2009年04月30日

強火炒り煎茶だんだん 島根県産一番茶使用

090427dandan.jpg 090427dandan (1).jpg 090427dandan (2).jpg
● クリックすると拡大

旦那が穴子天重といっしょに買ってきたのが、ペットボトルのお茶でした。

よく見ると、なんと島根県産じゃありませんか?

へぇ〜、こんなのあるんだ!!とビックリです。

強火炒り煎茶とありますが、なんとなくほうじ茶っぽいです。

お茶の区分は勉強不足でわかりません。

茶三代一さんのホームページの商品案内でみると、どうやら違うようです。

(以下引用)
強火で焙煎することにより香りを高く引き出し、コクのあるすっきりとした味に仕上げました。原料茶葉には島根県推奨のエコロジー茶(減農薬栽培)を使用しております。
(引用終わり)

ペットボトルから引用しました。

たしかに香り高くて、すっきりとした味です。

ペットボトルのお茶としては、これはかなりいいですね。

私は気に入りました。

これもファミリーマートでは島根か中四国限定なんでしょうか?

今度県外に出た時に調べてみたいですね。

株式会社 茶三代一
島根県出雲市長浜町729−6
出雲長浜中核工業団地内
TEL0120-97-9233
http://www.chasandai.co.jp/cgi-bin/index.cgi

最後まで読んでいただきありがとうございます。
島根(山陰)の食のPRにつなげていきたくて2つのブログランキングに参加しています。
今回の記事があなたにとって  なら、
ランキングバナー(ボタン)または携帯の方はその下のリンクを
2つポチっとクリックして投票  お願いします。
ランキングがあがると、ブログを訪れてくれる方が増えます。
banner_02.gif       にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
人気ブログランキングへ   にほんブログ村 今日食べたものへ
※バナークリックは24時間に1回まで可能です。1週間の合計クリック数でランキングが決まります。
posted by カイワリ at 07:21| Comment(0) | 1-7島根の地水・地茶など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月29日

穴子天重 島根県浜田産穴子使用

090330anagotenju.jpg
●クリックすると拡大

アナゴと言えば本場は瀬戸内ということになるのかもしれませんが、

日本海側では野太い大アナゴがとれます。

これがおいしいんですね。

<過去記事はコチラ>
2009年02月22日 煮立てアナゴとアナゴの煮こごり
http://oisi-nandarone.seesaa.net/article/114623731.html

旦那が見つけてきたファミリーマートのお弁当は「島根県浜田産」の表示があります。

旦那はこの製造元の会社を知っていたらしく、食べる前から「これがいけるんだよ。」と言ってます。

製造元は、株式会社中村水産さんです。

ぼうずコンニャク御大も紹介されています。

ぼうずコンニャクのお魚三昧日記
2009年01月21日 島根県浜田市『中村水産』の穴子丼
http://uma-i.seesaa.net/article/112931247.html

090330anagotenju (1).jpg
●クリックすると拡大

中の様子はこんな感じです。

旦那とお嬢とちょっとずつシェアして食べました。

あっ、ホント、ふっくらしていてなかなかいけます。

コンビニ弁当なので、とやかく言うのもなんでしょうが、これならおいしいといってよいでしょう。

それでもぶつぶつ言っている旦那は「もともとのはもっとおいしいはずなんだけどな」

などと言ってます。

こういうのを「無粋」というのでしょうもうやだ〜(悲しい顔)

ファミリーマートさんの記事では
http://www.family.co.jp/company/news_releases/2009/090319_2.html

中四国限定(4月20日までふらふら)なんですね。

いいところに目をつけられたものです。

これに関してこだわりとんかつ弁当は食べられませんでした。

ほかに、おもしろいものも一緒に買ってきたので順にご紹介しますね。


株式会社中村水産
島根県浜田市原井町3050番33
TEL 0855-22-8001 
http://www12.ocn.ne.jp/~nakafish/

最後まで読んでいただきありがとうございます。
島根(山陰)の食のPRにつなげていきたくて2つのブログランキングに参加しています。
今回の記事があなたにとって  なら、
ランキングバナー(ボタン)または携帯の方はその下のリンクを
2つポチっとクリックして投票  お願いします。
ランキングがあがると、ブログを訪れてくれる方が増えます。
banner_02.gif       にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
人気ブログランキングへ   にほんブログ村 今日食べたものへ
※バナークリックは24時間に1回まで可能です。1週間の合計クリック数でランキングが決まります。
posted by カイワリ at 08:54| Comment(5) | 1-1島根の魚貝類・海藻類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月28日

こんどこそマルアジですよね

090420maruaji.jpg
● クリックすると拡大

いつもの町中のスーパーで「ムロアジ」と表示されたアジを見つけました。

348g/201円、@58円はハズレだったとしても当然買いですネ。

<過去記事はこちら>
2008年04月09日 アオアジ、やっと発見!
http://oisi-nandarone.seesaa.net/article/92752680.html#comment

このとき、魚に詳しいウエカツ水産さんからこんなコメントをいただいたんです。

(以下引用)
さて,ムロアジないし近縁のマルアジとの違いですが,ムロの仲間は,今回の写真で見るよりも,おしなべて体の断面がゴマサバのごとく円形に近く,背はもっと鮮やかな金属光沢のある青で,新鮮なものは体側に刷毛でサッとはいたような,黄みがかった虹色の帯があります。そして決め手は,尾びれの前に,上下一対の小さなチョビ髭のように分離したヒレ,「離鰭」を持っている点です。
私がここ4年間境港で見る限り,ムロアジは獲れていないようですが,マルアジは,時々混じりで見ることがあります。
が,いずれもスーパーに並ぶ段階で刺身になるような肉質は維持できていません。同じ鮮度でも,そのような肉質のアジなのです。
(引用終わり)

ぼうずコンニャクの市場魚貝類図鑑 マルアジ
http://www.zukan-bouz.com/aji/muroaji/maruaji.html

(以下引用)
断面が丸く身体がほっそりしている。ゼンゴ(楯鱗)は身体の後方だけにあり、第二背鰭と尾鰭、尻鰭と尾鰭の間に離鰭(独立した鰭)がある。マアジよりもやや青味かかる。
(引用終わり)

090420maruaji (1).jpg
● クリックすると拡大

離鰭(独立した鰭)についてはこんな感じです。

今度こそ間違いなく標準和名マルアジ、こちら島根ではアオアジなのではないかと思います。

鮮度は、ウエカツ水産さんのご指摘とは違って、とてもいいみたい。

確認は十分にできませんでしたが、島根半島の定置網「しまね定置もん」に

混じって「とれたもん」のようで体表面の色合いにくすみが見られません。

島根半島の定置網「しまね定置もん」は、殺菌冷海水を使って取れたてを急速に締めるので

大量に漁獲する取り方としては、かなり鮮度がよいものなんです。

一本釣りで一匹一匹締めたものにはかないませんけどね。

090420maruaji (2).jpg
● クリックすると拡大

さて「お刺身用」とお墨付きもあることですから、当然お刺身です。

捌いているときから、包丁にべっとりと脂が付いてきます。

写真でもわかるかもしれませんが、身はピンとして、食感はややこりっとした感じです。

やはり脂が乗って、濃厚な感じ、血合いの臭みもなくこれで201円は大当たりといって良いでしょう。

しかし、これだけ血合いが多いと、ちょっとでも鮮度が悪いとサバであたったりするようなのと

同じ事が出るかもしれませんね。

鮮度抜群のを見つけることができれば、これは買いです。

試してみてくださいね。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
島根(山陰)の食のPRにつなげていきたくて2つのブログランキングに参加しています。
今回の記事があなたにとって  なら、
ランキングバナー(ボタン)または携帯の方はその下のリンクを
2つポチっとクリックして投票  お願いします。
ランキングがあがると、ブログを訪れてくれる方が増えます。
banner_02.gif       にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
人気ブログランキングへ   にほんブログ村 今日食べたものへ
※バナークリックは24時間に1回まで可能です。1週間の合計クリック数でランキングが決まります。
posted by カイワリ at 07:52| Comment(2) | 1-1島根の魚貝類・海藻類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月27日

ブルーピーターの薫製チーズ

090213cheese.jpg
● クリックすると拡大

パソコンの新台入れ替え〜こんないい方をするとパチンコ店のようだが私は全くパチンコをしない〜

に悪戦苦闘し、やっとで7割方データなどが移行できたところ。

まだまだ当分バタバタしそうだ。

そのデータ整理をしていて出てきたのがこの画像。

島根・松江の隠れた名店、ブルーピーターの手作り薫製チーズなのだ。

ブルーピーターは、ほんの先日FATCOWさんとでらほーや君とで訪れたのだが、

この約20年、何度行ってもサプライズのある店でもある。

090213cheese (1).jpg
● クリックすると拡大

もうずっと前、客の引けた時間に寄って遅くまでマスターとやったとき、マスターが

「はい、おみやげ。特にうまくできたんだよね。」

といって、渡してくれたもの。

マスターはあまり覚えてないらしいのだが、なぜだかそれはヒミツとしておこう。

チップは微妙に変えていると聞いたことがあるが、これは桜のチップか?

お嬢が引き当てた「百年の孤独」をちびりでやる。

演奏で言えば、即興演奏のような軽やかさとセンスを味わえる一品を出す店、

これが私のこの店に対するイメージである。

あまり流行って欲しくない店、静かな店でいて欲しい店であるが、お礼に記事としてご紹介する。


※マスターがたばこ好きなので、たばこ嫌いの方には勧めない店。

スナック・ブルーピーター
島根県松江市東本町 1-80 スカイポート80ビル 2F
電話 0852(27)6787
http://www.mable.ne.jp/~bluepeter/index.html
→スカイポート80ビルは有名店「海鮮料理鶴丸」に隣接
【「海鮮料理鶴丸」をキーワードにYahoo!検索、地図あり】
http://gourmet.yahoo.co.jp/0005436322/

最後まで読んでいただきありがとうございます。
島根(山陰)の食のPRにつなげていきたくて2つのブログランキングに参加しています。
今回の記事があなたにとって  なら、
ランキングバナー(ボタン)または携帯の方はその下のリンクを
2つポチっとクリックして投票  お願いします。
ランキングがあがると、ブログを訪れてくれる方が増えます。
banner_02.gif       にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
人気ブログランキングへ   にほんブログ村 今日食べたものへ
※バナークリックは24時間に1回まで可能です。1週間の合計クリック数でランキングが決まります。
posted by ヤマトシジミ at 07:57| Comment(0) | 1-A島根のお店を食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月26日

