2010年03月31日

ど根性山桜 ?

CAELU2PN.jpg

知り合いの方からメールでいただいた情報なのですが、

CAPXMWPA.jpg

島根県の松江市、宍道湖と中海を結ぶ天神川の川どてで咲いているんだそうです。

コンクリートの割れ目から生えていますね。

ど根性桜01.pdf

場所などは↑コチラです。


最後まで読んでいただきありがとうございます。
またお越しください。

ブロぐるめ! へ
posted by カイワリ at 07:45| 島根 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月30日

岡三英堂 季子(きし)ごよみ

IMG_8450.jpg

IMG_8453.jpg

旦那が買ってきてくれた岡三英堂さんの季子(きし)ごよみです。

IMG_8456.jpg

小さな小箱ですが、高級感というよりもかわいらしさが満点でお嬢と一緒に期待がふくらみます。

IMG_8471.jpg

箱を開けてお嬢とハモって叫んでしまったのが「かわいい〜」…、

やっぱり親子というか、リアクションまでDNAを感じます。

桜の干菓子が載っていて、その下には桜の香りのするキューブ状のお菓子が9個ありました。

桜の花びら色の寒天と葉っぱ色の寒天が桜の香りとともに入っています。

ふわふわなお菓子に寒天と食感も含めてとてもおもしろい作りでした。

ちょっとしたおみやげにお薦めですね。


三英堂(岡三英堂)
島根県松江市浜乃木1-1-53
電話/0852-21-3403
http://www.saneido.jp/index.html

最後まで読んでいただきありがとうございます。
またお越しください。

ブロぐるめ! へ
タグ:岡三英堂
posted by カイワリ at 08:08| 島根 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 1-5島根のスイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月29日

紅ズワイガニ缶詰(ニッスイ)

IMG_6898.jpg

IMG_6897.jpg

IMG_6896.jpg

IMG_6895.jpg

ちょっとだけぶり返しネタも含めてです。

昨年、ニッスイが紅ズワイガニ原料の加工品をズワイガニ…つまりは松葉ガニや越前ガニだと偽って

表示していたというのが問題になりましたね。

そのことを改めて旦那と考えてみました。

あれって失礼な話だと思うのですよね、ホントに。

まずニッスイ(当時)は論外だと思うのです。

今回ご紹介の缶詰、コレ結構なお値段です。

おばあちゃんからもらわなければ我が家でコレを買うことはないと思います。

(ちなみにおばあちゃんももらったそうです。)

紅ズワイガニの身をこうしてしっかり詰めると、ちゃっかり高付加価値化させているわけです。

先日、黄金ガニ…ハイブリッド、あいのこを紹介したんですけれども、お味的には紅ズワイガニも

ズワイガニもそれぞれのおいしさがあって、そのハイブリッドはまたそれぞれの良さが出ていていいんですよね。

だから味だけ考えると、偽装する必要はないわけです。

さらに言えば、実は加工品にしたときには、その身の甘さ〜立ち上がりが鋭く、抜けが速い〜という

特性などから紅ズワイガニの方がおいしい場面が多いわけです。

だから、いろんな場面で使われている紅ズワイガニですが、これをまがい物ととらえるよりも

用向きにあったように使われているととらえる方が良いのだと思います。

もちろんコストの面でも紅ズワイガニが優位にあると言うことも含めてですけどね。

だとするとですよ、ニッスイの偽装はホント論外だと思うのです。

価格面で高いズワイガニを語っているわけですが、紅ズワイガニがいいものですよという

PRもしてこなかったんですよね。

マスコミも公正取引委員会の発表のとおりに優良誤認表示≒偽装事件としたわけですが、

紅ズワイガニにも良さはある…というフォローは見たことがありません。

このことは、言える立場ではないとしてもニッスイがすべきことだったと思うのです。

ここを放置しておくからお膝元の鳥取県知事さんが子ども手当の地元負担が増えたことのたとえに

「ズワイガニだと思えば紅ズワイガニだった」などと発言するなど、紅ズワイガニが

まがい物だという一般認識がさらに広まって固定化しちゃったんだと思うのです。

そしてまた多くの消費者も…。

私も旦那も含めて、まだまだ文字情報にだまされすぎているんではないのかな?、

自分の感性で味わうことよりも評判などをもとに味わってるつもりなのではないのかな?

そして多くの消費者は、有関心層も含めてそうした刷り込みに大きな影響を受けているのではないかな?

と思ったところです。

IMG_6889.jpg

と、この頃いろいろあって熱くなりすぎました。

大きく出たあとで恐縮ですが、単純にキュウリの酢の物にしました。

でもこれがおいしいんです、間違いなく。

紅ズワイガニの身のおいしさが出ています。

みなさんももっともっと自分の感性を信じていろいろなものを味わってみませんか?

これから、桜ガニ(この時期の紅ズワイガニの地元の呼び名だそうです)の季節です。

産卵前で紅ズワイガニが旬を迎えるのです。

さて、みなさんの感性では紅ズワイガニ(良品を選ばねばなりませんよ!)はまがい物ですか、ホンモノですか?


(今回はカイワリ&ヤマトシジミの合作記載です。)

最後まで読んでいただきありがとうございます。
またお越しください。

ブロぐるめ! へ
posted by カイワリ at 23:39| 島根 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 1-3島根の水産加工品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月28日

シェブランのケーキ各種 結婚記念日だったのです

IMG_7432.jpg

IMG_7417.jpg

IMG_7411.jpg

IMG_7400.jpg

IMG_7438.jpg

IMG_7442.jpg

少し前、私カイワリと旦那ヤマトシジミの結婚記念日でした。

第何回目かというと…とりあえず2桁は軽く超えてますね。

旦那から「なにか欲しいものは?」と聞かれ、お嬢が「ケーキ!」と力強く答えてました。

あなたじゃないのよ、今回の主役は…。

ということですが、やはりケーキでいいわと旦那に買いに行ってもらいました。

お店は今回はシェブラン指定、でもケーキの名前を忘れちゃって、「前に食べたチョコ系のおいしいの。」

とだけリクエストしました。

お店から旦那が電話をかけてきたのですが、名前では思い出すことができませんでした。

時間の無かった旦那が買ってきたもの…これが6種類のケーキだったのです。

おばあちゃんも呼んで4人でお祝いしました。

旦那も時間の無い中で買ってきて、名前を正確に覚えきれなかったんだそうです。

今回は責めるのは無しとしておきましょうネ。

毎年、結婚記念日に旦那が語るのは、私が結婚記念日を先に忘れたこと、

そのとき忘れているのを見計らって花束を買って帰ってきてサプライズなプレゼントをしたこと、

それはもう勝ち誇って同じ話を繰り返すのです。

その様はホントにおっさんくさいというか…まあ今回はけなすのは無しにしておきましょうね。

さて旦那は、自分は減量中だからいいよ、などといいながら、全種類一口ずつ分けてもらってました。

これはこれで一番おいしいとこどりというか…なんともはやです。

この中に私がお気に入りのものはありました。

以前とは少しだけアレンジを変えておられましたが、間違いなくコレというものです。

さてそれはどれだと思いますか?

