2008年07月31日

トウモロコシの本当の食べ方

P7293901.jpg
● クリックすると拡大
(写真が暗くて黄色と白の粒の違いがわかりにくいですね。)

今年はなんとかトウモロコシが収穫できました。

暑いこともあり、早朝5時頃収穫して朝ご飯でいただきました。

昨年一昨年不作だったのは、地球温暖化の影響で・・・てなことは全く関係ありません。

イノシシが出没するようになったこと、カラスが大量に襲撃してくるようになったことが原因です。

近所の人に聞くと、「あんたんとこが、一番被害が大きい。それだけおいしいんだねぇ。」とのこと。

うれしいようで、ちっともうれしくありません。

でもやっぱり無農薬栽培の影響が出ているのかしら?

今年収穫できたのは、網を張り巡らして防御態勢を敷いたからです。

カラスは羽ばたきの邪魔になるものがあると降りてきにくいそうです。

イノシシは、人工物があると警戒心を強めるそうです。

そんなところから、いまのところは被害ゼロなんです。

toumorokosi080628.JPG
● クリックすると拡大
(6月28日頃、3番手の生育の様子、まだ網は張っていません)

ふと気がついたのが、網を張った写真を撮ってなかったことです。

ここのところ暑さが続いていて、畑仕事は必死です。

写真を撮っていないことに今気がつくなって・・・。ふらふら

さて我が家の畑では黄色と白の粒の混じった「バイカラー」という品種を2種類育てています。

ピーターコーン235とピーター610、いずれも(株)サカタのタネの交配によるものです。

(サカタのタネはノンGMO(遺伝子組み換えなし)に取り組んでおられるので大事にしないといけませんね。)

実はトウモロコシにも流行廃りがあって、少し前まではこのバイカラーのほうが甘みが強いと人気でした。

ところが、黄色一色のトウモロコシが巻き返しを図り、今は黄色一色のトウモロコシが人気です。

それでも我が家がバイカラーを選ぶ理由があります。

(1)我が家のトウモロコシ栽培は、春野菜の裏作のことが多く、専門に作っていないので蒔き時(植え時)が遅れます。

(2)ピーター610は耐暑性が強く、盆明け獲りでも甘みが強く、すかすかにならないです。この耐暑性はトウモロコシの中でも随一です。

(3)バイカラーの品種と黄色一色のトウモロコシを一緒に植えて受粉すると、キセニアといって実が固くなったりします。

(4)そのことから早生、バイカラー、タネ代が安いと三拍子揃ったピーターコーン235を選んでいます。

(5)この2種類を順に植えることで7月20日過ぎからお盆明けまで順々にトウモロコシを食べることができます。

なお、トウモロコシは実を食べるだけでなく、地中に張る根が土を耕し、地上の茎葉が腐葉土の素になります。

有機的に栽培し、土を肥やす目的もあって栽培しているのです。

(以上、ずいぶん旦那に記述を手伝ってもらいましたわーい(嬉しい顔)
*******************************

さて、トウモロコシを一番おいしく食べる方法はといえば、日の出直後に収穫し、

1〜2時間以内に加熱を終えて食べることです。

トウモロコシの持つ甘み=糖分は分解が進むのが早いため、こういう食べ方がベストなのです。

たまに、氷水につけてあるトウモロコシを見たりしませんか?

あれも糖の分解を遅らせようとしているわけです。

お魚の鮮度管理みたいですね。

そう考えると、フツーにスーパーで売っているトウモロコシの甘みと、こうやって

我が家の畑で収穫しているトウモロコシが格段に違うことがおわかりいただけるでしょうか?

これから夏休みの季節、田舎に行かれることもあるんじゃないかと思います。

田舎にある100円なんかで売っている直売所に早朝出かけてトウモロコシをゲットし、

朝ご飯で食べてみませんか?

砂糖で味付けでもしたんじゃないか?というようなトウモロコシが食べられますよ。

いつもクリックありがとうございます。
島根(山陰)の食のPRにつなげていきたくてブログランキングに参加しています♪
ランキングがあがると、ブログを訪れてくれる方が増えます。
banner_02.gif
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 料理ブログ 節約・簡単料理へ
にほんブログ村 節約・簡単料理
ラベル:トウモロコシ

2008年07月30日

どんちっちあじは評判どおりの実力派

donchicchi080729 (3).jpg
● クリックすると拡大

島根県浜田市産のどんちっちあじを松江市内のスーパーで見つけました。

・・・というか、もう夕食の大半は準備が進んでいたのに旦那が飛びついて買って来ちゃったんです。

困ったものですもうやだ〜(悲しい顔)

246g/314円、@128円はアジとしてはいいお値段ですね。

旦那が買うときも、結構売れ残っていたそうです。

島根県の東部では、どんちっちあじの鮮魚を見かけるのは極めてまれです。

スーパーを訪れた主婦のほとんどは「『どんちっち』って何?高いわね。」

そう思ったに違いありません。

浜田の水産ブランド“どんちっち”
http://www.city.hamada.shimane.jp/kurashi/nousui/suisan_don.html

サンプルを科学的に器械測定して、脂の乗りが10%以上のものを「どんちっち」として認定するそうです。

最高は15%にも達するとのこと!