巨人 大鵬 おでん庄助

090330shousuke.jpg 090330shousuke (1).jpg
●クリックすると拡大

松江大橋南詰(南のたもと)にあるおでん屋といえば庄助。

松江おでん定番中の定番と言ってよい店だろう。

とても流行っている店でもあり、以前は古〜いおでん屋らしい建物だったのだが、

今は立派な建物になっている。

090330shousuke (2).jpg
●クリックすると拡大

閉店間際に入ったので、おでん鍋はがらがら。

お店のおかあさんにも「開店直後じゃなくちゃ絵にならんよ。」

そう言われたのだが、いかに流行っているのかが分かる絵として一応アップ。

090330shousuke (3).jpg
●クリックすると拡大

まずは、イワシのつみれ、しいたけ、えりんぎ。

イワシのつみれは「魚団」とはよんでないそう…。

出雲弁でいうと「わ(我)の勝手」という言葉があるのだが、めいめいがマイペースでいる様を表す。

松江おでんの店は、それぞれが個性を持ち、こだわりを持っているのだが、

共通の特性を出そうとしない。

まさに「わ(我)の勝手」なのである。

それもまた良しなどと一人合点したりする。

090330shousuke (4).jpg
●クリックすると拡大

エノキ、豆腐ハンバーグ。

「豆腐つみれじゃないの?」と聞くと、

「いんや、豆腐ハンバーグって呼んでるんです。」

こんな所も根強いオールドファンがいる源泉となっているんだろう。

味付けは、それこそ松江らしい甘めの味付け。

みりんかな、砂糖も少々あるかな、それとも松江の甘めの濃口醤油の蓄積かな?と考えてしまった。

濃厚なしょうゆくささはやはり松江おでん。

キノコ類がふんだんにあったのがこの日の特徴で、ソーセージも食べたかったのだが

梯子酒ということもあり、断念。

お酒は隠岐誉を冷やのコップ酒で。

これで、2名で2000円弱。

外は市内では有名な大橋川南詰の桜が咲き乱れていた。


庄助
島根県松江市八軒屋町16
0852-21-4238
【「松江 庄助」をキーワードにYahoo!検索、地図あり】
http://search.yahoo.co.jp/search?p=%E6%9D%BE%E6%B1%9F%E3%80%80%E3%81%8A%E3%81%A7%E3%82%93%E3%80%80%E5%BA%84%E5%8A%A9&ei=UTF-8&fr=top_ga1_sa&x=wrt

最後まで読んでいただきありがとうございます。
島根(山陰)の食のPRにつなげていきたくて2つのブログランキングに参加しています。
今回の記事があなたにとって  なら、
ランキングバナー(ボタン)または携帯の方はその下のリンクを
2つポチっとクリックして投票  お願いします。
ランキングがあがると、ブログを訪れてくれる方が増えます。
banner_02.gif       にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
人気ブログランキングへ   にほんブログ村 今日食べたものへ
※バナークリックは24時間に1回まで可能です。1週間の合計クリック数でランキングが決まります。
posted by ヤマトシジミ at 23:59| Comment(4) | 1-B松江おでん探求 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月25日

臨時休止のお知らせ

パソコン入れ替え作業のため、更新に支障がでる可能性大です。

御理解の程、よろしくお願い致します。

取り急ぎ。



最後まで読んでいただきありがとうございます。
島根(山陰)の食のPRにつなげていきたくて2つのブログランキングに参加しています。
今回の記事があなたにとって  なら、
ランキングバナー(ボタン)または携帯の方はその下のリンクを
2つポチっとクリックして投票  お願いします。
ランキングがあがると、ブログを訪れてくれる方が増えます。
banner_02.gif       にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
人気ブログランキングへ   にほんブログ村 今日食べたものへ
※バナークリックは24時間に1回まで可能です。1週間の合計クリック数でランキングが決まります。
posted by ヤマトシジミ at 21:15| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月24日

鰆(サワラ)を2つの食べ方で

090414sawara.jpg
● クリックすると拡大

鰆(サワラ)は魚へんに春と書きます・・・というのは言い古された入りかかもしれません。

名前のとおり、春に食べておきたい魚の一つであるのは間違いありませんよね。

サワラは標準和名で、こちら島根でもサワラと言います。

今回のサイズは558g。

普通はこういう小さいものはサゴシといいます。

サワラが本当においしくなるサイズは3kg以上だとある掲示板に書かれていたのを見ました。

この掲示板は、いつもお世話になっているぼうずコンニャクさんを「御大」と呼ぶ

お魚マニアのみなさんの掲示板なんですよね。

市場でお買い物掲示板
http://csi.or.tv/tsukiji/kb/rb.cgi

558g/480円、@86円は我が家にとってはうれしいお値段です。

3kg以上のものも清水の舞台から飛び降りたつもりで買って食べてみたいのですが、

単価も断然高いでしょうから、そういうことをしていると本当に清水の舞台から飛び降りなきゃ

ならなくなるかもしれません。

これでいいのだ!、です。

090414sawara (1).jpg
● クリックすると拡大

今回も2日に分けて食べました。

私もさほど上手ではありませんが、旦那よりは小ましな画像になっていると思います。

まずは、霜皮造りです。

サワラは皮目のところがおいしいので、ここをどうするかがポイントですね。

バーナーであぶり、凍らせてあるクールパック(保冷材)〜ケーキやシュークリームの持ち帰りでもらえるアレです〜

をたくさん使い、裏表を覆ってしっかり冷やします。

氷水につけて水をしっかり拭き取って・・・というのが通常の方法ですが、

この方が水っぽくならずにすむように思い、最近はこの方法でやってます。

サゴシサイズで脂の乗りは控えめとは言っても、皮をあぶるとそれなりによいものです。

香りもいい感じがしますね。

090414sawara (2).jpg
● クリックすると拡大

今回どうしてもやりたかったのが、2日目の酢締めです。

初日に締めてしまうのですが、しめ鯖とやり方は一緒です。

塩を今回は1時間、酢:水=1:1(ちょっと節約モードです)としたもので

塩を洗い流し、その後酢に漬けます。

お嬢がいることもあり、我が家ではすし酢を使います。

ちらし寿司も好きなので業務用ボトルを買ってあるのでコストは安いです。

普通は、甘〜くすし酢:酢=1:1にすることが多いのですが、今回は旦那と話をして

すし酢:酢=1:3と抑えめにしてみました。

酢はしっかり目に3時間つけ、その後酢を切ってラップでくるんで冷やしておきました。

これは、おいしい!!です。

240円のおいしさもありますが、本当においしいです。

サワラのメッカ岡山で、サワラの酢締め、サワラの棒寿司などがあるのを

旦那が出張で見つけ、2人でやってみたいなと思っていたこと、やっとできた感じです。

こんな春・・・我が家的には楽しいですょ。


最後まで読んでいただきありがとうございます。
島根(山陰)の食のPRにつなげていきたくて2つのブログランキングに参加しています。
今回の記事があなたにとって  なら、
ランキングバナー(ボタン)または携帯の方はその下のリンクを
2つポチっとクリックして投票  お願いします。
ランキングがあがると、ブログを訪れてくれる方が増えます。
banner_02.gif       にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
人気ブログランキングへ   にほんブログ村 今日食べたものへ
※バナークリックは24時間に1回まで可能です。1週間の合計クリック数でランキングが決まります。
タグ: サワラ
posted by カイワリ at 08:06| Comment(0) | 1-1島根の魚貝類・海藻類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月23日

アスパラガスが生えてくれました

090413 (4).jpg 090413 (5).jpg
● クリックすると拡大

私も旦那もなんだかバタバタした日が続いています。

特に旦那のばたばたが続いています。

一つ一つのことはたいしたことないはずなんですけど、土日に空きがないんです。

おかげで畑や庭の作業が全くできていません。

特にシーズンはじめは旦那の計画だのみですから、わたしだけでやりにくいところもあるんですよね。

でも冒頭の写真のとおりの草ぼうぼう、落ち葉だらけの中からアスパラガスの立派なのが

生えてくれました。

今年で6年連続です。

090413 (6).jpg
● クリックすると拡大

さっとゆがいて「初物」をいただきます。

旦那が塩で食べたいというのを振り切って、マヨネーズをかけちゃいました。

残念ながら、お嬢向けにこの味付けなんです。

旦那はふくれていましたが・・・。

お味はさすがは取りたて、甘みの強さはほの甘いなんて程度ではありません。

今年は本格的な作業開始が1ヶ月以上遅れていますが、なんとか今週末にはスタートできるかもしれません。

良いものは期待できませんが、ちょっとずつでもやらねば・・・というところですね。


最後まで読んでいただきありがとうございます。
島根(山陰)の食のPRにつなげていきたくて2つのブログランキングに参加しています。
今回の記事があなたにとって  なら、
ランキングバナー(ボタン)または携帯の方はその下のリンクを
2つポチっとクリックして投票  お願いします。
ランキングがあがると、ブログを訪れてくれる方が増えます。
banner_02.gif       にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
人気ブログランキングへ   にほんブログ村 今日食べたものへ
※バナークリックは24時間に1回まで可能です。1週間の合計クリック数でランキングが決まります。
posted by カイワリ at 07:55| Comment(0) | 1-2島根の野菜・果物・畜産物など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月22日

真鯛はやっぱり真鯛、です。

090413 (9).jpg
● クリックすると拡大

チコ鯛につづいては、王様マダイです。

マダイはこちら島根でもマダイと呼びます。

一応、押さえで乗せておきましょうか?

ぼうずコンニャクの市場魚貝類図鑑 マダイ
http://www.zukan-bouz.com/suzuki2/taika/tai.html

ぼうずコンニャクの寿司図鑑 春日子酢じめ 春日子生 のお寿司
http://www.zukan-bouz.com/zkanb/susizukan/02/03.html

マダイ、チダイ(チコ鯛)、キダイ(レンコ鯛)の小さなのは、春日子(かすご)と

江戸前などでは呼ばれるそうです。

こういうのもおいしそうですね。

さらに、少し過ぎましたがこの時期のマダイなどは、桜鯛とも呼ばれるんだそうです。

旬の季節なんですね。

ところで旬の季節にはたくさん取れる魚というのもよくあります。

そのせいでしょうか、なんとマダイが479g/169円、@98円は

超格安といっても良いのではないでしょうか?

