その盛りつけをそのまま活かして撮影。

さらにその上にはすじを味噌で煮込んだすじ味噌がたっぷり、これでもかと乗っている。

辛子は無くても十分楽しめる。

シュンギクの香気が鮮烈。

IMG_8527.jpg

ネギ袋。

シュンギクの次にネギの香気をぶつけてみる。

すでに満足で上々の機嫌。

IMG_8532.jpg

おでんおかわりで、ダイコン、すじ、卵。

やっぱりこれでもかとすじ味噌。

IMG_8528.jpg

豚足。

スパイスの加減に妙味。

IMG_8531.jpg

小イワシの刺身。

境港産かな?と会話。

こちらではカタクチイワシ(タレクチ)を食べられる頻度は高くないのである意味珍味。

IMG_8537.jpg

酔っぱらって禁断のチャーシュー麺。

食べないと決めていたのに、決めていたのに…、決めて…。

シンプルな懐かしい味なのでラーメンマニアの方(特に味覚の幅の狭い人)は食べにこないように!!

私はなんと言われようと「おいしい」と認定。


最後まで読んでいただきありがとうございます。
またお越しください。

ブロぐるめ! へ
posted by ヤマトシジミ at 08:10| 島根 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 1-B松江おでん探求 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。