ところが認定マークのシールがありません。

本当にどんちっちなの?と聞くと旦那は「できる!舌で判別する!」
とフランチェンのように

非科学的な回答をしてきました。

ある意味さすがです。

それにしてもこの街中のスーパー、最近気合いの入り方が違います。

この積極的な取り組み私も旦那も大好きです。応援してますよ!

donchicchi080729 (4).jpg donchicchi080729 (2).jpg
● クリックすると拡大

まずはお刺身です。

15%の脂だったとしたら、お刺身で食べるのはある意味で暴挙なのですが、どうでしょうか?

見てわかりますか?

脂の乗りは確かに違います。

特に捌いていて内臓の脂の乗りが全然違いました。

とろんとしていて、濃厚な脂のお味が口に広がります。

donchicchi080729 (1).jpg
● クリックすると拡大

次には塩焼きにしてみました。

みんなでつついてみます。

皮目が油で揚げたようにぱりぱりになってます。

お腹周りも旦那のようにしっかり脂が乗ってこれはすごい!

donchicchi080729.jpg
● クリックすると拡大

最後は定番の骨せんべいです。

1匹120〜130gサイズなので背骨が固め、2度揚げしておくべきだったなと反省ですが、

刺身のときに落とした腹回りが行かせたのがとってもグーでした。

旦那の舌の判定は・・・「10〜11%程度」だそうです。

まったくもって 非科学的ですが、

「島根半島産のアジのピーク(6月頃)と同じくらいかちょい下」というのが判定の根拠(?)だそうです。

ええっ?ちょい下?と思いましたが、

「8月になろうとしているのに、この脂の乗りは全国でもないことであって、さすがはどんちっち、

評判どおりの脂の持ちだと思うよ。」

・・・なんだそうです。

私は初めて食べたどんちっちアジ、いいものはいいんだなあと改めて感動したのでした。


いつもクリックありがとうございます。
島根(山陰)の食のPRにつなげていきたくてブログランキングに参加しています♪
ランキングがあがると、ブログを訪れてくれる方が増えます。
banner_02.gif
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 料理ブログ 節約・簡単料理へ
にほんブログ村 節約・簡単料理








posted by カイワリ at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 1-1島根の魚貝類・海藻類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月29日

おうちでお野菜








← 姉妹ブログ 「お気楽 菜園 ものがたり」のところに

  new! のサインが出ています。

  「インゲン蒔き時ですよ」ということで記事にしています。

  よろしければご覧下さい。


いつもクリックありがとうございます。
島根(山陰)の食のPRにつなげていきたくてブログランキングに参加しています♪
ランキングがあがると、ブログを訪れてくれる方が増えます。
banner_02.gif
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 料理ブログ 節約・簡単料理へ
にほんブログ村 節約・簡単料理
posted by カイワリ at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 関連ブログについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カボチャ 大豊作で大喜び

kabocha080728.jpg
● クリックすると拡大

暑い日が続いていますが、良いこともあります。

我が家の畑のかぼちゃが大豊作なんです。

根元からほど近いところを探しただけでもコンテナ2杯は我が家の新記録です!!

まだまだこの倍ぐらい獲れそうなので、普段お世話になっている方におすそ分けしましょう。

(単なる押しつけ?わーい(嬉しい顔)