この鯛の値段に“釣られて”買ったのが正直なところで、記事の内容は今慌てて考えたものなんですもうやだ〜(悲しい顔)

090413 (10).jpg
● クリックすると拡大

やっぱり、やっぱりお刺身にしました。

鮮度が抜群なこともあり、身の崩れもなく、しっかりしています。

それにさすがはマダイ、基本といっても良いくらいの白身の旨みがあります。

あとは、「坂の上から」そらさんにコメントをいただいた、鯛めしや鯛茶漬けなど

色々やってみたいですね。


最後まで読んでいただきありがとうございます。
島根(山陰)の食のPRにつなげていきたくて2つのブログランキングに参加しています。
今回の記事があなたにとって  なら、
ランキングバナー(ボタン)または携帯の方はその下のリンクを
2つポチっとクリックして投票  お願いします。
ランキングがあがると、ブログを訪れてくれる方が増えます。
banner_02.gif       にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
人気ブログランキングへ   にほんブログ村 今日食べたものへ
※バナークリックは24時間に1回まで可能です。1週間の合計クリック数でランキングが決まります。
タグ:真鯛 マダイ
posted by カイワリ at 08:06| Comment(2) | 1-1島根の魚貝類・海藻類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月21日

チコ鯛 そういえば食べてませんでした

090322chiko.jpg
● クリックすると拡大

島根での呼び名チコ鯛、標準和名チダイです。

旦那が「今年はカレイ類を食べるぞ〜」と言っていた一方で、こんなベーシックなお魚を

アップしていなかったことに気がつきました。

程良いサイズの塩焼きは結婚式の定番・・・最近は減ってきたようですが、私が結婚したころまでは

そうだったような気がします。

ぼうずコンニャクの市場魚貝類図鑑 チダイ
http://www.zukan-bouz.com/suzuki2/taika/tidai.html

この図鑑によると、そっくりなチダイとマダイの見分け方も出ています。

<チダイ>
1/鰓ぶたの後ろが筋状に赤く血がにじんだように見える
2/尾ビレのいちばん後ろ側の縁が黒く縁取りされない。尾ビレは薄い赤色で一色だけ
<マダイ>
1/鰓ぶたの後ろが筋状に赤く血がにじんだようになる場合もあるが小さい、もしくはない。
2/尾ビレのいちばん後ろ側の縁が黒く縁取りされる

チダイの「鰓ぶたの後ろが筋状に赤く血がにじんだように見える」のは名前の由来でもあるんですね。

松江駅の高架下にある「魚心」さんで購入しました。

330g/500円、約@150円です。

端落としのおまけをしてくださったからなので、ちょっとお得な気分です。

090322chiko (1).jpg
● クリックすると拡大

旦那が「やっぱり刺身」というので刺身にしました。

いつもいつも変化がなくてすみません。

さすがは鯛、脂もほどよく乗っていておいしいですね。

ぼうずコンニャクさんの図鑑をみると少し水っぽいとありますが、マダイはもう少ししまってましたっけ?

これは比べて見ねば・・・、という感じです。

図鑑の中の記事を見ると、酢との相性が良いとのことです。

これはレンコダイ(キダイ)でもそうなのですが、酢を使った食べ方もしてみたいですね。

今後の楽しみも再確認できた一品(一魚)でした。


最後まで読んでいただきありがとうございます。
島根(山陰)の食のPRにつなげていきたくて2つのブログランキングに参加しています。
今回の記事があなたにとって  なら、
ランキングバナー(ボタン)または携帯の方はその下のリンクを
2つポチっとクリックして投票  お願いします。
ランキングがあがると、ブログを訪れてくれる方が増えます。
banner_02.gif       にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
人気ブログランキングへ   にほんブログ村 今日食べたものへ
※バナークリックは24時間に1回まで可能です。1週間の合計クリック数でランキングが決まります。
posted by カイワリ at 07:58| Comment(2) | 1-1島根の魚貝類・海藻類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月20日

京おつけもの 村上重本店

京都のおつけものと言えば定番中の定番です。

以前、友達から教えてもらったお店に行ってみました。

090322murakamisige (3).jpg
● クリックすると拡大

四条河原町阪急百貨店の裏の方の路地を入っていきます。

090322murakamisige (2).jpg
● クリックすると拡大

お店の正面はこんな感じです。

090322murakamisige (5).jpg 090322murakamisige (4).jpg 090322murakamisige (6).jpg
● クリックすると拡大

お店の中の様子です。

090322murakamisige (7).jpg 090322murakamisige (8).jpg 090322murakamisige (9).jpg
● クリックすると拡大

品揃えを見ると目でも楽しませてくれるのは、さすが京都でしょうか?

090322murakamisige (10).jpg 090322murakamisige (11).jpg 090322murakamisige (12).jpg
● クリックすると拡大

まだまだありますぇ。

090322murakamisige (13).jpg 090322murakamisige (14).jpg 090322murakamisige (15).jpg
● クリックすると拡大

京都駅とかにあるおみやげコーナーなどでは売っていないことが多いんですよね。

090322murakamisige (16).jpg
● クリックすると拡大

四季のラインナップはこんな感じです。

090322murakamisige (17).jpg 090322murakamisige (18).jpg
● クリックすると拡大

腰掛けるスペースもあり、桜茶を振る舞っていただけます。

090322murakamisige (35).jpg 090322murakamisige (37).jpg
● クリックすると拡大

商品名は「桜しのぶ」です。趣がありますね。

090322murakamisige (20).jpg 090322murakamisige (21).jpg 090322murakamisige (23).jpg 090322murakamisige (22).jpg 090322murakamisige (19).jpg
● クリックすると拡大

こんな感じの包装やパンフも私好みです。

090322murakamisige (27).jpg 090322murakamisige (26).jpg 090322murakamisige (33).jpg
● クリックすると拡大

さくら漬けです。

調味料も入っていますが、いたって自然な感じです。

090322murakamisige (30).jpg 090322murakamisige (31).jpg 090322murakamisige (34).jpg
● クリックすると拡大

日野菜の昆布漬けです。

今回、桜漬けとともに日野菜を2種類買ったのは、津田かぶと比べてみたかったからでもあります。

上品な漬け方ですね。

090322murakamisige (24).jpg 090322murakamisige (25).jpg 090322murakamisige (32).jpg
● クリックすると拡大

京壬生菜です。

塩だけで漬けたもので、作為が感じられず、もっともこの店の特色が出ている感じがします。

090322murakamisige (28).jpg 090322murakamisige (29).jpg 090322murakamisige (1).jpg
● クリックすると拡大

茄子のぶぶ漬けです。

名前からして京都らしい感じでおもしろいですね。

このお店、お客さんもひっきりなしに来られていました。

四季折々のものを味わいたいなというお味です。

また行きたいな。
  
昨年度末で終わったNHKの連続テレビ小説だんだんの舞台は、京都と松江でした。

松江は、京都のような、「個性の出し方」をもっと工夫してみては?などと思ったのでした。


村上重本店
京都市下京区西木屋町四条下る船頭町190番地
電話:075-351-1737
http://www.murakamijyuhonten.co.jp/

最後まで読んでいただきありがとうございます。
島根(山陰)の食のPRにつなげていきたくて2つのブログランキングに参加しています。
今回の記事があなたにとって  なら、
ランキングバナー(ボタン)または携帯の方はその下のリンクを
2つポチっとクリックして投票  お願いします。
ランキングがあがると、ブログを訪れてくれる方が増えます。
banner_02.gif       にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
人気ブログランキングへ   にほんブログ村 今日食べたものへ
※バナークリックは24時間に1回まで可能です。1週間の合計クリック数でランキングが決まります。
posted by カイワリ at 08:07| Comment(4) | 日本各地の食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月18日

京都 嵯峨野 森嘉の豆乳

090322morika (4).jpg
● クリックすると拡大

用事があって、京都に行くことがありました。

私が関西出身、旦那もいろいろな関わりがあって、関西方面に行くことが結構あります。

特に京都が多いかな?

また久しぶりに食べたくなって、近くはなかったのですが京都、嵯峨野の森嘉に寄ってみました。

あいかわらず、フツーに行列しています。

<過去記事はこちら>
2008年06月13日 京都の嵯峨豆腐 森嘉
http://oisi-nandarone.seesaa.net/article/100360376.html

090322morika (3).jpg
● クリックすると拡大

やっぱりお豆腐は外せませんね。

090322morika (2).jpg
● クリックすると拡大

薄揚げもやっぱり外せず、代わり映えのないものになってしまいました。

でも、それだけいいんですよねわーい(嬉しい顔)

090322morika (1).jpg
● クリックすると拡大

さて、今回の本題である豆乳です。

メニューには出ていません。

それになんと、量り売りなのです。

こういう形で売っているのを知らなかったので、お茶を飲み終えたペットボトルを洗ってもらって

入れてもらいました。

お値段は正確には忘れたのですが、計1Lで840円だったと思います。

この豆乳のお味はびっくりそのもの!!

豆腐でさえ、大豆の味と香りが満載なのに、豆乳になると・・・、もう言葉にできないレベルです。

豆乳なのに、官能的・・・ってあり得ない表現かもしれませんが、その奥にある味まで

味わい尽くしたくなるような魅力があります。

それに湯葉もちょびっと入っていたりして、お得な感じです。

また関西、京都にいくのが楽しみになりました。

もちろん機会を見つけて森嘉にGO!です。


最後まで読んでいただきありがとうございます。
島根(山陰)の食のPRにつなげていきたくて2つのブログランキングに参加しています。
今回の記事があなたにとって  なら、
ランキングバナー(ボタン)または携帯の方はその下のリンクを
2つポチっとクリックして投票  お願いします。
ランキングがあがると、ブログを訪れてくれる方が増えます。
banner_02.gif       にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
人気ブログランキングへ   にほんブログ村 今日食べたものへ
※バナークリックは24時間に1回まで可能です。1週間の合計クリック数でランキングが決まります。
タグ:森嘉
posted by カイワリ at 07:58| Comment(1) | 日本各地の食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月17日

まるべりー&マルベリーのラスク2種類

090413.jpg 090413 (1).jpg
● クリックすると拡大

旦那がひょんな事で見つけて買ってきてくれたのが、このまるべりー&マルベリーのラスク2種類です。

まるべりー(マルベリ−)さんは、結構地元では定番、というか定評のあるパン屋さんだと言ってもいいでしょう。

そういえば、我が家のもっとも好きで身近に思っているパン屋さんを紹介していないことに気がつきました。

ここもおいしいんですけど、またいずれご紹介しますね。

さて1つ目のラスクは、

かぼちゃ、ごま、くるみ、レーズン、よもぎ が入っています。

色もかわいらしいのですが、味もバラエティに富んでいてなんだか楽しくなります。

一袋100g135円です。

090413 (2).jpg 090413 (3).jpg
● クリックすると拡大

2つ目のラスクは、

ごま、かぼちゃ、さつまいも、ブルーベリー、チーズ、黒豆、くるみ

が入ってます。

色合いは1つ目のようなバラエティはないのですが、味わいはかなり複雑な楽しみがあります。

1袋80g110円です。

私は1つ目に軍配、旦那は2つとも甲乙つけがたいと引き分け、

意外なことにお嬢は「甘くないのでおいしくない」なんだそうです。

う〜ん、このおいしさ、まだまだ子どもにはわからないのか、それともやはり育て方を誤ったのかもうやだ〜(悲しい顔)