旦那にも教えていません。

だってそうすれば次回もこんな風に買ってきてくれるかもしれませんからね♪


シェブラン本店
島根県松江市東津田町1198−4
0852−22−8555
http://chez-blanche.com/index.html


最後まで読んでいただきありがとうございます。
またお越しください。

ブロぐるめ! へ
タグ:シェブラン
posted by カイワリ at 12:03| 島根 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 1-5島根のスイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月27日

風月堂 万寿と最中

IMG_6992.jpg

風月堂さんに再訪です。

IMG_6995.jpg

島根県の松江市、カラコロ工房、カラコロ広場、京橋の近くにあります。

堀川遊覧船の乗船場が目の前にあるんですよ。

IMG_6996.jpg

こういう何気ない包みですが、雰囲気があると思いませんか?

すっかりお気に入りになってしまいました。

IMG_7010.jpg

どちらもしっかりした餡で、前回と同じくいい感じのものです。

お菓子処の松江の中でもいい水準のものだなあと思います。

さすがはおばあちゃんの知恵という感じですね。


風月堂
島根県松江市末次本町97
0852-21-3576
http://restaurant.gourmet.yahoo.co.jp/0005431874/007090700408039/


最後まで読んでいただきありがとうございます。
またお越しください。

ブロぐるめ! へ
タグ:風月堂
posted by カイワリ at 14:10| 島根 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 1-5島根のスイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月26日

甘鯛の奉書焼き いそまる本舗

IMG_8432.jpg

またまた買ってみました、いそまる本舗の奉書焼きシリーズです。

今度は甘鯛です。

高級魚で特有の香りがありますが、身自体はクセのない甘みのある甘鯛ですので、

奉書焼きという蒸し焼きにすることでどうなるのか?楽しみです。

いいコンセプトですね。

IMG_8434.jpg

レンジでチンするだけでできあがります。

やはり、甘鯛の良さを増幅させているというか、優しい甘みが広がっていいお味ですね。

最近では都会では焼き魚がはばかられるようになっているようですね。

近所に臭いがしたり、火災報知器に煙が反応したり。

嘆かわしいことだとは思いますが、仕方がない面もありますね。

こちら島根県の松江ではそういうことはないのですが…。

でもこの奉書焼きをある意味、焼き魚だと思えば、煙もでず、そして上品なお味が

家庭で味わえる…、まだまだ認知度は高くありませんが、そういう点でもこれからの商品のような気がします。

お薦めですよ。


「山陰海の幸 いそまる本舗」

株式会社大磯
〒697-0017 島根県浜田市原井町3050-20 水産加工団地内
TEL:0120-01-9580
http://www.rakuten.ne.jp/gold/isomaru/IMG_8432.jpg


最後まで読んでいただきありがとうございます。
またお越しください。

ブロぐるめ! へ
posted by カイワリ at 08:04| 島根 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 1-3島根の水産加工品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月25日

べにほっぺ(イチゴ) 安来・別石(べっこく)

IMG_7463.jpg

2月にさかのぼる話になります。

イチゴを買って食べました。

最近ではイチゴは12月頃からスーパーの店頭で見かけるようになり、季節感は薄くなりましたが、

定番のフルーツとしてやっぱり欠かせませんね。

島根県では最大の産地は、安来市です。

「やすぎ」と読みますが、読めますか?

安来節のドジョウ掬いといえばご存じの方もおられるかもしれませんね。

この安来で、栽培面積の5割を超えるのがこのべにほっぺだそうです。

島根県のHPより
http://www.pref.shimane.lg.jp/nogyogijutsu/gijutsu/genti-jirei/fukyu-jyouhou/06202yas09.html

お味的に章姫ににているかな、糖度が高いなと思ったら、交配種のようです。

ウィキペディアより
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%81%E3%82%B4

我が家では、路地なので宝交早生という割合古い品種を育てています。

収穫できるのは5月ぐらいかな?

今年もそれなりの数を育てていますのでちょっと楽しみです。

さてこれから我が家の農作業の時期に本格的に突入します。

ちょっとブログの更新が滞りがちになるかもしれませんが、極力がんばって投稿したいと思います。

また読んでくださいね。



最後まで読んでいただきありがとうございます。
またお越しください。

ブロぐるめ! へ
タグ:べにほっぺ
posted by カイワリ at 08:09| 島根 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 1-2島根の野菜・果物・畜産物など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月24日

イトヨリ 焼き皮霜作り

IMG_8420.jpg

先日の爆弾低気圧すごかったですね。

我が家のクルマも黄砂のために泥水をかぶったかのような、どろどろ状態になってしまいました。

ある程度は毎年のことなのですが、今年はひどいと思います。

それから、その黄砂のために、喉・鼻・目もやられています。

大気観測システム そらまめ君などを見ていると光化学オキシダントの値などを見ることができます。
http://soramame.taiki.go.jp/DataMap.php?BlockID=07

先日は基準値を超えていて、光化学スモッグに近い状態になっていたんですね。

体調をくずす人が多いわけです。

その荒れた日の夜に食べたのがイトヨリです。

すでに海は荒れていましたのでお魚が少なかったのですが、いいアマダイと悩んで決めたのがこれでした。

IMG_8428.jpg

見たとおり、皮がピンク色で美しいです。

これをしっかり水気をふきとり、バーナーであぶって、保冷剤でしっかりと冷やし、お刺身に作りました。

ちょっと焦げ目がついてますでしょ。

わさび醤油で食べたのですが、甘みがあっておいしいですね。

いいおかずになりました。


最後まで読んでいただきありがとうございます。
またお越しください。

ブロぐるめ! へ
タグ:イトヨリ
posted by カイワリ at 08:13| 島根 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 1-1島根の魚貝類・海藻類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月23日

黄金ガニ 幻の一品をゲットしたのですが

IMG_8405.jpg

旦那の用事もあって、境港に行きました。

せっかくだからと漁徳水産でゲットしたのがベニガニです。

さらになんと、幻と言われる黄金ガニもゲットできたのです。

黄金ガニとは、ベニズワイガニとズワイガニ(松葉がに)のあいのこ、ハイブリッドです。

水深深くにいるベニズワイガニですが、ズワイガニのいる水深との境付近でまれにとれるようです。

今回はおまけしてもらって小サイズ(といっても結構大きいのですが)2000円でした。

IMG_8402.jpg

ベニズワイガニの腹のがわです。

IMG_8403.jpg


黄金ガニの腹の側です。

素人目にはこの色の薄さが一番わかりやすい違いでしょうか?