ではメンバーをご紹介しましょう。

kabocha080728 (2).jpg
● クリックすると拡大

以前も登場、坊ちゃんかぼちゃです。

1kg前後と食べきりサイズのミニかぼちゃです。

粉質で煮るとホクホクした感じになる西洋かぼちゃです。

kabocha080728 (3).jpg
● クリックすると拡大

次はいかずちです。

見栄えは坊ちゃんと似ていますが、大きさが違います。

比較に坊ちゃんを並べてみました。

約2.5〜3.5kgぐらいです。

濃緑色と白いラインのコントラストがきれいでおいしそうに見えることから商品価値が高いそうです。

これも粉質な西洋かぼちゃです。

味的には甘みも強いことから、我が家では一番人気です。

kabocha080728 (5).jpg
● クリックすると拡大

東京青皮栗です。

皮が青いのが特徴ですが、やはり粉質な西洋かぼちゃです。

種代が安いのでコストパフォーマンスが良いと思います。


kabocha080728 (6).jpg
● クリックすると拡大

栗南瓜です。

やはり粉質な西洋かぼちゃです。

横から見るとハート形をしています。

湿潤な我が家の畑にあった強い品種を探そうと思って、今年初めてつくったものです。

味は・・・、これから食べますが楽しみです。

kabocha080728 (4).jpg
● クリックすると拡大

早生小菊です。

これだけが、日本かぼちゃで、煮るとぺちゃぺちゃになるのですが、これもまたいいんです。

かなり完熟させてから獲りましたので、粉をふいて色が赤色に変わっています。

本当はもう少し黒っぽい色をしています。

kabocha080728 (1).jpg
● クリックすると拡大

白爵です。

保存が良く利く西洋かぼちゃで、やはり粉質です。

冬至向けに良いと思いますが、これは早くに獲ったのでそれより前に食べることになるでしょう。

kabocha080728 (8).jpg
● クリックすると拡大

かぼちゃを食べる時期についてですが、収穫してから10日から2週間程度乾燥させてから

食べるのが良いといわれています。

我が家の場合は、かぼちゃの完熟具合を見てからですので、それほど日数をおかずに食べてもおいしいです。

取りたてがおいしいわけではない、と覚えておかれると良いでしょう。

スーパーなどで買うときには、かぼちゃの表面の色よりもおしりのおへそに注目されると良いと思います。

へそが大きいものは「トマトトーン」というホルモン剤処理により、着果させたものですので味が落ちます。

早出し出荷させているもの(低温のときに着果させるのは難しい)や南半球産のものなどに

そういったものが散見されます。

他には、完熟かどうかを見分けるのは爪を立てて見るのがよいのですが、売り物にそういうことはできませんね。

「包丁が立たないようなかぼちゃ」などということもよく言われますが、

やはりそうしたかぼちゃがおいしいことこの上なしです。


いつもクリックありがとうございます。
島根(山陰)の食のPRにつなげていきたくてブログランキングに参加しています♪
ランキングがあがると、ブログを訪れてくれる方が増えます。
banner_02.gif
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 料理ブログ 節約・簡単料理へ
にほんブログ村 節約・簡単料理

2008年07月28日

デラウェアは島根のもんでしょ。

dera080717.jpg
● クリックすると拡大

夏の果物といえばいろいろなものがありますね。

鳥取大栄スイカなどは定番といって良いでしょう。

(大栄町は、名探偵コナンの里としても知られますが、合併により北栄町となっています。)

我が家の一番人気は、なんといっても島根・大社のぶどう・デラウェアなんです。

大社は出雲市大社町、そう、出雲大社のお膝元です。

出雲大社に御参拝に行くとくにびき神話の稲佐の浜でも知られる砂地の大地に

デラウェアの畑があちらこちらと見受けられます。

私が島根に来たころには関西方面での大社デラウェアの知名度はイマイチでした。

だから、島根に来てデラウェアが当たり前のように出てきたときには、ビックリして

夢中になってたべてしまい、一房を一気で食べちゃったのでした。ふらふら わーい(嬉しい顔)

なんといってもその特徴は、種がなくたくさんの粒を口にほうばって食べられること、

それに果肉の柔らかさと甘みだと思います。

今回食べたのは、街中のスーパーで1パック298円。

夏バテ防止のビタミンCと適度な糖分、水分補給にもまだまだいっぱい食べますよ!


いつもクリックありがとうございます。
島根(山陰)の食のPRにつなげていきたくてブログランキングに参加しています♪
ランキングがあがると、ブログを訪れてくれる方が増えます。
banner_02.gif
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 料理ブログ 節約・簡単料理へ
にほんブログ村 節約・簡単料理




2008年07月27日

本マグロの卵

maguro080706.jpg
● クリックすると拡大

街中のディスカウントスーパーで見つけました。

これは食べたことありません!!

というわけで例によって、だんなが飛びついて買いました。

白子もあったのですが、以前サケの白子で痛い目にあったこともあり、今回は見送りです。

277g/243円、@88円はお安いですね。

maguro080706 (1).jpg
● クリックすると拡大

定番の甘辛煮付けです。

卵の味がしっかりしていて、これはごはんが進みます!

島根県は魚卵好きな食文化があるのでは?というのは最近気がついたことです。

あごの子や、でんぼの子、まんさくの子・・・数え上げるときりがありません。

本マグロの子ということで珍しいからと買ってみたものでしたが、これはいけてます。

次も見つけたら買うぞ!と旦那は大喜びなのでした。


いつもクリックありがとうございます。
島根(山陰)の食のPRにつなげていきたくてブログランキングに参加しています♪
ランキングがあがると、ブログを訪れてくれる方が増えます。
banner_02.gif
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 料理ブログ 節約・簡単料理へ
にほんブログ村 節約・簡単料理






ラベル:境港 本マグロ
posted by カイワリ at 10:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 1-1島根の魚貝類・海藻類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月25日

ニナ貝のしっぽはクリーミー

nina080719.jpg
● クリックすると拡大

こちら島根で、ニナ(貝)、ニーナ(貝)といわれている貝です。

旦那が言うには、標準和名オオコシダカガンガラあたりではないか?とのことですが、本当のところはどうでしょうか?