旦那は「大人向き、ちょい通向きということでいいんじゃないの?」と

相変わらず無責任でいい加減なことを言ってます。

念のため、実際にはほんのりとした甘みは十分にありますよ。

まるべりー(マルベリー)さんは、他のパンもなかなかのものばかりですので、

見つけたら食べてみられるといですよ。


社会福祉法人 桑友 まるべりー松江
島根県松江市天神町93
TEL0852-60-1858
社会福祉法人 桑友 マルベリー工房
島根県簸川郡斐川町大字学頭1625-4 
TEL 0853-72-7200   
http://www.soyu.or.jp/mulberry/index.html

最後まで読んでいただきありがとうございます。
島根(山陰)の食のPRにつなげていきたくて2つのブログランキングに参加しています。
今回の記事があなたにとって  なら、
ランキングバナー(ボタン)または携帯の方はその下のリンクを
2つポチっとクリックして投票  お願いします。
ランキングがあがると、ブログを訪れてくれる方が増えます。
banner_02.gif       にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
人気ブログランキングへ   にほんブログ村 今日食べたものへ
※バナークリックは24時間に1回まで可能です。1週間の合計クリック数でランキングが決まります。
posted by カイワリ at 07:53| Comment(2) | 1-4島根の水産以外の加工品など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月16日

brug43さんにインスパイアされ

>ヤマトシジミさん
>質問です。
>こういうミイラみたいな、とても人の食い物と思えないものをあなた方日本人、
>いや出雲人は食いますね〜。私だってこういうもの、昔はよく食いました。大好きでしたから。
>でも、いまは食えません。歯が悪くなっているから・・。いえ、そうじゃなく、
>こんなものが絶対に買えない地域に住んでいるからです。諦めていますから、別に腹は立ちません。
>それはそうと、いまぼうずコンニャクさんのサイトを覗いたら、アゴ野焼きなんてのを
>持ち出して出雲人に何か申してますね。
>いまから35年ほど前のことなのですが、出雲大社の前くらいで、このアゴ野焼きの
>竹串の抜いてない竹輪をいただきました。
>焼く前の竹輪がコンロの横に置いてありました。それを見て思わずハミングしたのが
>大黒様のメロディ〜でした。
>近いうちに、私の近所には極太の蒲の穂がニョキニョキと出てきます。出てすぐの
>オランダの蒲の穂は、その焼く前の竹輪にそっくりです。
>この蒲の穂綿が出てくる「因幡の白ウサギ」って出雲民話ですね?
>そちらにも極太の蒲の穂があるのでしょうか?
>はい、まわりくどくて申し訳ありませんが、
>これが質問です。^^。
>Posted by brug43 at 2009年04月15日

brug43は私よりもおそらく2回り以上の大先輩。

コメント欄であれば当然、丁寧語でお返しするのだが、本文なのでそうした点の非礼を

あらかじめお詫びしておく。

まずは力の入った、そして興趣のあるコメントにお礼を申し述べるとともに、

昨晩あわてて調べた直球でないであろう回答をさせていただく。

まずは、こちらに極太の蒲の穂があるのか?

極太どころか、蒲の穂はなかなか見つからなくなってきている、これが正直なところであり、

生け花として活けていたり、たまに見つけたりすると子どもの頃を思い出し、なんだかうれしく懐かしくなる。

子どもの頃、たとえばある登り窯の近くの土置き場に蒲の穂が生えていて、そこでよく遊んだなあとか、

そこには日本ザリガニがいたなあとか、そんな想い出があるのだ。

どこにあるか思い浮かばないのでネットで調べてみると、こんなところに写真がある。

みっかみの旅しましょ 白兎神社
http://sky.geocities.jp/mikka_boo_zoo/tottori/1_tottori_hakuto.htm

白兎神社は鳥取県・因幡の国にある神社なのだが、当時の出雲の国の勢力圏の広さを

物語っているのかな?などとも感じる。

蒲の穂とかまぼこ、brug43さんのコメントでそういえば・・・と思いだした話がある。

<以下引用>
「かまぼこ」の語源
かまぼこという名の由来を紐解いてみると、室町時代の文献「宗五大双紙(そうこおうぞうし)」(伊勢貞頼入道宗五著/大永8年:1528年)に、「かまぼこはなまず本なり、蒲の穂を似せたるものなり・・・」の記述があり、魚類のすり身を竹の棒に巻きつけて炭火であぶり焼きしたもので、その形状は日本最古のかまぼこの図を見ても分かるように、今の竹輪(ちくわ)に近かったようです。
<引用終わり>
上野屋蒲鉾店のHPより
島根県大田市静間町311
0854-84-8121
http://www.e-sutokama.com/kamaboko/type.html
 →おもしろい記述がいっぱいある。

さらに、
>いまから35年ほど前のことなのですが、出雲大社の前くらいで、このアゴ野焼きの
>竹串の抜いてない竹輪をいただきました。

にあたるのは、こんな画像かな。

http://agonoyaki.com/seizou.htm
田儀屋蒲鉾店 のHPより
島根県出雲市大社町宇龍48
TEL 0853-54-5218
 →ここはボクまだ未食だけど、思い当たることがあって、食べたいと数年前から思っている蒲鉾店。

だいたいこんな感じでとりとめもなくつらつらと。

<野焼きの過去記事>
2009年01月07日
青山商店炭火焼きあご野焼き 今年の正月の大ヒット! 
http://oisi-nandarone.seesaa.net/article/112264382.html

2009年01月12日
無添加炭焼きのやき 青山商店(1)
http://oisi-nandarone.seesaa.net/article/112521138.html

2009年01月12日
無添加炭焼きのやき 青山商店(2)
http://oisi-nandarone.seesaa.net/article/112521057.html

現時点での我が家のベストオブベストはココ。

さてbrug43さん以外の方にも・・・

松江に観光に来られた際は、新装リニューアルした島根物産観光館(松江城すぐ近く)に行かれるとよい。

かなり多種の野焼きをわりとじっくり試食可能。

その上で自分のお好みのものをお買い求めになってはいかがだろう?

これだけでも結構、島根の野焼き通になれるかも!?


最後まで読んでいただきありがとうございます。
島根(山陰)の食のPRにつなげていきたくて2つのブログランキングに参加しています。
今回の記事があなたにとって  なら、
ランキングバナー(ボタン)または携帯の方はその下のリンクを
2つポチっとクリックして投票  お願いします。
ランキングがあがると、ブログを訪れてくれる方が増えます。
banner_02.gif       にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
人気ブログランキングへ   にほんブログ村 今日食べたものへ
※バナークリックは24時間に1回まで可能です。1週間の合計クリック数でランキングが決まります。
posted by ヤマトシジミ at 08:08| Comment(2) | おいしいってなんだろね? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月15日

ナダメバル お刺身と煮付けのはずが(汗)

090413nadamebaru.jpg
● クリックすると拡大

旦那が境港のスーパー、ユニサンで見つけてきたナダメバルです。

ナダメバルは、標準和名はメバルです。

オキメバル(ウスメバル)と区別するためにナダメバルと呼ばれているんだと思います。

また詳しいことは割愛しますが、メバルは3種類に細かく分類される方向で専門の学者さんたちが

話し合われているようです。


ぼうずコンニャクの市場魚貝類図鑑
赤メバル(メバル)
http://www.zukan-bouz.com/kasago/mebaru02/mebaruaka.html
黒メバル(メバル)
http://www.zukan-bouz.com/kasago/mebaru02/mebarukuro.html
白メバル(メバル)
http://www.zukan-bouz.com/kasago/mebaru02/mebarusiro.html

さて今回のは、白メバルなんでしょうか?

(つっこみお待ちしておりまするんるん

色は黒ではないでしょうが、赤味があると言えばありますし、全体に白っぽいといえば

白っぽい感じがします。

正確な見分け方は胸びれの筋の数を数えることだそうなんですけれど、

スーパーでそれはできませんから見かけの判別でなんとかならないかなと思っています。

090413nadamebaru (1).jpg
● クリックすると拡大

パックには煮付け用と書いてありましたが、まずはやっぱりお刺身です。

店員さんにたずねたところ、今朝水揚げのものだから、大丈夫ですよ、

煮付けと書いてあるのは「メバルと言えば煮付け」だから、とのことだったそうです。

白身ならではの旨みだけではなく、身のプルップルッ、もちっもちっとした食感がいいですね。

ところで、片身を煮付けにしたのですが写真取り忘れです。

最近旦那も私も、おいしいものを目の前にするとそうしたミスを連発してしまいます。

特においしいものに感じるときに限ってミスが増えるような・・・、なんだかそんな魔力があるのかもしれません。

「言葉にできないおいしさ」  というのはよく言いますが、

「写真にできないおいしさ」  というものもこの世に存在するのかもしれませんね。


最後まで読んでいただきありがとうございます。
島根(山陰)の食のPRにつなげていきたくて2つのブログランキングに参加しています。
今回の記事があなたにとって  なら、
ランキングバナー(ボタン)または携帯の方はその下のリンクを
2つポチっとクリックして投票  お願いします。
ランキングがあがると、ブログを訪れてくれる方が増えます。
banner_02.gif       にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
人気ブログランキングへ   にほんブログ村 今日食べたものへ
※バナークリックは24時間に1回まで可能です。1週間の合計クリック数でランキングが決まります。
posted by カイワリ at 07:58| Comment(2) | 2-1鳥取の魚貝類・海藻類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月14日

ゆうれいの干物じゃないですよ、ドギの干物

090413dogi (1).jpg
● クリックすると拡大

旦那が「ゆうれいの干物だよぉ」とうれしそうに帰ってきました。

何かな?とみるとゲゲゲの鬼太郎(え〜と、カラーVer.1)に出てくる霊魂〜口から出てきたりするアレですね〜

を干物にしたようにも確かに見えなくもありません。

早速あぶってみました。

090413dogi.jpg
● クリックすると拡大

バリバリとしていて、旨みがかなり強いですね。

これはどちらかといえば、旦那にとってのお酒のお供向きです。

さてこの正体は、地元名でドギです。

標準和名でノロゲンゲ、北陸の方ではミズウオと言ったりもするみたいです。

ぼうずコンニャクの市場魚貝類図鑑 ノロゲンゲ
http://www.zukan-bouz.com/suzuki/gengeamoku/genge/genge.html