画像は速く食べたい思いがいっぱいで、食べてから気がついて撮りました。

大失敗です。

お味はおもしろいことに、ズワイガニのボリューム感のあるずしりとした味と、

ベニガニの立ち上がりの強い甘みとの良いところが合わさって、2で割ったようなお味です。

今回はボイルで購入しましたが、黄金ガニはズワイガニのようにお刺身にも向くそうです。

これはさらに期待が湧きますね。

さて、ちょうどリンクしている大山王国さんの通販ページで黄金ガニも含めた紹介がなされているようです。

よろしければのぞいてみてくださいね。


大山王国ネットセレクション 漁徳水産
http://daisen.ocnk.net/product-list/16


ベニガニは、
川口商店
http://www.10000sale.com/kani/info.html

もいいですよ。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
またお越しください。

ブロぐるめ! へ
posted by カイワリ at 08:16| 島根 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 2-1鳥取の魚貝類・海藻類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月22日

ヤリイカでイカダイコンを

IMG_7469.jpg

今年は山陰沖ではスルメイカが少なめだったのでしょうか?

やや高めな感じで、少なかったように感じました。

そんな中で試してみたのが、ヤリイカを使ってのダイコンの煮付けです。

ヤリイカは、こちら島根ではテナシイカとも呼ばれます。

ケンサキイカ(白いか)の触手が発達しているのに対して、発達したものを持ち合わせないヤリイカが

このように呼ばれるようになったようです。

235g/371円、@158円はちょっと豪華版ですが、おもしろいお味になれば…と思いGO!です。

IMG_7472.jpg

さて、醤油、砂糖、おさけ、みりんで甘辛く煮付けただけのものです。

スルメイカに比べるとくせがなく、慣れたものとしては少し物足りない感じもするかもしれません。

でも、上品さにおいては、やはりコストをかけただけのことがあります。

予想に違わぬおもしろいお味になりました。


最後まで読んでいただきありがとうございます。
またお越しください。

ブロぐるめ! へ
タグ:ヤリイカ
posted by カイワリ at 07:15| 島根 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 1-1島根の魚貝類・海藻類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

有楽 2010(1)

IMG_7372.jpg

少し季節感が違ってくるくらい前の話なのだが、やはり掲載しておかねばという、松江おでんの雄、有楽。

あじつみれ、鳥つみれ、豆腐。

IMG_7376.jpg

食べかけですみません。

豆腐つみれ、スペアリブ、湯葉。

スペアリブなどの塩の出やすい具は別立てで温めている。

IMG_7385.jpg

牛すじとがんもどき。

IMG_7388.jpg

牛すじこんにゃく、もち巾着。

IMG_7379.jpg

この日の黒板。

いっしょに行った人を書けないのだが、この日はがつんがつんと行ったのである。

がつんがつんと。

ハズレがないのだ。

IMG_7374.jpg

一部だけ紹介。

菜の花からしあえ。

IMG_7381.jpg

蒸し里芋。

IMG_7384.jpg

酢かぶ。

IMG_7371.jpg

飲んだお酒のうち、もっとも印象に残った月山・純米酒。


有楽
島根県松江市殿町352
0852-21-2687
【「松江 おでん 有楽」をキーワードにYahoo!検索、地図あり】
http://search.yahoo.co.jp/search?fr=slv1-adbe&p=%BE%BE%B9%BE+%CD%AD%B3%DA+%A4%AA%A4%C7%A4%


最後まで読んでいただきありがとうございます。
またお越しください。

ブロぐるめ! へ
posted by ヤマトシジミ at 00:31| 島根 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 1-B松江おでん探求 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月21日

木次酒造 美波太平洋 純米吟醸 佐香錦 無濾過原酒生

IMG_7390.jpg

まずは同蔵の過去記事から。

2009年01月20日 木次酒造 美波太平洋 純米無濾過生原酒

そしてラベルの口上を。

辛口の純米酒です。お米の甘みと旨みを感じる爽やかな味わいで、食前、食中酒として最適です。10℃前後に冷やしてすっきり感を、ぬる燗でしっかりした味わいをお楽しみください。
(ラベルの説明文より)

さて、前回もかなりの高評価だった美波太平洋なのだが、今回はそれを上回る評価、これを先に述べておきたい。

前回と味の方向性は同じ、そして伸長している。

これは、純米酒だから、純米吟醸酒だからという違いの問題ではない。

実は、記事にはしていないのだが、この過去記事の前後にいくつか木次酒造の銘柄を味わった。

正直をいうと、あの時点では私の好みにより近いのは紹介した純米酒。

そして、おそらくは木次酒造として作りたい味の方向は純米酒が一番向いていたのではないかと思う。

そして再挑戦の純米吟醸。

岡酒店さんが「これは良くなりましたよ」という薦めに素直に乗って購入。

やはりそのとおり。

せっかく、無濾過、本生としているのならば、すっきりクリアでかつ米の甘みと旨み…まさにラベルで述べているとおりの方向を目指して欲しいものだ。

その方向に間違いなく向かっている。

強いて言えば、味を決める温度帯…これは10℃前後をもっと重視して欲しいようにも思う。

ぬる燗はいくぶんか浮気ではないか?

10℃前後にまずは特化してほしい。

味わう側も、冷やしたそれをややゆっくりと口に含め、まるで氷でも溶かすかのように味わう。

そしてぐっと飲み込む際の前後、鼻腔の感覚を研ぎ澄ます。

するとどうだろう?