ぼうずコンニャクの市場魚貝類図鑑 オオコシダカガンガラ
http://www.zukan-bouz.com/makigai/kofukusoku/nisikiuzugai/ookosidakagangara.html

おすそ分けでいただきました。

他の地方ではそれほど食べないといったことを言ってる人もいるようですが本当のところはどうでしょうか?

買うと意外にも高くて、お祭りの屋台の焼きそばを入れるパック、1パックで安くても800円ぐらいします。

あっさり塩ゆででもいいのですが、今日は甘辛く煮てみました。

実は私は食べるの初めて、お嬢も初めてです。

甘みのある身をくるくるっと妻楊枝でとりだすのも面白いです。

しっぽの部分が白く、苦みがほとんどありません。

つるんとしてクリーミーな舌触りです。

お嬢と私がほとんど食べて、旦那は味見だけといった感じです。

これは、お値段がするのも納得しました。


また見つけたら、塩ゆでにして食べたいな。


いつもクリックありがとうございます。
島根(山陰)の食のPRにつなげていきたくてブログランキングに参加しています♪
ランキングがあがると、ブログを訪れてくれる方が増えます。
banner_02.gif
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 料理ブログ 節約・簡単料理へ
にほんブログ村 節約・簡単料理
posted by カイワリ at 08:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 1-1島根の魚貝類・海藻類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月23日

お父さんの夏バテ対策カレー

curry080722 (1).JPG
● クリックすると拡大

夏バテ。。。ふらふら

まだ夏本番になったばかりだというのに、ばてばてなのであ〜る。

世の中のいろいろなものを食べ尽くし、若くしてメタボリック症候群

〜この言葉は語源から考えて乱れた日本語の象徴だ!と恨みを込めて言ってみる〜

になってしまった私にとって、耐え難きを耐え、忍び難きを忍ぶ季節といういい方もできる。

さてこんな時に食べる物と言えば、そうめんなどの冷やし麺なども当然ながら良いのだが、

毒を以て毒を制す、よろしく熱いもの、汗の出るものをぶつけるというのも

なかなか情緒のある選択だったりする。

そこで出てきたカレーが冒頭の写真、ハウス・こくまろカレー(甘口)。

 一応、ズッキーニ  ・・・どっさり
    タマネギ   ・・・大玉2個
    トマト缶   ・・・2缶
    長州親鶏   ・・・400g?は入っている。
 あとは、カイワリがテキトーにやってしまっている。

 (ところでズッキーニを自分で作ると、売り物は消毒たっぷりなんだろうなあ、なんて思ってしまう)

実はヤマトシジミは我が家で食べるカレーが嫌いになったことがある。

それはお嬢が幼く、「アンパンマンカレー」(だったっけかな?)とかいう、

およそカレーライスとは思えない甘ったるい代物が食卓に上るようになったことによる。

世のお父さん方も、「幼児向けカレーライス症候群」になった方は多いのではなかろうか?

これが、自分で本格カレーを作るようになったきっかけなのであるが、

いつもいつも家庭で気合いを入れて作るわけにも行かない。

カレーが甘口か中辛から大辛かを巡って夫婦げんかばかりするわけにも行かぬ。

そこで登場するのが、S&Bガラムマサラだ!

curry080722.JPG
● クリックすると拡大

こしょう、コリアンダー、赤唐辛子、カルダモン、クミン、クローブ、シナモンが入っている。

オーソドックスなスパイスが押さえてある。

比率は不詳。(当たり前か!?)

これをお皿に盛りつけたあとに適量ふりかけて混ぜて食べるのである。

辛みだけでなく、スパイスの風味が広がり、結構リッチな味わいに変わる。

カイワリのお皿にもこっそりふりかけたところ、「シナモンがきいていいね」の反応。

お嬢のお皿にも少しずつふりかけていって、慣らしていこう!、そんな野望を抱くヤマトシジミ(私)。

こうして、我が家のカレーの辛さを巡る戦争は終結を向かえ、平和な時代が訪れるのであった。


いつもクリックありがとうございます。
島根(山陰)の食のPRにつなげていきたくてブログランキングに参加しています♪
ランキングがあがると、ブログを訪れてくれる方が増えます。
banner_02.gif
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 料理ブログ 節約・簡単料理へ
にほんブログ村 節約・簡単料理
posted by ヤマトシジミ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 我が家の食卓から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月20日

庭のトマトが最盛期♪

minitomato080719.jpg
● クリックすると拡大(拡大するとよりおいしそう)