これは生でも見つけて料理してみたいお魚ですね。

旦那がこのドギの干物を見つけたのは、泉屋商店さんです。

泉屋商店さんの記事は最近ご無沙汰でしたが、魚心さんは泉屋商店さんの姉妹店なので

そういう点であまり久しぶりという感覚はないのですが・・・。
http://etomo-izumiya.com/tenpo/tenpo.html

泉屋商店さんは鮮魚の記事ばかりだったと思いますが、干物も地元で有名なお店です。

こういうお魚を干物にされているところがとてもいいですね。


泉屋商店
島根県松江市鹿島町恵曇港
TEL:0852-82-0015/0056
http://etomo-izumiya.com/


最後まで読んでいただきありがとうございます。
島根(山陰)の食のPRにつなげていきたくて2つのブログランキングに参加しています。
今回の記事があなたにとって  なら、
ランキングバナー(ボタン)または携帯の方はその下のリンクを
2つポチっとクリックして投票  お願いします。
ランキングがあがると、ブログを訪れてくれる方が増えます。
banner_02.gif       にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
人気ブログランキングへ   にほんブログ村 今日食べたものへ
※バナークリックは24時間に1回まで可能です。1週間の合計クリック数でランキングが決まります。

posted by カイワリ at 07:55| Comment(3) | 1-3島根の水産加工品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月13日

境港ミニ旅行番外編(追記)〜ル・ポトフ(Le Pot-au-feu)4

090412potofu.jpg
● クリックすると拡大

境港ミニ旅行は終わったのだが、どうしてもやり残したことがある気がして、あらためてちょこっと訪問。

それはウエカツ水産さんがこれしか食べないというミートソースを味わってみること。

早速オーダーしてみたのが冒頭の写真。

オムレツのミートソースがけが絶品な事もあり(なぜ知ってるかはヒミツ。)、悪いわけがない。

090412potofu (2).jpg
● クリックすると拡大

やっぱりいいのが、ガーリックトースト。

090412potofu (1).jpg
● クリックすると拡大

さらに、すごかったのがコールスローサラダ。

こっそりと「今日は1日経過でコンディションがいいんです。」と教えてもらった・・・。

というか、企業秘密!?これ書いてもいいんだろうか?

なじみ具合と、歯ごたえのバランスが絶妙。

090412potofu (3).jpg
● クリックすると拡大

デザート・・・メモを忘れて名前が思い出せない・・・不覚。

さて、底辺に流れる共通項はより確信を持つものとなったのだが、それは、またもや内緒に。

話変わって、店の名前のポトフとは、ざっとこんな感じ。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ポトフ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9D%E3%83%88%E3%83%95
<以下引用>
ポトフ(仏:pot-au-feu、ポトフーとも)は、フランスの家庭料理のひとつ。 「火にかけた鍋」の意味。
牛肉や鶏肉、ソーセージなどの肉類と、大きく荒く切ったニンジン、タマネギ、カブ、セロリなどの野菜類を、長時間かけてじっくり煮込んだ料理。ドイツ料理でいうアイントプフは、これのドイツ版。
スープは食塩、香辛料(コショウ、ハーブ等)などで味を調え、肉や野菜は食べやすい大きさに切ってからマスタードを添え、それぞれ別皿に盛って提供する。
スープ、野菜、肉をそれぞれ別々に食べることから、現在のフランス料理の原点ともされている料理である。
<引用終わり>

雪花の郷(しぇーほあのさと)水木しげるロード店でもその幅の広さが垣間見えたのだが、

欧風家庭料理ということで、一見何気ない料理と味付けに「見せかけつつ」

じっくり味わうと「ただごとならぬ」なにかを感じさせる料理を出してくれるのが

ル・ポトフ(Le Pot-au-feu)の最大のおもしろさ、おいしさなのかもしれない。

機会を見つけてまた訪れたいな。


ル・ポトフ(Le Pot-au-feu)
鳥取県境港市湊町70
電話 0859-44-6665
11:00〜15:00 夜は予約制
【「境港 ル・ポトフ」をキーワードにYahoo!検索、地図あり】
http://search.yahoo.co.jp/search?p=%E5%A2%83%E6%B8%AF%E3%80%80%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%9D%E3%83%88%E3%83%95+&ei=UTF-8&fr=slv1-adbe&x=wrt


最後まで読んでいただきありがとうございます。
島根(山陰)の食のPRにつなげていきたくて2つのブログランキングに参加しています。
今回の記事があなたにとって  なら、
ランキングバナー(ボタン)または携帯の方はその下のリンクを
2つポチっとクリックして投票  お願いします。
ランキングがあがると、ブログを訪れてくれる方が増えます。
banner_02.gif       にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
人気ブログランキングへ   にほんブログ村 今日食べたものへ
※バナークリックは24時間に1回まで可能です。1週間の合計クリック数でランキングが決まります。

posted by ヤマトシジミ at 08:03| Comment(0) | 2-A鳥取のお店を食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月12日

くつろぎのかに粥〜雪花の郷(しぇーほあのさと)水木しげるロード店(2)

090323yukihana (6).jpg 090323yukihana (5).jpg
● クリックすると拡大

境港ミニ旅行の最終回。

雪花の郷(しぇーほあのさと)水木しげるロード店でテイクアウトしたくつろぎのかに粥について。

まずは、文末のホームページからの引用。

<以下引用>
雪花の郷は冷たいだけじゃありません!
境港名産のカニをたっぷり使ったオリジナルメニューは
体も気持ちもほっこりするあったか仕上げです♪

くつろぎのかに粥 びっくりするぐらい本格的な味
雪花の郷店長の友人、山本シェフ(欧風レストラン ル・ポトフ)とのコラボレーションで生まれたメニュー。
山本シェフには、水木ロード店のオリジナルソースも作っていただいてます♪♪
「ただのカニぞうすいでしょ。」と思うなかれ!!
山本シェフが境港の蟹と秘密のレシピで作った濃厚カニスープは、口に入れたとたん磯の香りと蟹の味がひろがります。雪花の郷、この冬一押しメニューです★
<引用終わり>

カニと書いてあるが、原料はベニズワイガニ。

地元ではベニガニと呼ばれているもの。

見た目以上に中から、中からベニガニの身が出てくる、出てくる。

ボリューム感がすごい。

漬物と一緒についているカニ味噌の扱いをどうするかだが、途中から点々と乗せて食べてみた。

磯の香りというよりも、ベニガニの味噌の風味でより一層濃厚な味が迫って来るという感じ。

テイクアウトでなく、きちんとした器で食べたらもっとおいしいかもしれない。

何度でも食べたくなる味だった。

境港ミニ旅行、といっても食べ物の話ばかりだけどこれでひとまず終了。

雪花の郷 水木しげるロード店
鳥取県境港市本町19  
TEL:0859-42-3122
営業時間 9:30〜17:30(火曜休業、祝日の場合は翌日休みます)
http://www.sakaiminatouo.jp/shop3.html


最後まで読んでいただきありがとうございます。
島根(山陰)の食のPRにつなげていきたくて2つのブログランキングに参加しています。
今回の記事があなたにとって  なら、
ランキングバナー(ボタン)または携帯の方はその下のリンクを
2つポチっとクリックして投票  お願いします。
ランキングがあがると、ブログを訪れてくれる方が増えます。
banner_02.gif       にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
人気ブログランキングへ   にほんブログ村 今日食べたものへ
※バナークリックは24時間に1回まで可能です。1週間の合計クリック数でランキングが決まります。
posted by ヤマトシジミ at 16:37| Comment(2) | 2-A鳥取のお店を食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月11日

雪花冰(しぇーほぁぴん)〜雪花の郷(しぇーほあのさと)水木しげるロード店(1)

090323yukihana.jpg 090323yukihana (7).jpg 090323yukihana (1).jpg
● クリックすると拡大

境港ミニ旅行の最終章です。

ほんの半日の話をこんなにだらだらと書き連ねてしまって・・・。

私達にとってはそれだけ濃〜い体験だったのですが、それがお伝えできているのやらどうやら・・・。

欧風料理ル・ポトフ(Le Pot-au-feu)のシェフ、山本さんが帰り際に「しぇーほあのさとって知ってますか?」

「はっ?」

「しぇーほあのさとです。雪・花・の郷って書きます。知ってますか?」

「知りましぇん・・・。」

「独特のアイスクリームがすごくおいしいんですよ。」

「へぇ〜!グッド(上向き矢印)るんるんぴかぴか(新しい)ひらめき

→→→わたしとお嬢の目が怪しく輝いたの言うまでもありませんわーい(嬉しい顔)

だって、ル・ポトフ(Le Pot-au-feu)の山本さんがおいしいって言われるんですもの・・・。

当然別腹だしぃ〜。

今度はウエカツ水産さんが、

「あそこのアイスはよぉ、山ちゃんがプロデュースした境港限定のだから間違いねぇ。それとよぉ、あそこのベニガニのおかゆも山ちゃんプロデュースの本物だぜぇ、これがよぉ。」

→→→今度は旦那の眼が鈍くまがまがしい光を放ちました。

「いこか!」総員異議なしです。

ということで、冒頭の写真は雪花の郷(しぇーほあのさと)水木しげるロード店さんの店先の写真です。

090323yukihana (3).jpg
● クリックすると拡大

これがメニューです。

アイスクリームの名は雪花冰(しぇーほぁぴん)といいます。

http://www.e-chanoma.net/xuehuabing/index.html
<以下引用>
かき氷でもない、ソフトクリームでもない、
まったく新しいデザート「雪花冰(しぇーほぁぴん)」。
食べた人はみんな「初めての食感!」と声をあげます。何ともいえないなめらかさ、デリケートな口当たりは、とても文字だけでは語れないので、食べてみてのお楽しみ、なのですが、あえて例えるなら、それはふんわりとお皿に積もった「上品な雪」。遠い昔の恋のような、どこか懐かしい味がします。一口、二口と食べるごとに、微笑みがこぼれる。雪花冰を口にする人の顔は、まるで雪解けのあとの春のよう。とてもステキなのです。削りあがったその瞬間が、一番の食べごろ。お口に運んでいる間だけは、何もかも忘れて、そのフワフワ感に身をゆだねてみて下さい。
<引用終わり>

境港オリジナルメニューに「伽羅の風」と「恋のなやみ」の2つがあります。

もちろん2つともチャレンジです。

090323yukihana (4).jpg
● クリックすると拡大

まずは「伽羅の風」です。

「甘さ控えめキャラメルソースとアーモンドパウダー」

「ちょっぴりほろ苦いキャラメルソースは男性の方にもオススメです」

というふれ込みです。

アイスクリームをかなりの低温にして、かき氷のような薄いスライス状にした感じに思えます。

確かに他にはない新食感ですね。

このキャラメルは!!!