この温度帯で強みを持つ日本酒はまるで雲母のようなきらめきを発する。

雲母のようなきらめきとは、複雑な味わいであり、複雑な香りだと思われる。

それがそれぞれ粒状となり、また渾然一体となって解け合った姿を現すのだ。

かなり近づいた、されどもう一歩。

この価格帯ではかなり高水準でハイCPなお酒であると言うことだけは間違いない。

さらなる進歩が楽しみである。

決してぶれることの無いよう期待する。

IMG_7397.jpg

アルコール分  19〜20%
原材料名    米、米麹
日本酒度    +5〜6
精米歩合    65%
使用酒米    佐香錦
杜氏名     川本康裕(蔵元杜氏)

木次酒造株式会社
島根県雲南市木次町木次477-1
TEL 0854-42-0072
http://www.kisukisyuzou.com/

最後まで読んでいただきありがとうございます。
またお越しください。

ブロぐるめ! へ
posted by ヤマトシジミ at 23:59| 島根 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 1-6島根のお酒・地酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月20日

セイゴ(スズキ)の洋風のっけ盛

IMG_8202.jpg

いつもの街中のスーパーで旦那が買ってきたセイゴです。

時間がないときなのに、新しい包丁が振るいたくて振るいたくて、しょうがないですね。

お値段は723g/563円、@78円でした。

IMG_8209.jpg

どうもセイゴとは相性の悪い旦那、失敗したのを隠すためにのっけ盛りにしました。

タマネギをたっぷりスライスして、ミックスペッパーをミル挽きでぱらぱらとしておきます。

ちょっとだけ七味も…。

ミックスペッパーは

ピンクペッパー
グリーンペッパー
ブラックペッパー
ホワイトペッパー

の4つがミックスされています。

香りが少し複雑系で、おもしろいんですよね。

旦那は、こういう小細工だけは長けています(笑)。

これにかけたドレッシングは半自家製の梅ドレッシングです。

レシピは恥ずかしくて正式には出しませんが、市販されている練り梅(業務用の安くて大きいもの)に

グレープシードオイル少々、しまやの無添加だし(あわせだし)適量、煮きったみりん適量、

塩、コショウ適量にエルブドプロバンス少々です。

ヒントはミツカンの「紅の梅だれ」なんですけどご存じの方もいるでしょうか?

肉にも野菜にも合うんですよね。

もっと梅を強化して、カロリー控えめにしてみたんです。

これがばっちり合いました。

IMG_8212.jpg

意味はありませんがおまけです。


最後まで読んでいただきありがとうございます。
またお越しください。

ブロぐるめ! へ

※アップ漏れにより日付調整しています。
posted by カイワリ at 07:39| 島根 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 1-1島根の魚貝類・海藻類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月19日

国際宇宙・生物研究所 その2

IMG_8344.jpg

まささんとお別れ会(仮)ということでここ一番の国際宇宙・生物研究所へ。

じつはこのためにもお酒を控え、財布の面でも体重の面でも整えてきた。

金額的には、ある程度背伸びすれば届くところとだけ記しておきたい。

(家庭内的に正直なところが書きにくいということである。)

前菜は、しめ鯖、こはだ、からすみ、たけのこなど。

たけのこは今年初めて食べた。

IMG_8345.jpg

カキのポタージュ。

IMG_8349.jpg

アイナメのソテーとキャベツスープ。
(正確な名前を忘れてしまった。)

IMG_8353.jpg

アマダイの酒蒸し、和洋混載(?)の品良いテイスト。

IMG_8357.jpg

島根和牛のロールキャベツ。

IMG_8360.jpg

島根和牛とパンダ豆。

今マスターのプチ・マイブームがパンダ豆なのだそうだ。微笑。

IMG_8364.jpg

からすみのパスタ。

加減が絶品!

IMG_8366.jpg
IMG_8367.jpg

この日、特に印象に残ったワイン。

ベリーな感じがおいしかったなあ。

他にも酸味がきいてスパイシーさもある白ワイン(画像取れず)もすごくよかった。

味わっていて実際に言葉を失うことしばしば。

だから極力淡々と記録として…。

夢でももう一度でてきて味わったほどのすてきな時間、なかなかないからいいのかもしれないね。


国際宇宙・生物研究所
島根県松江市伊勢宮町501-11
TEL 0852-28-5724
http://kokken.kt.fc2.com/index.html


最後まで読んでいただきありがとうございます。
またお越しください。

ブロぐるめ! へ

posted by ヤマトシジミ at 08:12| 島根 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 1-A島根のお店を食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月18日

風月堂 八雲小倉

IMG_7001.jpg

島根県の松江は和菓子処です。

いくつかのところを紹介してきましたが、おばあちゃんから

「風月堂さんのあんは外せないわね。」

といわれて早速飛んで買いに行きました。

IMG_7005.jpg

旦那はいろいろな意味でよく知っていたようですが、私には教えてくれず黙ってたんですよね、ひどいでしょ。

小倉あんがカステラで挟まれています。

もうこれだけでも期待大ですね。

IMG_7012.jpg

カットしたものです。

このお菓子が考案された当時のハイカラな雰囲気が伝わってくる様です。

おばあちゃんのいうとおり、このあんはなんて言ったらいいんでしょう?おいしいですね。

がつんとしていながら、後を引きすぎない上品さを持っている感じです。

IMG_7016.jpg

やっぱり、お抹茶を飲んでみました。


風月堂
島根県松江市末次本町97
0852-21-3576
http://restaurant.gourmet.yahoo.co.jp/0005431874/007090700408039/


最後まで読んでいただきありがとうございます。
またお越しください。

ブロぐるめ! へ
posted by カイワリ at 08:09| 島根 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 1-5島根のスイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月17日

エテガレイ お刺身で初挑戦

IMG_8239.jpg

エテガレイを刺身で食べてみることにしました。

エテガレイは標準和名でソウハチといいます。

通常は、独特の脂とそのクセがあることから、干物にしておいしいお魚です。

我が家でも大好きですね。

それをお刺身とは・・・。

IMG_8241.jpg

島根県の大田市の近辺では日帰りの小型底曳き網でとれた高鮮度なカレイ(エテガレイやミズガレイ)を

刺身商材として売り出そうという取り組みが始まっています。

このエテガレイは松江市の恵曇(えとも)産なのですが、買いに行ったお店の店員さんが

「ぎりぎりですがいけますよ」とのことだったのでやってみることにしたのです。

私としては472g/840円、@178円をエテガレイに出すのはちょっと高いのでは?と

思ったのですが、「刺身にするのだから」と旦那に押し切られて買ってしまいました。

IMG_8263.jpg

捌いたのは旦那です。

新しい包丁の効果、まるでビフォーアフターですね。

うまくなったと強調しておいてくれよ、とウルサイです。

我が家は、見た目を落としてでも、できるだけ身を使い切ろうと思っています。

そういう点でもまあ努力は人を裏切らない、といったところでしょうか。

お味は、やはり独特の脂がありますが、それが個性的でおいしいです。

普通の醤油で食べてもグーですが、ポン酢に香り七味を落として食べてもそうそう負けません。

おかずにいいですね。

IMG_8245.jpg

IMG_8247.jpg

IMG_8251.jpg

IMG_8254.jpg

お店でもらったパンフレットです。

値付けの点ではまだまだ大きく改善の余地あり、またいった当日は時化だったそうで

お魚が少なかったので未知数です。

お薦めのお店とはまだ言い難いですが、もう何度かいってみようかな、という感じです。


最後まで読んでいただきありがとうございます。
またお越しください。

ブロぐるめ! へ
posted by カイワリ at 08:15| 島根 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 1-1島根の魚貝類・海藻類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月16日