我が家の庭のプランタで育てているトマト3種類。

ミディ(中玉)トマトのシンディスウィート、ミニトマトのイエローミミとオレンジパルチェ。

梅雨も明け、収穫最盛期を迎えており、食卓が明るい。

3種類ともいわゆる“フルーツトマト”。

ミニトマトのイエローミミとオレンジパルチェは、特に甘み重視のもので、糖度8〜9%に至る。

トマトに甘みを出すのは、甘みの出やすい品種を選ぶほかにいろいろな手法がある。

窒素肥料を絞って自力で頑張らせる手法、水を控えめにして果実中の水分を抑えめにする手法、

塩水を与える手法など枚挙に暇がない。

実はそのいずれもに共通しているのは、「のびのび育てず、ストレスを与えること」なのだ。

その点では、プランタ栽培は、栽培地そのものに制限があり、根が自由に伸びないというストレスが

あるので、簡単に甘いトマトが作れる。

“フルーツトマト”と言われるようにおやつ代わりになるミニトマト、我が家ではお嬢の大好物である。

さらにその上をいくのが、ミディ(中玉)トマトのシンディスウィートで甘みも“フルーツトマト”並みに

あるのだが、果肉がしっかり硬めで割れにくく、さらに酸味がほどよく備わっており、うまみがある。

さらにこのトマトにうまみを出すようにするには、病気が出ないように健康に育てること、

樹勢が勝りすぎないように窒素肥料を控えめにすること、アミノ酸とカルシウム分を十分に与えることである。

我が家のトマトも試行錯誤の真最中ながらかなり満足のいく味になってきた。

この喜びはやってみないとわからないのだが、こだわりすぎないのであれば、5〜6月に苗を買ってきて

適度に肥料と水をやるだけのこと。

この楽しさを味わう人が増えることを心から願っている。



いつもクリックありがとうございます。
島根(山陰)の食のPRにつなげていきたくてブログランキングに参加しています♪
ランキングがあがると、ブログを訪れてくれる方が増えます。
banner_02.gif
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 料理ブログ 節約・簡単料理へ
にほんブログ村 節約・簡単料理

posted by ヤマトシジミ at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 1-2島根の野菜・果物・畜産物など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月18日

かぼちゃ 初どれ

bocchan080717.jpg
● クリックすると拡大

我が家の畑で今年初どれのカボチャです。

今年はこちらの降水量は平年の75%程度とやや少なめの降水量で梅雨明けしました。

我が家の畑は、山際で水やりの手間がかなり省ける反面、大雨が降ると水はけの悪いという特徴があります。

カボチャは乾燥に強く、逆に水浸しの状況には弱い作物なのです。

そういったことから、今年は予定よりもカボチャが絶好調で、商売ができそうなほど

カボチャが実っています。

それで、早取りしたのがこのカボチャ、「坊ちゃん」です。

この数年、北海道などでも大々的に栽培する農家が出てきたりしており、スーパーなどでも

見かけるようになったミニカボチャです。

カボチャには大きく分けると西洋カボチャと日本カボチャの2種類があります。

西洋カボチャは、粉質で甘く、煮るとホクホクした感じになる栗かぼちゃとか、えびすカボチャとかいわれるものです。

「坊ちゃん」もこの仲間です。

日本カボチャは対照的に煮るとべちゃべちゃした感じになる、カボチャで様々な種類があります。

最近流行なのは西洋カボチャですが、日本カボチャをみりんや砂糖を多めに入れての煮付けも捨てがたい魅力があります。

そんなことから我が家は両方のカボチャを作っているのですが、みなさんはどちらがお好きでしょうか?

この「坊ちゃん」は開花結実後、40日前後で収穫できるもともと早生のカボチャなのですが、

30日前後で試しに収穫してみました。

完熟に比べると甘みが少し落ちるのですが、次々と収穫を控えているので食べ始めたかったのです。

プロの農家は、ハウスやトンネル(地面に小さなビニールの囲いを作ること)栽培をして、

早出し出荷を競っています。

そのほうが高く売れるからです。

だんだん路地植のものが出回ってきているので値段は下がってきていますが、これにちょっと対抗したかった

私の要望で旦那がしぶしぶとってくれました。

10日〜2週間干して追熟(追加熟成)させてから食べます。

煮付けて食べましたが、お味はさほど遜色なく甘みがありほくほく・・・でも実は失敗して

煮くずれがひどかったので、写真は撮ってません。

旦那から「せっかく早取りしたのにぃ」と記事にするよういわれたので細かなことを聞いて記事にした次第です。

今度はきちんと煮付けて記事にし直しますね。

お味はほっこり幸せ黒ハート


いつもクリックありがとうございます。
島根(山陰)の食のPRにつなげていきたくてブログランキングに参加しています♪
ランキングがあがると、ブログを訪れてくれる方が増えます。
banner_02.gif
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 料理ブログ 節約・簡単料理へ
にほんブログ村 節約・簡単料理

2008年07月17日

夏魚:あごの食べ方決定版!?

tobiuo080714.jpg
● クリックすると拡大

夏の魚、そして島根県の魚のあご(トビウオ)の食べ方をいろいろ考えて試してみました。


(今年はいつもの年の倍ぐらい食べてるかも?)