ル・ポトフ(Le Pot-au-feu)の山本さんの生キャラメルですね。

090323yukihana (2).jpg
● クリックすると拡大

お次は「恋のなやみ」です。

「鳥取県特産の甘酸っぱい梨ソース」

「地元のレストランとのコラボレーションで生まれた自慢の梨ソースです」

というふれ込みです。

これもいいソースですね。

ほとんどをお嬢と私で食べちゃいました。

いつもながら、長くなったのでつづきはまた。

最終回は旦那になりそうですが、手短にね。

雪花の郷 水木しげるロード店
鳥取県境港市本町19  
TEL:0859-42-3122
営業時間 9:30〜17:30(火曜休業、祝日の場合は翌日休みます)
http://www.sakaiminatouo.jp/shop3.html

最後まで読んでいただきありがとうございます。
島根(山陰)の食のPRにつなげていきたくて2つのブログランキングに参加しています。
今回の記事があなたにとって  なら、
ランキングバナー(ボタン)または携帯の方はその下のリンクを
2つポチっとクリックして投票  お願いします。
ランキングがあがると、ブログを訪れてくれる方が増えます。
banner_02.gif       にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
人気ブログランキングへ   にほんブログ村 今日食べたものへ
※バナークリックは24時間に1回まで可能です。1週間の合計クリック数でランキングが決まります。
posted by カイワリ at 10:29| Comment(2) | 2-A鳥取のお店を食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月10日

子持ちヤリイカな今日この頃 

090310komochiyari.jpg
● クリックすると拡大

こちら島根の地元名はテナシイカ、標準和名はヤリイカのお話しです。

ケンサキイカのような、長く伸びた手がないことからテナシイカの呼び名で親しまれています。

写真をご覧いただければわかるとおり、「3月9日食べたもの」です。

参加しているブログランキング、にほんブログ村の「今日食べたもの」からすると、

看板に偽りありの状態が続いていますねふらふら

少しペースアップしてどんどんと手持ちのお話しを出していかねばねば、です。

ヤリイカで最も簡単な料理といえば、焼くだけのものです。

さっとあらって、水を切り、そのまま焼き、そのあと切り付けるだけ・・・、私の大好きな食べ方です。

090310komochiyari (1).jpg
● クリックすると拡大

さて焼いてみたら・・・卵が本格的に入っているのは一番大きいのだけ・・・がく〜(落胆した顔)、残念無念ですもうやだ〜(悲しい顔)

帰りの遅い旦那にあげました。

旦那は「ええっ、ボクに残してくれたの。珍しいっ!!」ですって。

失礼しちゃいますちっ(怒った顔)

実は子持ちじゃなくても十分おいしかったんですよ。

旦那はちょろりとお醤油を垂らして食べてましたが、そのままでもいけます。

さて、なんで思い出したかのように子持ちヤリイカを出したかというと、

ことしはまだまだ子持ちヤリイカが出回っているんです。

シーズン終盤なのは間違いないでしょうから、当たりはずれはあると思いますが、

ハズレならハズレでもそれなりに大丈夫です。

おいしいですよ。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
島根(山陰)の食のPRにつなげていきたくて2つのブログランキングに参加しています。
今回の記事があなたにとって  なら、
ランキングバナー(ボタン)または携帯の方はその下のリンクを
2つポチっとクリックして投票  お願いします。
ランキングがあがると、ブログを訪れてくれる方が増えます。
banner_02.gif       にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
人気ブログランキングへ   にほんブログ村 今日食べたものへ
※バナークリックは24時間に1回まで可能です。1週間の合計クリック数でランキングが決まります。
タグ:ヤリイカ
posted by カイワリ at 07:59| Comment(4) | 1-1島根の魚貝類・海藻類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月09日

サクラマスの香草焼き(プロヴァンス風?)

090406sakuramasu.JPG
● クリックすると拡大

ます 島根半島沖産と表示されたお魚を見つけました。

この時期に捕れるマスと言えば「サクラマス」ですね。

たぶん間違いないと思います。

この店の感じだと、しまね定置もんで獲れたサクラマスでしょうか?

090406sakuramasu (1).JPG
● クリックすると拡大

頭の方から写してみました。

マスですねぇわーい(嬉しい顔)

お外では食べたことあるのですが、おうちでは初めてなのです。

450g/891円、@198円は我が家としてはごちそうです。

それでも季節のものですからね、これは食べなきゃ!

ちなみにサクラマスとは

ぼうずコンニャクの市場魚貝類図鑑 サクラマス
http://www.zukan-bouz.com/sake/sakuramasu/sakuramasu.html

旦那は「刺身で食べたい」と駄々をこねていましたが、却下しました。

というのも、リンクのページにあるとおり、ルイベにするならまだしも、寄生虫の問題があるからです。

というわけで、加熱することになりました。

090406sakuramasu (2).JPG
● クリックすると拡大

塩、コショーと小麦粉、オリーブオイルでムニエルにしました。

香草は・・・、GABANのエルブドプロヴァンス使用です。

ちょっと効かせすぎ(かけすぎ)なのですが、最近ヒノキの花粉が飛んでいるらしく、

体調の悪い旦那のためにこのようにしました。

ハーブは花粉症によいと聞きますし、これなら、鼻づまりの旦那もわかりますので。

GABANのエルブドプロヴァンス
http://www.gaban.co.jp/catalog/product/ms/ld_provence.html

(説明)
タイム、セイジ、ローズマリー、フェンネルを混合したスパイス。プロヴァンス地方(南仏)のハーブという意味で、魚貝類のフランス料理に使用する。

このハーブがとても便利で、お魚やお肉の上物などで、シンプルにでも香りでアクセントをつけたいな、

なんてときにお手軽に料理がワンランクアップするのです。

まあ、これを使ったからプロヴァンス風?というのは少々強引なお話しですが、お許し下さいふらふら

でも実際の話、香草の香りと、サクラマスの身のお味がバランス良く、おいしくいただきました。

このサクラマスはサイズが小さいので、脂の乗りは当然それなりですが、

養殖の鮭(例えばチリ銀)に味覚のなれている私達にとっては、「澄んだ味」といえるような

健康的なおいしさでした。

また脂の乗りが少なかったせいか、身の旨みをかえって堪能できたように思います。

オリーブオイルで脂分を補ったこと、香りをぶつけ合ってみたことも正解でしたね。

さて、こちら島根では桜が満開から散り始めています。

晴天と微風が続いており、桜の花びらが風に舞って散る様子が数日楽しめています。

こうした時期のサクラマス、しっかりいただきました。

ごちそうさまでした。


最後まで読んでいただきありがとうございます。
島根(山陰)の食のPRにつなげていきたくて2つのブログランキングに参加しています。
今回の記事があなたにとって  なら、
ランキングバナー(ボタン)または携帯の方はその下のリンクを
2つポチっとクリックして投票  お願いします。
ランキングがあがると、ブログを訪れてくれる方が増えます。
banner_02.gif       にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
人気ブログランキングへ   にほんブログ村 今日食べたものへ
※バナークリックは24時間に1回まで可能です。1週間の合計クリック数でランキングが決まります。

posted by カイワリ at 08:00| Comment(0) | 1-1島根の魚貝類・海藻類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月08日

カタクチイワシ(2) 塩炒りで

090309katakuchi (3).JPG
● クリックすると拡大

前回はカタクチイワシ(タレクチ)のお刺身という、ちょっとデンジャラスなものをご紹介しました。

このカタクチイワシは、他にもセグロ(イワシ)という呼び方があるそうですね。

前回のは、写真の通りほんのちょっとだけしか食べていません。

今回は残りのカタクチイワシを使った本命の料理、塩炒りです。

まずこの塩炒りには、すごく新鮮なカタクチイワシしか向きません。

シンプルな料理だけに素材の差が出やすいのです。

そういう点では、鳥取県境港あるいは島根県に向いた料理といえるかもしれませんね。

この塩炒りは旦那が金沢に出張したときに出てきた料理をもとにアレンジしました。

私も興味があったので、旦那の横で手伝いながら作ったものです。

味付けは・・・酒塩です。

酒塩といえば、リンクしているひがたんさんのブログでも紹介されていましたね。

ひがたんちの食卓 2009-03-10 便利な自家製調味料
http://blog.goo.ne.jp/higatan_nene/e/5ebf6a88506bc04eb2d3cdbf8adaca0d

我が家の場合は、酒塩は作り置きせずにやっています。

あとでご紹介する作り方は正確には「酒塩煮」→炒るというやり方です。

「酒塩煮」は、まあ、すき焼きの酒塩バージョンと考えてもらうと違和感がなくなるかも知れませんね。

広島県酒造組合
http://www.hirosake.or.jp/jiten/jiten-2/index.html

<材料>
カタクチイワシ 350g
酒        80cc
水        80cc(酒だけでやる手もあります)
塩       小さじ2杯(塩辛目なので調節して下さい)
酢       お好みで
大根      5cm長

<作り方>
1.カタクチイワシの頭を包丁で落としながらはらわたも一緒に指で引っこ抜く。
  包丁は背中側から、背骨を落として腹側を1/3残すような感じで。
  あとは手指でやっちゃいましょう。
2.水をちょろちょろ流しながら、腹を洗う。
 (この際、歯ブラシなどで徹底して洗うとなおよい。)
3.酒と水に塩を溶かす。
4.カタクチイワシと3.の酒・水・塩を鍋に入れ火にかける。
5.焦げ付かないようにしながら、水気を飛ばし、火を止める。
6.ダイコンをおろして皿に盛りつける。
7.食べる直前に酢をお好みでかけるとなおよし。
  皿に直接かけて、そのままならしてもおいしいですよ。

写真ではカタクチイワシが隠れないようにおろしダイコンを上品めに盛りつけましたが、

もっとどかっとカタクチイワシがおぼれるくらいにかけた方が、強めの塩加減と相まっておいしくなります。

私は酢をかけずに食べる方がお好みでしたが、旦那は酢のかけたて、あるいはなれたものが

味わいが深くなる、といっています。

この料理は保存性もよく、値段も格安です!!

(セールの時には100円ちょっとで何食分かできますからねわーい(嬉しい顔)

酒塩の効果で臭みも全くなく、かといってカタクチイワシの特徴である青魚の旨みも全く逃げずに

ダイレクトに来てくれます。

簡単ですし、ごはんもお酒もすすみます。

これはお勧めですよ!!