ラ・クレーム デ・クレームのクッキーセット

IMG_8288.jpg

旦那がお嬢にあげたホワイトデーのお返しはラ・クレーム デ・クレームのクッキーセットでした。

撮影は喜んだお嬢によるものです。

IMG_8292.jpg

IMG_8307.jpg

IMG_8318.jpg

IMG_8304.jpg

お味はわかりませんがたぶんかなりおいしかったんだと思います。

独り占めで分けてくれませんでしたから…。


ラ・クレーム デ・クレーム  
島根県松江市学園2丁目24-1   
tel 0852-55-4743

紹介サイト 来福(RAIPOO)
http://www.sanin-chuo.jp/lady/modules/grm2/shop.php?id=539


最後まで読んでいただきありがとうございます。
またお越しください。

ブロぐるめ! へ
posted by カイワリ at 08:12| 島根 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 1-5島根のスイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月15日

マコガレイ お刺身で

IMG_7130.jpg

ちょっと古いネタを夫婦で整理中です。

ほとんどは旦那のマニアネタがお蔵入りまたはお蔵入り寸前だったりするのですが…。

今回はマコガレイです。

活け締めがされており、表示が「かれい」、ちょっとやせていたりすることもあって

「本当にマコガレイなの?」ということで置いていたものです。

IMG_7133.jpg

ぼうずコンニャクさんに見ていただき間違いないことがわかりました。

IMG_7136.jpg

今の包丁に変える前、しかも夕方に時間の無いときに旦那が「えいやぁ」とやったものです。

相変わらず下手ですネ。

でもお味は、白身なのにしっかりと主張のあるお味があり、甘みも感じられてとても良かったんですよ。

旦那はかえすがえすも「今の包丁だったら…」といいわけを言っております。

かばうならば、こんな風に画像を撮るのでなければ、これでも一応十分におかずとしては楽しめるということでしょうか。




最後まで読んでいただきありがとうございます。
またお越しください。

ブロぐるめ! へ
posted by カイワリ at 08:11| 島根 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 1-1島根の魚貝類・海藻類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月14日

王禄 超辛純米 春季限定出荷無濾過生原酒H21BY

IMG_7589.jpg

春季限定出荷の王禄超辛純米。

やはり手を出さずにはいられない。

最近、島根県のお酒がおいしくなってきている。

その様はまるで「目に見える」かのようである。

そんな中でも残念なこともある。

一部の蔵だが「超辛口」表示を安易に行っているところがあるのだ。

たしかに「超辛口」「辛口」に正式に定められた基準はない。

どう謳うかは自由といえば自由なのだが、マニア以外の一般の人の誤認をさそうような表示をすることで、よりまじめに造っている蔵の属する県全体のイメージを下げるような行為ともなりかねない。

酒造りの方針からしてもう少し真摯に取り組んでいただきたいものである、どこの蔵かは言わないが。

話を戻して、そんな伸び盛りの島根県のお酒の数々の中でも不動の地位にあると言ってよいのが王禄なのだと思う。

お酒の味から伝わってくるもの。

峻烈さ、妥協の無さ、押しの強さ、我の強さ。

そしてやはり突き詰めた純度の高さである。

その王禄がH21秋からの醸造によるお酒を今年も出してきた。

フレッシュなことこの上なし、そして味はばらばら。

味がばらばらなのは悪いことではない。

本来相応の熟成期間をおいて、たとえば次の秋などに出荷するのが本来の形。

その原型はこんなんですよ!という顔見世興行がこの春季限定出荷なのだから。

そのばらばらな味それぞれがとがっており、そしてフレッシュである。

少なくとも半年後には辛み、甘み、旨みなどの味が丸みを帯び、融合し渾然一体となって、全体としての個性を作り上げてくる。

ワタクシの好みはフレッシュ系であったりするので、あまりひねた感じは好きではない…古酒は、ひねた様子を売りにするタイプのものは特にストライクゾーンではない。

その逆に可能性を感じさせてくれる、そして未完なもの…人でもそうだがワタクシはこういうものに憧憬を感じがちだ。

ここのところ、年下の若い人々との接点が増えているワタクシである。

年長者、経験者としてアドバイスすることも多いのだが、それをものの見事に自分のものとして吸収するときの彼らを見ていると、その伸び率がワタクシよりも高いことに尊敬を感じ、また頬がゆるむ自分がいる。

このお酒も未来への想像力がかき立てられ、頬がゆるむお酒なのである。

IMG_7595.jpg

<仕込み第2号>
アルコール分/17%以上18%未満
日本酒度/+9.7
酸度/2.4
原材料名/米、米麹
精白歩合/60%
仕込み水/自然湧水 通称「黄金井戸」
杜氏名/石原丈径
製造年月/H22.1
限定本数/270本

最後まで読んでいただきありがとうございます。
またお越しください。

ブロぐるめ! へ
タグ:王禄
posted by ヤマトシジミ at 09:44| 島根 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 1-6島根のお酒・地酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月13日

大山Gビール スタウト

IMG_7163.jpg

引用ばかりしている大山Gビールシリーズ(笑)。

やはり今回のスタウトも・・・。

ウィキペディア スタウトより抜粋して引用

スタウト(stout)は、ビールのスタイルの一つで、黒くなるまでローストした大麦(モルトとは限らない)を使用し、上面発酵によって醸造されるものを指す。
日本におけるビールの分類では「濃色の麦芽を原料の一部に用い、色が濃く、香味の特に強いビール」のことで「ビールの表示に関する公正競争規約・第4条」によって定義されている。
ほとんどのスタウトの色は黒い。主にアイルランドやイギリスで作られる。
味は濃厚で、苦み・酸味とも強い。アルコール分が一般的なラガー・ビールより高いものが多い。カロリーはラガーよりも低い。名前の「スタウト」(stout)とは、「強い」という意味である。飲み方としては、そのまま飲む以外に、普通のビールに割って飲んだり、生卵を落として飲む方法がおこなわれている。代表的な銘柄には、ギネス(Guinness)がある。
(引用終わり)

やはり当社の説明の方がコンパクトでわかりやすい。

<当社HP説明より>
スタウト
数種類の焙煎麦芽由来の珈琲やチョコレートを思わせる香りや、フルーティな香りが特徴の黒ビール。しっかりとした飲み応えのあるミディアムボディの味わいです。
発酵方式:上面発酵 度数:5.5% 酵母:未ろ過(酵母有)
<引用終わり>