我が家なりの決定版(?)だな、と思うのができましたのでご紹介します。

今回買ったのは、1パック198円、きちんと量らなかったので参考重量ですが、

353g(363g)/198円、約@56円はいつもながら安いです。

お刺身のパックを買ったりすると、ちょびっと入って350円ぐらいなので、頑張って捌いた方が

比較にならないぐらい、ずっとお得です。

このあごは、小目(ホソトビウオ)かなと思うのですが、お詳しい方、教えて下さい。

tobiuo080714 (1).jpg
● クリックすると拡大

やはりあごは、鮮度に大きく左右されるお魚です。

「朝取り」と書いてありますが、できれば「今取り」ぐらいの方がいいかも知れません。

お昼すぎには買って料理をはじめました。

どうやったかのかといえば、酢締め(甘酢締め)です。

どうしてもあっさりしすぎの感がありますので、味をしっかり付けるのが正解だと思うのです。

やり方は、しめ鯖とほとんど同じで、3枚におろし、塩をします。

冷蔵庫でおいておく時間は、30〜60分。しっかり目にしめます。

酢水で洗い流し、酢に漬けます。

酢は我が家の場合は、酢:すし酢=2:3でいつもよりもさらに甘めにします。

普通の酢にみりんを少々加えれば同じ味になります。

これで冷蔵庫で2〜3時間おきます。

あまり酢を切りすぎないようにして、盛りつけて食べます。

お醤油で食べるのですが、ワサビよりもショウガの方がよいようです。

kanro2.jpg
● クリックすると拡大

今回使ったのは、島根の地醤油、米田醤油店の「甘露」さいしこみしょうゆです。

ショウガは、すったもの(チューブで代用)を醤油に溶かしてどろどろにしてつけます。

島根のさいしこみ醤油は、調味料もはいって甘いのですが、これぐらいのものをぶつけた方が

かえってバランスがとれます。

「あごだし」というくらいで、本来は旨みをたっぷり含んだ身なのがあごです。

どうやって短時間に家庭料理でその旨みを引き出すか?

刺身、塩焼き、一夜干し・・・いろいろおいしい食べ方はありますが、我が家は「酢」を使うこと

が一つの結論ということになりそうです。

この酢締めを焼いてもおいしいです。

冒険、といっても2〜3百円でできる冒険です。

あごの酢締め、試してみませんか?


いつもクリックありがとうございます。
島根(山陰)の食のPRにつなげていきたくてブログランキングに参加しています♪
ランキングがあがると、ブログを訪れてくれる方が増えます。
banner_02.gif
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 料理ブログ 節約・簡単料理へ
にほんブログ村 節約・簡単料理


posted by カイワリ at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 1-1島根の魚貝類・海藻類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月15日

第15回おいしいってなんだろね?会議

(カイワリ)投稿200回を記念して、第15回おいしいってなんだろね?会議を開催します。
   このブログのコンセプトをこの会議で決めていくというコンセプトに決まったこのブログ。
   そのコンセプトにしたがって進めてきたいと思います。

(ヤマトシジミ)ただいまシリーズで『家庭菜園のススメ』というお題をやってます。
   家庭菜園を勧める理由は、4つ。
    (1) 本当に「おいしい」という味覚に目覚める。
    (2) 「食」に対しての考え方が変わる。(子どもにとっては本当の「食育」)
    (3) 「食」そのものが今よりもっと楽しい。
    (4) 将来的に食料自給率の向上に役立つ。
   このうち、(1)(2)についてお話をしたところです。

(カイワリ)前回は「おいしいってなんだろね?会議」にもかかわらず、アクセス数が数十人少なかったでしょ。
   あなたがあまりに薄味の進行で、くそまじめな話ばかりするから読者が離れちゃったんじゃないの。

(ヤマトシジミ)薄味って、あなたとの「くどい」やりとりがないことを言っておられるのですか?

(カイワリ)そうよ!中身がなくても読者のニーズが「そこ」にあるんだから、ちゃんと考えて
   記事を作らなきゃダメでしょっ!遊びじゃないんだから、遊びじゃ。仲良し倶楽部で
   やってるんじゃないでしょ。

(ヤマトシジミ)話が飛んでますが、一応反応しとくと、われわれ「仲良し」じゃないんですか?