最後まで読んでいただきありがとうございます。
島根(山陰)の食のPRにつなげていきたくて2つのブログランキングに参加しています。
今回の記事があなたにとって  なら、
ランキングバナー(ボタン)または携帯の方はその下のリンクを
2つポチっとクリックして投票  お願いします。
ランキングがあがると、ブログを訪れてくれる方が増えます。
banner_02.gif       にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
人気ブログランキングへ   にほんブログ村 今日食べたものへ
※バナークリックは24時間に1回まで可能です。1週間の合計クリック数でランキングが決まります。
posted by カイワリ at 07:54| Comment(4) | 2-1鳥取の魚貝類・海藻類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月07日

カタクチイワシ(1) お刺身で

090309katakuchi.JPG
● クリックすると拡大

カタクチイワシ、旦那が境港のスーパー、ユニサンで見つけて来ました。

436g/218円、@50円でした。

たったこれだけの買い物なのに、お願いしたら発泡スチロールと↓の写真のものをくれたそうです。

090309katakuchi (2).JPG
● クリックすると拡大

そう、梱包用のテープです。

それにしても境港もいいひと、いいお店が多いですねハートたち(複数ハート)

お魚についても詳しく教えてくれる店員さんがいたそうで、旦那は大変喜んでました。

そういう店員さんがいるお店で「刺身用」と書いてあったものを買ってきました。

お客さんもどんどん買い込んでいったそうです。

さすが!!境港の方は違和感なく、食べられるのですね。

私も境港ミニ旅行の時に寄ってみたのですが、確かにひと味違った魚などもおいてあり、

ここもおもしろいお店だなと思いました。

090309katakuchi (1).JPG
● クリックすると拡大

さて、このカタクチイワシ、こちらではタレクチとも言ったりしますが、

標準和名はカタクチイワシです。

 ※詳しくはリンクのウエカツ水産さんのブログをご覧下さい。
 ウエカツ水産総本舗 カタクチの恩恵 2008年04月08日
 http://ueka2007.naturum.ne.jp/e479213.html

この時期のものとしては、外洋性のもので巻き網船団がとって帰ります。

この巻き網船団の大半は島根県隠岐の船籍のものです。

島根県隠岐の船籍の船が鳥取県の境港に水揚げをする、まさにウエカツ水産さんのいうとおり、

境港は「境」の港なのですね。

境港の水揚げの過半数は島根県船籍の水揚げによるもので、その点では鳥取・島根両県の

入会地といっても良いのかもしれません。

さて、相変わらず旦那の料理の動機は不純の固まりです。

梱包用のテープでピーッと格好良くやりたかったようですが、結果は写真のとおりですふらふら

実はこの外洋性のカタクチイワシは、銀のところがあたったり、寄生虫アニサキスがいたりで

刺身で食べるのは一般的にお勧めできません。

リスク覚悟で、ちょっとだけ食べたというのが実際のところです。

(お嬢には食べさせていません。)

でも、とろっとした脂が乗っていておいしかったのも事実です。

しっかりした店員さんの人柄もあり信じてよかった・・・、というのが本当のところですね。


最後まで読んでいただきありがとうございます。
島根(山陰)の食のPRにつなげていきたくて2つのブログランキングに参加しています。
今回の記事があなたにとって  なら、
ランキングバナー(ボタン)または携帯の方はその下のリンクを
2つポチっとクリックして投票  お願いします。
ランキングがあがると、ブログを訪れてくれる方が増えます。
banner_02.gif       にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
人気ブログランキングへ   にほんブログ村 今日食べたものへ
※バナークリックは24時間に1回まで可能です。1週間の合計クリック数でランキングが決まります。
posted by カイワリ at 07:59| Comment(0) | 2-1鳥取の魚貝類・海藻類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月06日

ル・ポトフ(Le Pot-au-feu)でランチ その3

090323rupotofu.jpg
● クリックすると拡大

ル・ポトフ(Le Pot-au-feu)の外観。

境港市役所から、北方向にちょっと入ったところにある。

090323rupotofu (2).jpg
● クリックすると拡大

店内の様子は落ち着いた雰囲気。

090323rupotofu (6).jpg
● クリックすると拡大

カイワリのオーダー、子羊のソテー丼。

カイワリは「パスタにすればよかったぁ。」と言ってたが、なんのなんの。

これ、ナイスチョイスだよ。

このソテーも、キーマカレーソース、カルボナーラに続いて底辺に流れる共通項を味わうことになった。

また子羊のソテーのさらっとしつつ、丁寧な調理加減だけでなく、

敷いてある菊菜などの鮮烈な香りとの対比が心憎い。

これもシェアしておいてよかった・・・。

090323rupotofu (5).jpg
● クリックすると拡大

ガーリックトーストはアルミホイルでの蒸し焼きがなされており、ガーリックオイル、バターの効いた逸品。

ここまで来ると共通項がなんなのか、もう既におわかりかもしれないのだが、あえて文字にはしないでおく(笑)。

このガーリックトーストがあるから、パスタはランチでオーダーすべきだ。

小食な方も、残りをアルミホイルに包み直して持ち帰ればよい。

090323rupotofu (9).jpg 090323rupotofu (7).jpg
● クリックすると拡大

コーヒーとキャラメルトースト。

あっ、キャラメルってこういう風に使うためのものだったんだ。

<過去記事はコチラ>
2009年01月29日 ル・ポトフ(境港)の生キャラメル
http://oisi-nandarone.seesaa.net/article/113331015.html

ル・ポトフ(Le Pot-au-feu)との出会いがちょっと変則的なものだったため、別の新鮮な感激が。

当然ながらおいしさは折り込み済み。

さて、この日実はウエカツ水産さんとこの店でミニオフ会。

常連のウエカツ水産さんは、ミートソース大盛りのオーダー。

なんでも、聞くところによるとこれしか食べないそうである(笑)。

他にもおもしろい特別メニューをオーダーしていたのだが、これはあまりにもおもろすぎ、

この紹介記事には路線があわないので割愛。

ル・ポトフ(Le Pot-au-feu)でのランチは本日のディナーといって間違いのない満足感を味わえるものであった。

ところで、まだまだこの話、境港へミニ旅行は続いてしまうのである。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
島根(山陰)の食のPRにつなげていきたくて2つのブログランキングに参加しています。
今回の記事があなたにとって  なら、
ランキングバナー(ボタン)または携帯の方はその下のリンクを
2つポチっとクリックして投票  お願いします。
ランキングがあがると、ブログを訪れてくれる方が増えます。
banner_02.gif       にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
人気ブログランキングへ   にほんブログ村 今日食べたものへ
※バナークリックは24時間に1回まで可能です。1週間の合計クリック数でランキングが決まります。
posted by ヤマトシジミ at 07:50| Comment(0) | 2-A鳥取のお店を食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月05日

ル・ポトフ(Le Pot-au-feu)でランチ その2

090323rupotofu (4).jpg
● クリックすると拡大

そういえば、ル・ポトフ(Le Pot-au-feu)のホームページってどんなだろ?と探してみるが、

一向に見つからない。

そこでブログで紹介しているものは・・・、と探してみると

minkuさんのブログ
日帰り温泉おすすめブロク〜山陰編〜
境港でランチをするなら「ル・ポトフ」 <境港市>
http://plaza.rakuten.co.jp/minku829/diary/20070408/

ひさごん&よこりんさんのブログ
今日もおでかけ
ねずみ男と境港ル・ポトフ
http://hisagon.blog3.fc2.com/blog-entry-400.html

などがあり、どうやら知る人ぞ知る名店のようだ。

シェフの山本さんにちらっと聞いてみると、PRは極力せずに、リピーターのお客さんを

中心に大事にしている様子。

さて冒頭の写真は、お嬢が注文したカルボナーラ。

欧風料理を看板に掲げる当店らしいメニューともいえる。

ベーコン、チーズ、生卵、粗挽き黒コショウを中心としたソースづくりに、

クリーミーに日本人向けのバランス取りの配慮がなされたものと感じたのだがいかがだろうか?

そして、そのバランス取りがなされつつも輪郭もはっきりしている。

微妙な差異ではあるが、一見普通に見えて、味わうほどに自己主張を伴ったソース。

これはすごいな、と思うに至った。

そしてもう一つ、1品目のキーマカレーソースと全く違うようで底辺に流れる共通項を

見つけたような気もしたのだ。

もちろん全貌がわかるほど味がわかるわけでもないので・・・。

ところでなぜ私がお嬢のオーダーしたカルボナーラの味を知っているのかというと、

3人でシェアしたからなのだが、時間が遅かったこともあり、「ほぼ」貸し切り状態で

恥ずかしげもなくそうしたことができた事による。

いつも決まってカイワリが「ちょうだい、ちょうだい、ちょうだい」

(なぜ関西人は決まって連呼する文化的くせがあるんだろう?)

というのがおきまりなので、私が先回りして取り皿もお願いした。

ホントは今回ばかりは私も「分けてちょうだい」の心境だったのは否めないのだが・・・。

そのカイワリが帰り道にふと思い出した。

「そういえば○○さんの奥さんが境港でカルボナーラのおいしい店があったといってたわ。ここのことだったのね。」

この○○さん一家は、半端じゃなくおいしいものを知っている家族。

またいつか出てくると思うので伏せておくが、私にとってもおいしいものつながりの友人である。

カイワリのオーダーは次回の記事に。

つづく


ル・ポトフ(Le Pot-au-feu)
鳥取県境港市湊町70
電話 0859-44-6665
11:00〜15:00 夜は予約制
【「境港 ル・ポトフ」をキーワードにYahoo!検索、地図あり】
http://search.yahoo.co.jp/search?p=%E5%A2%83%E6%B8%AF%E3%80%80%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%9D%E3%83%88%E3%83%95+&ei=UTF-8&fr=slv1-adbe&x=wrt

最後まで読んでいただきありがとうございます。
島根(山陰)の食のPRにつなげていきたくて2つのブログランキングに参加しています。
今回の記事があなたにとって  なら、
ランキングバナー(ボタン)または携帯の方はその下のリンクを
2つポチっとクリックして投票  お願いします。
ランキングがあがると、ブログを訪れてくれる方が増えます。
banner_02.gif       にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
人気ブログランキングへ   にほんブログ村 今日食べたものへ
※バナークリックは24時間に1回まで可能です。1週間の合計クリック数でランキングが決まります。
posted by ヤマトシジミ at 06:30| Comment(0) | 2-A鳥取のお店を食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月04日

ル・ポトフ(Le Pot-au-feu)でランチ その1

090323rupotofu (3).jpg
● クリックすると拡大

間があいてしまったが、境港ミニ旅行の続編。

中程は、私ことヤマトシジミの担当で。

さて冒頭の写真はかやの鮮魚店で魚を購入した後に行った

ル・ポトフ(Le Pot-au-feu)で私がオーダーしたキーマカレーソースのパスタ(セット)。

ル・ポトフ(Le Pot-au-feu)の紹介は実は初めてじゃあない。

<過去記事はコチラ>
2009年01月29日 ル・ポトフ(境港)の生キャラメル
http://oisi-nandarone.seesaa.net/article/113331015.html

090323rupotofu (1).jpg
● クリックすると拡大

このメニューをリアルで見たときに、私はぴんと来た。

「これ、たぶんどれを食べてもおいしいに違いない!!でもどれを食べよう?」

案の定、カイワリはうなりながら真剣に悩んでいる。

さてここで、極一部で有名な格言があるのでご紹介しておきたい。

「迷ったときは、全部食え!(笑) 」(by 築地王・小関さん)
http://tsukijigo.cocolog-nifty.com/blog/2007/05/17_bc4d.html#comment-19142519

「迷ったときは、両方食え!(笑) 」(by つきじろうさん改)
http://tsukijigo.cocolog-nifty.com/blog/2009/03/post-9ead.html

こうした剛の者の考え方が世間一般に通用するとは全く思わない(笑)。

こういうときに、お勧めな注文方法がある。

それは

迷ったときには、一番上を食え!(マジ!)」(by ヤマトシジミ)

あくまでも、きちんと料理をしているお店での注文の仕方なのだが、

作り手にとっての定番、あるいは一番自信のあるものを一番上に掲載しているのが普通である。

レパートリーが豊富なお店であればあるほど、この注文の仕方で力量がわかろうというもの。

ちょっと意地悪な書き方をしてしまったが、このオーダーでル・ポトフ(Le Pot-au-feu)の

力量の大きさと、奥深さの片鱗を知ることになる。

しばしの待ち時間の後、出てきたキーマカレーソースのパスタ(セット)に目をまん丸くし、

驚くことになる。

その立ち香だけでなく、ゆっくり味わえば味わうほど広がりを見せる味と香り。

一見何気なく作ってあるかのように錯覚させるキーマカレーソースになんだか虜にさせられるような

魔力があるのだ。

なぜそうなのか?