なんでも日本の大手メーカーのスタウト、あるいは黒ビールは下面発酵のものが大半なんだそうである。

その点では本来のやり方をきちんと押さえたビールということになろうか。

IMG_7294.jpg

さて味わってみる。

実は黒ビールがやや苦手なワタクシ。

ビールにはフレッシュさを求めるところがあるためなのだが、この大山Gビールスタウトはそのフレッシュさも強く感じられる。

ミディアムボディとあるとおりそれでいて複雑な味わいも楽しめる。

実におもしろい。

やはり今までの3つのビールと同じく、当社の説説明通りの味。

さて、大山Gビールの4つのレギュラービールを味わってみて、味から感じられるのは、かなり基本に忠実に作っておられるのではないかという印象である。

それゆえ、そして生産量が多くないことが想像されることからのコスト高、そしてこの店頭販売価格(私は525円で購入した。)。

こうした製品は極めて文化的要素の強いもの。

日本サッカーがワールドカップでベスト4に当然入れないこと、たとえば中田ヒデが熟成途中でバーンアウトしてしまったことも、サッカーというスポーツが文化的要素が強いゆえである。

文化的要素の強いものを短期間の成果をもって全てを評価するのは違うと常々思っている。

これは各地でまじめに作られているワインにも共通するのだが、さらに10年、20年、30年と経ってみて評価すべきものだと思う。

その時間の重みに耐えられるか、ファンが支えるかによって、より良く深いもの、深い味が生まれてくるのだと信じている。

IMG_7166.jpg


久米桜麦酒株式会社
鳥取県西伯郡伯耆町丸山1740-30
TEL 0859-39-8033
http://g-beer.jp/contact.html


最後まで読んでいただきありがとうございます。
またお越しください。

ブロぐるめ! へ
posted by ヤマトシジミ at 09:49| 島根 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2-4鳥取の食べ飲み物(他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月12日

いずもや あなご唐揚げ・紅天ほか

IMG_7558.jpg

地魚天ぷらといっしょに買ったいずもやさんのあなご唐揚げです。

あなごは地元仁摩産表示されています。

小型底曳き網漁で漁獲された日本海のあなご…日本海のアナゴは非常に太く、

江戸前や瀬戸内のアナゴとは趣が違います。

上品ではないのですが、ボリューム感満点ですので、天ぷらもいいのですが、

煮付けたり、唐揚げにするというのはいい方向だと思います。

がつんと来るんですよね。

これもしっかりがつんと来ますヨ。

IMG_7535.jpg

いっしょに買った紅天(べにてん)です。

浜田の赤天はB級グルメとして知名度が上がってきていますが、こちらはベニテンと呼ぶんだそうです。

味は基本的には同じ感じのものです。

おもしろいですね。

IMG_7539.jpg

ニンニクをきかせたジャガイモの揚げ物です。

これがわかりやすいというか、試食してはまって買ったものです。

なかなかキャッチーなお味というか、やられたという感じでしたネ。


出雲屋蒲鉾店・産地直送島根の旨いもん@いずもや
島根県大田市仁摩町仁万777−1
TEL 0854-88-2952(代表)
★お電話でのお問い合わせはなるべく午前中をお避けください。(午前中は製造に入っていると、折角のお電話に出られないことがあります)
http://izumoya.web.fc2.com/


最後まで読んでいただきありがとうございます。
またお越しください。

ブロぐるめ! へ
posted by カイワリ at 08:08| 島根 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 1-3島根の水産加工品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月11日

簡単!タイ風ココナッツミルクの親鶏カレー

IMG_8229.jpg

簡単に本格的っぽいカレーが作れないかなぁと思い、旦那と合作で作ってみたのがこのカレーです。

【レシピ】
親鶏         500g
ターメリック     小さじ1杯弱
レッドチリペッパー  少々
塩          塩少々

タマネギ       大玉2個
ダイコン       1/2本
鳥ミンチ       400g
トマト缶       1個
ココナッツミルク缶  2個
コリアンダー(ホール)小さじ1と1/2
クミン(ホール)   小さじ1と1/2
ニンニク(チューブ) 少々
ショウガ(〃)    少々
塩          適宜(調整)
水          100cc程度適宜

1 コリアンダーとクミンをミルで引きます。

2 鳥ミンチ、トマト缶、ココナッツミルク缶、ニンニク、ショウガ、コリアンダー、クミンを鍋に入れます。トマト缶やココナッツミルク缶を洗った少量の水も鍋に入れます。

3 鍋を中火にかけます。沸騰したら弱火にし、アクを取ります。

4 タマネギはスライサーで薄切りに(手抜きです)、ダイコンは乱切りにします。

5 薄切りにした親鶏、ターメリック、レッドチリペッパー、塩をフライパンに入れ、炒めます。炒め終わったら脂分を残して具を鍋に移します。

6 続けてタマネギを炒めます。きつね色、一部焦げ目がつくぐらいに炒めます。終わったら鍋へ。

7 最後にダイコンをフライパンで炒めます。表面に軽く焦げ目がつくぐらいに。終わったら鍋へ。

8 鍋の加熱を適度に続けて終わりです。全部で1時間ぐらい。

 ダイコンの食感を残すためには浅めに止めておくのがいいですが、これは好みです。

 トマト缶に塩分がかなりありますので、ココナッツミルクの味を大事にするなら入れすぎないように注意です。

単純ですが野菜のエキスと親鶏からのだし、ミンチからのだしが相まって優しいお味を醸し出します。

本格的っぽいカレーが苦手なお嬢もぱくぱくぱくぱく、おなかいっぱい食べてくれました。

あえて、スパイスはきかせないようにしていますが、お好みで効かせて甘辛にするのもよいと思います。


IMG_8231.jpg

業務用スーパーで88円だったココナッツミルク。


最後まで読んでいただきありがとうございます。
またお越しください。

ブロぐるめ! へ
posted by カイワリ at 08:16| 島根 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 我が家の食卓から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月10日

バイ(白バイ)味付け缶詰 で炊き込みご飯

IMG_8184.jpg

隠岐水産高校の作による白バイの味付け缶詰です。

先日の暖談食フェスタでベニガニ有志の会の炊き込みご飯が白バイでだしを取っていたことがわかり

まねをしてみたくなりました。

白バイとは標準和名でエッチュウバイのことをいいます。

刺身で食べると甘くておいしいのですが、炊き込みご飯にするのは初めてです。

バイ類は煮付けにして付きだしなどで使われますので、おおはずれは絶対無いと思いながらの挑戦です。

IMG_8185.jpg

隠岐水産高校は、このたび新入幕を果たした隠岐の海関の母校でもあります。

この缶詰には制作者の写真も写っていてかわいいですね。

青春してるのね♪という感じでほほえましいです。

IMG_8217.jpg

さて、本題の炊き込みご飯、2合のお米にそのまま缶詰を混ぜて炊いただけのものです。

一応、白バイの身は切りましたけれどね。

やはり白バイのだしは濃厚でホントーにいいです。

やや薄味好みのひとなら2合半か3合で炊いてもいいかもしれません。

白バイの身の甘みのエキスが十分にでて、甘く炊いてあるのにも負けない自己主張をしています。

おいしいですよ。


島根県立隠岐水産高校
島根県隠岐郡隠岐の島町東郷吉津2
TEL 08512-2-1526
http://www.shimanet.ed.jp/okisui/

最後まで読んでいただきありがとうございます。
またお越しください。

ブロぐるめ! へ
posted by カイワリ at 08:10| 島根 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 1-3島根の水産加工品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月09日