(カイワリ)そういう人の揚げ足をとらないのっ!そんなこと言ってると、
   お料理の手を抜いておいしくないものばかり食べさせるわよ。

(ヤマトシジミ)うわあっっ!それは勘弁してください。ごめんなさ〜い。それが一番こたえるんですぅ。

(カイワリ)わかればよろしい。

(ヤマトシジミ)では、この辺で本題に入ってよろしいでしょうか。

(カイワリ)まあ、今日はこのぐらいにしておいてやろう(池乃めだか風に読んでください。)。

tomato080713.jpg
● クリックすると拡大(我が家のプランタ栽培ミディトマト)


いつもクリックありがとうございます。
島根(山陰)の食のPRにつなげていきたくてブログランキングに参加しています♪
ランキングがあがると、ブログを訪れてくれる方が増えます。
banner_02.gif
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 料理ブログ 節約・簡単料理へ
にほんブログ村 節約・簡単料理


続きを読む
posted by ヤマトシジミ at 23:00| Comment(1) | TrackBack(0) | おいしいってなんだろね?会議 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

初どれ 京野菜の賀茂なす

P7123585.jpg
● クリックすると拡大

我が家の畑で育てた賀茂なすです。

賀茂なすは京野菜で島根の産物ではありませんが、関西出身の私にとっては、なくてはならない野菜です。

島根に来てビックリしたのが、ナスが長いことです。

関西では千両2号などの丸長なすが中心で、長なすはそれほどメジャーではありませんでした。

でも今では島根の長なすの味にはまっています。

特に焼いたときには大長なすが一番いいように思います。

我が家で育てている主力は久留米原産の中長なすで、長なすの良さと多収との両立を考えた品種です。

今回ご紹介するのは、それとは違って京都原産の丸ナス、賀茂なすです。

ナス田楽にするならこれで決まり!!といって過言ではありません。

身のしっかりしていることと、食べたときのとろける食感の両立は、他のナスの追随を許しません!!

P7143646.jpg
● クリックすると拡大

まだナスの木が育ちきっておらずやや早取り。

野球のボールより小さいくらいのものを取りました。

赤みそにみりんと砂糖を少々加えて塗って焼きました。

お味は、しっかり賀茂なすのとろける食感でグー!です。

苗を買うと、300〜350円/1株ぐらいすることが多いのですが、種から育てているので

300円ぐらいの種で、8株×4年分ぐらい育てることができます。

こちらではあまり見かけないのですが、賀茂なすを買えば1個200〜300円ぐらいはしますので

もうほぼ元は取ったという感じですわーい(嬉しい顔)

さてこれから、我が家の畑の野菜がどんどん収穫時期を迎えます。

今年は特に順調のようなので、楽しみが膨らんでいます。


いつもクリックありがとうございます。
島根(山陰)の食のPRにつなげていきたくてブログランキングに参加しています♪
ランキングがあがると、ブログを訪れてくれる方が増えます。
banner_02.gif
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 料理ブログ 節約・簡単料理へ
にほんブログ村 節約・簡単料理







ラベル:賀茂なす

2008年07月14日

境港産の生本マグロの実力の引き出し方

maguro080628.jpg
● クリックすると拡大

いつもの街中のスーパーで見つけたので写真を撮らせてもらいました。

迫力がありますけれども、旦那は「カマが食べたいなあ黒ハート」とやはり食い気100%です。

トビウオのところでは、季節の魚としては本マグロじゃ・・・、という話もしましたが、

節操のないこのブログですので、今回は生マグロでいっちゃいます。

maguro080608.jpg
● クリックすると拡大

271g/699円、@258円です。

日付が古いのは、本当は旦那が「おいしいってなんだろね?会議」にこのネタを使おうとしていたからで、

怠けていたのでアップに踏み切りました。

この時期の境港産の生本マグロは、大中巻き網という漁法で一網打尽にして取るそうで、

マグロが育ちきっていないことからも資源に優しくないとか、一本釣りに比べて鮮度が良くないとか、

そういった話も聞きますが、原油の値上がりで遠洋マグロ漁が難しくなっていることなどからすれば、

近海でとれる生マグロの価値をあまり低く評価すべきではない時代が来たのではないかな?という気もします。

さらに、この近海マグロも出漁して2回に1回不漁だとコストが回収できず赤字なんだそうです。

そんなことを聞くと、大事にいただかなきゃ、という気持ちになるのは私だけでしょうか?

maguro080608 (1).jpg
● クリックすると拡大

「酸味が強くて旨みにかける」、生本マグロにそんな評価をお持ちの方もいるのではないでしょうか?

実は私も旦那もそう思っていました。

旦那がウエカツ水産からお聞きした方法なのですが、薄くそぎ切りにして10分空気にさらすこと・・・、

これが家庭でできるベストの食べ方のようなんです。

なるほど、一見どす黒い色のように見えた生本マグロの身が、みるみる鮮紅色に変わっていきます。

酸味も消えて旨みがぐんと出てきます。

これは、冷凍物とはまた違った旨みですね。

この違いがわかるのは旦那に隠れて捌きながらつまみ食いしたからなんですけれどねわーい(嬉しい顔)

境港といえば、水木しげるさんの「ゲゲゲの鬼太郎」で有名ですが、お嬢の好きなこのお皿に並べてみました。

どうです?今年はけっこう豊漁で値段もお安くなってきているようです。

試してみませんか?