それは・・・、

この話はまだ続きます(笑)。


ル・ポトフ(Le Pot-au-feu)
鳥取県境港市湊町70
電話 0859-44-6665
11:00〜15:00 夜は予約制
【「境港 ル・ポトフ」をキーワードにYahoo!検索、地図あり】
http://search.yahoo.co.jp/search?p=%E5%A2%83%E6%B8%AF%E3%80%80%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%9D%E3%83%88%E3%83%95+&ei=UTF-8&fr=slv1-adbe&x=wrt

最後まで読んでいただきありがとうございます。
島根(山陰)の食のPRにつなげていきたくて2つのブログランキングに参加しています。
今回の記事があなたにとって  なら、
ランキングバナー(ボタン)または携帯の方はその下のリンクを
2つポチっとクリックして投票  お願いします。
ランキングがあがると、ブログを訪れてくれる方が増えます。
banner_02.gif       にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
人気ブログランキングへ   にほんブログ村 今日食べたものへ
※バナークリックは24時間に1回まで可能です。1週間の合計クリック数でランキングが決まります。
posted by ヤマトシジミ at 15:42| Comment(0) | 2-A鳥取のお店を食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月03日

ぱてしえのロールケーキ

090223patesie.jpg
● クリックすると拡大

いつもの町中のスーパーの近くのスーパーで売っているロールケーキです。

たまに知り合いの読者の方から「町中のスーパーってどこなの?」と聞かれることがあります。

本来ならば応援したくなる大好きなスーパーなのですが、もう既に大繁盛のスーパーさんでもあり、

また私達が頻繁に行っていることから、あえて名前を伏せています。

このスーパーのある通りは、通称がいくつかあり、○○街道とか、○○通りというのもありますが、

「お買い物通り」とひそかに呼んでいる人たちもいます。

スーパーが5店舗、ドラッグストア2店舗、ホームセンター2店舗、大型電気店1店舗、お酒のディスカウント1店舗。

このうち、スーパー、ホームセンター、電気店、お酒のディスカウント各1店舗ずつなくなっちゃったので

少し淋しくなったのですが、それでもスーパー巡りが出来るので、私にとっては「お買い物通り」なのです。

ブログが続けにくくなるので、コメントなどでネタばらしするのは控えて下さいね(削除しちゃいますよ。)。

地元の人にはわかると思うので、こっそりいっしょにお買い物に行きましょうね!

さて、やっと本題です。

ぱてしえさんのロールケーキは、私のお仲間では以前から評判です。

ふわふわ感が独特と言ってよいくらいのものです。

お店売りのものと比べるのは酷ですが、このレベルのものがスーパーで手にはいるというのはありがたいですね。

見かけの割に軽かったりするのもふわふわ感が出ていると思います。

お値段は上下がありますが、840円くらいです。

ぱてしえさん側から見て難点なのは、賞味期限が短いことです。

これは材料の使い方が良心的だからだと思います。

そのため、まれに売れ残ってたりすると、値引きになってたりするそうなんですが、

そんなチャンスともなると争奪戦がかなり激しくあるみたいです。

(私はまだその争奪戦を見かけたことがありません・・・。)

これは旦那が最近ばたばたで家庭に時間を割けていないから・・・おみやげっ!!と買ってきてくれたロールケーキです。

気を使わなくていいのにぃ〜・・・などとは言いません。

もっと気を使ってくれてもいいですよ。わーい(嬉しい顔)なんてねふらふら



ぱてしえ
住所:八束郡東出雲町大字揖屋町611−1
TEL:0852-52-6259

最後まで読んでいただきありがとうございます。
島根(山陰)の食のPRにつなげていきたくて2つのブログランキングに参加しています。
今回の記事があなたにとって  なら、
ランキングバナー(ボタン)または携帯の方はその下のリンクを
2つポチっとクリックして投票  お願いします。
ランキングがあがると、ブログを訪れてくれる方が増えます。
banner_02.gif       にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
人気ブログランキングへ   にほんブログ村 今日食べたものへ
※バナークリックは24時間に1回まで可能です。1週間の合計クリック数でランキングが決まります。
タグ:ぱてしえ
posted by カイワリ at 08:00| Comment(0) | 1-4島根の水産以外の加工品など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月02日

本メイタガレイ、たぶん・・・きっと・・・それとも・・・

※投稿設定をミスしてアップが遅れちゃいました・・・。

090306honmeta.jpg
● クリックすると拡大

いつもの街中のスーパーで見つけた本メイタガレイです。

表示は本メタガレイとなっています。

標準和名はメイタガレイです。

「本」とつくのはバケメイタガレイ、標準和名ナガレメイタガレイという似たカレイがいて、

区別するためにつけられているんです。

ぼうずコンニャクの市場魚貝類図鑑
メイタガレイ
http://www.zukan-bouz.com/karei/karei02/meitagarei.html
ナガレメイタガレイ
http://www.zukan-bouz.com/karei/karei02/nagaremeita.html

090306honmeta (1).jpg
● クリックすると拡大

表面はこんな感じです。

ぼうずコンニャクさんの図鑑と比べるとなんだかバケメイタ(ナガレメイタガレイ)のような・・・。

私も旦那もはっきりわかりません。

どなたかおわかりの方がいたら教えて下さい。

330g323円、@98円はたしかに「めちゃ安っ!」っていうことになるかもしれません。

090306honmeta (2).jpg
● クリックすると拡大

さて、やっぱり旦那の選択は生食、お刺身です。

またもや喜々として捌いていました。

肉厚で、やや水っぽさはあるもののまずくはありません。

というよりも、カレイ類としては、結構いいお味なんじゃないかな?と思いました。

ちょっと足りないなと思うのは、白身の透き通った旨み加減と、白身ながらも個性的なところです。

なんとなくバケメイタのような気もするのですが、どうでしょう?

もしバケメイタだったとしても、私も旦那も、この値段だったら騙されたと思わずにこれはこれで良しとします。

(表示については異論が出ると思いますが、買う側がわかる類のものなので・・・。)

も一つ、これがバケメイタだったら本メイタガレイを見つけ直す楽しみが残るのでいいなあ、

しかももっと群を抜いておいしいんだろうなあ・・・ということで楽しみが残ってていいなということなんですけどね。


最後まで読んでいただきありがとうございます。
島根(山陰)の食のPRにつなげていきたくて2つのブログランキングに参加しています。
今回の記事があなたにとって  なら、
ランキングバナー(ボタン)または携帯の方はその下のリンクを
2つポチっとクリックして投票  お願いします。
ランキングがあがると、ブログを訪れてくれる方が増えます。
banner_02.gif       にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
人気ブログランキングへ   にほんブログ村 今日食べたものへ
※バナークリックは24時間に1回まで可能です。1週間の合計クリック数でランキングが決まります。
posted by カイワリ at 20:29| Comment(0) | 1-1島根の魚貝類・海藻類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月01日

隠岐行きフェリー乗り場のバクダンおにぎりは定番名物

090323bakudan.jpg
● クリックすると拡大

隠岐の島に用事で行くことがある。

その時の楽しみがコレ!!

隠岐行きフェリーの切符売り場の一角で売っている「バクダンおにぎり」なのだ。

朝の便に乗るときに購入するのだが、この日は朝食を抜き、ブログ用に2種類買ってみた。

冒頭のはおかずなし。

090323bakudan (1).jpg
● クリックすると拡大

これはおかずつき。

「これ全部いっぺんに食ったんか!?」とfatcowさんあたりからつっこみを受けそうだが、

そうではないんですわ(笑)。

朝はおにぎり1個で我慢、我慢。

残り全てを昼食として食べたのである、間違いない、断じて(笑)。

実はこの日の用事が昼一番、次のフェリーまでの日帰り短時間の用事だったので、

昼食をフェリーですませておいたということ。

090323bakudan (2).jpg
● クリックすると拡大

バクダンおにぎりの中身はこんな感じ。

ひじきやごまや鮭などが混ぜ込んである。

このバランスがいい。

海苔は地物ではないそうだけど、売価350〜400円のコストを考えれば無理を言う筋合いのものではない。

香りと風味はフェリーに乗るとなると条件反射で食べたくなる魔力を秘めている。

忙しいときにもこうして船内で楽しめる隠岐の島。

用事なしでのんびり行きたいなあ、そんなのが何年かないままだなああ・・・

などと思いながら、フェリーの船内でほおばるのであった。

このバクダンおにぎり、地元ではちょっとした定番の名物。

バクダンおにぎりのお勧めポイントは飾り気がないところ。

こんな田舎らしさも楽しめるので、隠岐に遊びに来てみませんか?


(追)最近カイワリに任せっぱなしなのでちょっと頑張って書いてみました。


最後まで読んでいただきありがとうございます。
島根(山陰)の食のPRにつなげていきたくて2つのブログランキングに参加しています。
今回の記事があなたにとって  なら、
ランキングバナー(ボタン)または携帯の方はその下のリンクを
2つポチっとクリックして投票  お願いします。
ランキングがあがると、ブログを訪れてくれる方が増えます。
banner_02.gif       にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
人気ブログランキングへ   にほんブログ村 今日食べたものへ
※バナークリックは24時間に1回まで可能です。1週間の合計クリック数でランキングが決まります。
posted by ヤマトシジミ at 07:52| Comment(2) | 1-A島根のお店を食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。