地魚天ぷら 島根県仁摩港の沖いわし100%使用

IMG_7549.jpg

先日の赤はぜに続き沖いわしバージョンです。

沖いわしは標準和名ではニギスといいます。

最近、ニギスの知名度は上がっていますね。

未利用魚などといいますが、とんでもない!!

こちらでは普通に食べてますよ。

IMG_7552.jpg

ニギスは旨みの強いお魚です。

はらわたのところに軽い苦みがあり、このクセで好みが分かれるかもしれませんが、

子持ちを一夜干しにして焼いたりすると、それはもうたまらないお味です。

足が速いので、都会地向けではないかもしれません。

さてこの沖いわしバージョン、骨ごとのすり身でやっておられますが、それが一番生きた

バージョンのように思います。

沖いわしの骨は柔らかいので、じゃりじゃり感もほどほどに旨みがしっかり出ていると思います。

お薦めですね。


出雲屋蒲鉾店・産地直送島根の旨いもん@いずもや
島根県大田市仁摩町仁万777−1
TEL 0854-88-2952(代表)
★お電話でのお問い合わせはなるべく午前中をお避けください。(午前中は製造に入っていると、折角のお電話に出られないことがあります)
http://izumoya.web.fc2.com/


最後まで読んでいただきありがとうございます。
またお越しください。

ブロぐるめ! へ
posted by カイワリ at 08:16| 島根 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 1-3島根の水産加工品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月08日

ごり 中海(なかうみ)産 はまりそうな珍味です

IMG_8161.jpg

旦那がいつもの街中のスーパーでみつけてきた、中海産のごりです。

一応、その日のメインディッシュは決まっていたので「迷惑な」と思ったのですが…。

IMG_8162.jpg

旦那と調べてみたのですが、種類がよくわかりません。

IMG_8165.jpg

これはビリンゴというのではないか?と思われますが自信がありません。

IMG_8168.jpg

汽水域なのでヌマチチブも結構多いらしいよ、とは旦那の知り合いのアドバイスだそうですが、

これもどの魚がそうなのか・・・?

よくごり料理といわれる料理が金沢や京都にありますが、それと同じなのでしょうか?

旦那はジュズカケハゼといわれる小さなごりやアユカケ(カマキリ)といわれるやや大きめのごり

を食べたことがあるといっています。

IMG_8169.jpg

1/3ぐらいはまだ生きていて、洗うついでに作った塩水でいけたら泳いでいました。

「本当にこんなの食べるの?」とちょっとドキドキです。

IMG_8179.jpg

大きさをできるだけそろえながら、順にあげてみました。

骨ごと食べるために、ややしっかり目にあげています。

生きているのを油に入れると瞬間暴れたりして大変でした。

お味は…実はとてもおいしかったのです。

おなか周りから極淡い苦みがありますが、身は白身の素直なお味…、

マハゼのようなほのかに少し味のあるお味だったのです。

お嬢と3人で競って食べました。

旦那にはカロリー制限を盾に途中からお預けにして2人の分を確保したほどです(笑)


最後まで読んでいただきありがとうございます。
またお越しください。

ブロぐるめ! へ
タグ:ごり
posted by カイワリ at 07:39| 島根 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 2-1鳥取の魚貝類・海藻類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月07日

地魚天ぷら 島根県仁摩港の赤はぜ100%使用

IMG_7544.jpg

いずもやさんのお店に行くことができました。

そのときに買ってきたものの1つがこの地魚天ぷら 島根県仁摩港の赤はぜ100%使用です。

過去記事からあえて引用します。

島根県仁摩港というのは大田市〜オオタシではなくオオダシと濁ります〜の石見銀山のふもとにある

港なのです。

仁摩港付近の大田市の港は小型底曳き網漁業の本拠地です。

この漁業は、底もののお魚を日帰り操業でおこなう、高鮮度なお魚を取り扱っている

ものなんだそうです。

カレイ類のなかでも鮮度落ちしやすいものまでをお刺身で提供しよう!というような

試みもされてます。

<過去記事はコチラ>
2009年10月29日 地魚天ぷら 島根県仁摩港のかれい100%使用

なお赤はぜとは標準和名でヒメジといいます。

ぼうずコンニャクの市場魚貝類図鑑 ヒメジ

島根県の大田市から少しずれて浜田では金太郎と呼んだりもするんですよ。

おもしろいですね。

さてお味は過去記事のかれいバージョンと同じで、少しじゃりじゃり感のある

じゃこ天的なすり身を使った平天です。

いわゆる無添加商品で、この「さかな、さかな」した感じがよくマッチしています。

他に買ったもの、たくさんつまみ食いさせてもらった試供品もグーでしたヨ。

IMG_7545.jpg

出雲屋蒲鉾店・産地直送島根の旨いもん@いずもや
島根県大田市仁摩町仁万777−1
TEL 0854-88-2952(代表)
★お電話でのお問い合わせはなるべく午前中をお避けください。(午前中は製造に入っていると、折角のお電話に出られないことがあります)
http://izumoya.web.fc2.com/


最後まで読んでいただきありがとうございます。
またお越しください。

ブロぐるめ! へ
posted by カイワリ at 12:48| 島根 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | 1-3島根の水産加工品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月06日

隠岐サザエの缶詰 島根県(隠岐の島)西ノ島町産で炊き込みご飯

IMG_7626.jpg

今日は痛恨のミスのお話です。

画像を紛失してしまいました(泣)

隠岐サザエの缶詰 島根県(隠岐の島)西ノ島町産で炊き込みご飯をしたのですが、

缶詰の画像を紛失しちゃったのです。

ということで JFしまね浦郷支所のHPで缶詰の画像を見てください。
http://fish.miracle.ne.jp/okiurago/

さて、2合半のご飯に缶詰のサザエを少し刻んでいれて炊くだけです。

サザエがぎっしり詰まって、しかも苦いしっぽの部分が無いから、サザエの甘みだけがしっかり出ます。

1缶1400円と超高級な缶詰ですがサザエのつまり具合からすれば、十分に納得の価格です。

滅多に買えない、缶詰なのに画像を無くしちゃうなんて…。

これは旦那にしっかり稼いでもらってまた買うしかありませんね。


最後まで読んでいただきありがとうございます。
またお越しください。

ブロぐるめ! へ
posted by カイワリ at 10:26| 島根 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 1-3島根の水産加工品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月05日

出雲国大社食品 あ!(そば・きゃべつ)と驚くおいしさです

IMG_7677.jpg

出雲国大社食品の製品の紹介が続いているが、これはもっとも変わり種かも。

ここの本当にいいものは下記のリンク。

こだわり商品
http://www.syokuhin.jp/kodawari.htm

製品原料にこだわり…というとこだわった結果、バランスがばらばらという商品もよく見かける。

そのそれぞれの原料の特色を生かし切れず、デメリットだけを目立たせてしまうこともあるのだ。

そうではなく、バランスを取って…となると、必要なのはセンスとセンスをこれでもかこれでもかと突き詰めることが重要ではなかろうか?

こだわり商品の中にはあご100%のあご野焼きなど魅力的な商品がいっぱい。

ある試食会でいっぱい試食したのだが(笑)、その風味や食感などはこのメーカーが「どうやりたい」のかがまさに伝わってくる様な商品であり、とても印象的だった。

入手次第紹介したいと思う。

その一方で、この商品「あ!」なのである。

決して無添加ではない。

でもそれもある意味意図したものではなかろうか?

遊び心満点、やや薄味のお好み焼きのような味付けなのである。

この味、前述のこだわり商品一群とは好対照。

まことにまことにお行儀の悪い味なのだがおもしろおいしい。

こちらも図に乗って少し焼きを入れ、オリバーソースのどろソースをちょっとかけて食べた。

これはビールにある。

浜田の赤天のように地元B級グルメとしても発展できるものではないか?

だまされたと思って(たぶんだますことになると思うのだが<笑>)食べて見ませんか?

IMG_7678.jpg


株式会社出雲国大社食品
島根県出雲市大社町杵築北3004番
TEL (0853) 53-2125
http://www.syokuhin.jp/


最後まで読んでいただきありがとうございます。
またお越しください。

ブロぐるめ! へ
posted by ヤマトシジミ at 08:14| 島根 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | 1-3島根の水産加工品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月04日

やっぱり大好きなダルマなのです

IMG_8131.jpg

ここのところ、まとまって獲れているような様子のダルマです。

標準和名はメダイなのですが、ぎょろっとしただるまさんのような目つきからついた

名前のダルマに愛着があります。

お値段も580円/954g、@60は愛着のわくお値段です。

IMG_8140.jpg

これをお刺身にしました。

あらは旦那が毎日食べている野菜中心の鍋のだしに直行です。

少し特有の臭いもあるので、鍋は味噌仕立てに変えたんですよね。

IMG_8157.jpg

翌日も半身をお刺身にしました。

三枚おろしまでは包丁の「試し切りがしたい」と息巻く旦那が、その後は私がやってます。

やはり2日目の方がしっとり感が強く、ダルマの脂の良さが生きてるような感じがしますね。

おいしくいただきました。


最後まで読んでいただきありがとうございます。
またお越しください。

ブロぐるめ! へ
posted by カイワリ at 08:11| 島根 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 1-1島根の魚貝類・海藻類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月03日

シェブラン 桜ロール

IMG_7609.jpg

シェブランさんの桜ロールです。

結婚記念日だったかな?に買いました。

いいんです、記念日よりもだんご(ケーキ)。

口実が大事なのです。

IMG_7613.jpg

シェブランさんのホームページを見ると、

(以下引用)
スポンジとクリームにほんのりと桜の風味をつけました。
ふわふわであっさりとしたちょっぴり和風の味わいです。
(引用終わり)

と書いてあります。

桜餅をイメージされているんでしょうか?

たしかに風味がほんのり、特に桜葉の塩漬けがうまくマッチしています。

IMG_7617.jpg

あまりにふわふわでうまく切れませんでしたが、そのふわふわ感がたまりませんね。

一足早い春っぽいスイーツで、この日は「ロールケーキ記念日」に変更となりました。


シェブラン本店
島根県松江市東津田町1198−4
0852−22−8555
http://chez-blanche.com/index.html


最後まで読んでいただきありがとうございます。
またお越しください。

ブロぐるめ! へ
posted by カイワリ at 08:07| 島根 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 1-5島根のスイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月02日

出雲国大社食品 野菜天

IMG_7685.jpg

旦那が持ち帰った出雲国大社食品さんの野菜天です。

この記事、旦那が書きたがっていたのですが、私が書くことにしました。

出雲国大社食品さんは無添加にこだわる食品もあれば、普段使い用の野菜天など、

バランスよくいろいろと作っておられる会社のようです。

とくにタマネギのしゃきしゃき感と甘みが目立つ安心して食べられるお味です。

やはりこれも松江市内のスーパーでゲットできるようになったらよいのに…と感じました。

旦那が言うには、あご野焼きもいいお味をしておられるようですが、私はまだ食べたことがありません。

たべたいなあ。


IMG_7688.jpg


株式会社出雲国大社食品
島根県出雲市大社町杵築北3004番
TEL (0853) 53-2125
http://www.syokuhin.jp/

最後まで読んでいただきありがとうございます。
またお越しください。

ブロぐるめ! へ
posted by カイワリ at 08:11| 島根 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 1-3島根の水産加工品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月01日

マサバのお刺身 

IMG_7728.jpg

包丁を新調した記念にちょっと奮発してお刺身用のマサバです。

576g/880円、@152円は安い買い物ではありませんが、最初から

2日分に分けようという魂胆ですから、この半額という計算です。

IMG_7735.jpg

山陰、島根半島の沖付近のマサバは、この冬から春にかけての脂ののりがよい感じなのです。

中骨とりにちょっと失敗しましたが(捌いたのは「切りたい〜」といっていた旦那です。)

それでも身割れなく、よい感じで捌けています。

IMG_7738.jpg

断面はこんな感じです。

ほんとにとろっとした脂が乗っていて、おいしくいただけました。

旦那は減量中なので、私とお嬢で大半を食べたんですよ。

残りの半身はしめ鯖にして寝かして食べました。

お刺身もしめ鯖も甲乙付けがたく、おいしいものでした。


最後まで読んでいただきありがとうございます。
またお越しください。

ブロぐるめ! へ
posted by カイワリ at 08:11| 島根 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 1-1島根の魚貝類・海藻類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。