いつもクリックありがとうございます。
島根(山陰)の食のPRにつなげていきたくてブログランキングに参加しています♪
ランキングがあがると、ブログを訪れてくれる方が増えます。
banner_02.gif
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 料理ブログ 節約・簡単料理へ
にほんブログ村 節約・簡単料理






ラベル:本マグロ 境港
posted by カイワリ at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2-1鳥取の魚貝類・海藻類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月12日

第14回おいしいってなんだろね?会議

(カイワリ)投稿200回を記念して、第14回おいしいってなんだろね?会議を開催します。
   このブログのコンセプトをこの会議で決めていくというコンセプトに決まったこのブログ。
   そのコンセプトにしたがって進めてきたいと思います。

(ヤマトシジミ)あいかわらず、「いい加減さ」満点で「どうもすいません」。

(カイワリ)謙遜じゃなく、本当なだけにフォローが難しいわね。
   先日の第13回は、突拍子もないことを書いてたけど、ヤマトシジミらしくて良かったんじゃないの?

(ヤマトシジミ)褒められた・・・、というか何か魂胆でもあるんですか?

(カイワリ)あなた人間として最低ね!褒められたら「ありがとうございます」というものよ!お嬢だってそれぐらい言えるわよね。

(お嬢)うん。

(ヤマトシジミ)チックショー!こんな私に誰がした。が、まあこの際いいでしょう。
   前回のは「あまりにも長すぎ!」という苦情も寄せられましたのでさっそく本題に入りましょう。
   前回は『家庭菜園のススメ』というお題でお話ししました。
   家庭菜園を勧める理由は、4つ。
    (1) 本当に「おいしい」という味覚に目覚める。
    (2) 「食」に対しての考え方が変わる。(子どもにとっては本当の「食育」)
    (3) 「食」そのものが今よりもっと楽しい。
    (4) 将来的に食料自給率の向上に役立つ。
   このうち、(1)について話をしたところです。

(カイワリ)今日はホント薄味の進行ね。


いつもクリックありがとうございます。
島根(山陰)の食のPRにつなげていきたくてブログランキングに参加しています♪
ランキングがあがると、ブログを訪れてくれる方が増えます。
banner_02.gif
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 料理ブログ 節約・簡単料理へ
にほんブログ村 節約・簡単料理

続きを読む
posted by ヤマトシジミ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | おいしいってなんだろね?会議 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月11日

豚バラダイコン ダイエット向け調理で

hatake080614 (3).JPG
● クリックすると拡大

我が家の畑で作った春ダイコン。

無農薬で作っていること、肥料を抑えていることで甘みが強いのが特徴。

でも、肥料を抑えているために少し塔立ち(花芽がついてまずくなること)が早めだったりする。

それにヨトウムシなどが穴を開けてたりすることもある。

「健志総太り」という品種を使っているので、甘みが強く、辛みが爽やか・・・大根おろしやサラダで

食べるのがこのダイコンの良さをもっとも引き出すんだけれど、それでは一度期にとれるダイコンが

捌ききれなかったりする。

そこで、お嬢も大好きなこの料理、豚バラダイコンだ。

butabaradaidaikon(2).jpg
● クリックすると拡大

豚バラは鳥取県産のもの。@100円はセールス価格。

我が家は行きつけの街中のスーパーの影響もあって、鳥取県産の豚牛の比率が高い。

島根県産はおいしいけれど、鳥取県産の方がコストパフォーマンスが良いような気がする。

「お金に糸目はつけない」ではない方針の当ブログなので、当面はこんな感じなのかな?

豚バラダイコンは『和食でダイエットレシピ129/成瀬清子、今泉久美』に大きくヒントを得て改良したもの。

ダイコン 600g(またはダイコン400g、コンニャク200g)
豚バラ     200g
だし汁     500cc
酒       大さじ3
砂糖      大さじ1弱
醤油      濃口大さじ2
        薄口大さじ1
みりん     大さじ2
オリーブオイル 大さじ1
ひまわり油   大さじ1(サラダ油)
水       適量

butabaradaikon.jpg
● クリックすると拡大(ぜひ写真をクリックして見て!)

1.豚バラ肉、ダイコン(コンニャク)とも1×1×2cmに切る。
  (ダイコンはいちょう切りで)

2.豚バラを小鍋に入れて、水をぎりぎりまで少なくして湯がく。アクを取り豚バラを上げる。
  (この湯は翌日豚汁のだしとして使う。)この行程で脂を落とし、料理の品数を膨らませる。

3.フライパンでダイコン(→コンニャク)、豚バラの順に別々にオリーブオイル、ひまわり油を半量ずつ入れて
  きつね色になるまで両面焼いて出す。さらに油を落としたい場合は、ペーパータオルで
  豚バラからでてくる油を拭き取ると良い。

4.ダイコン(コンニャク)、豚バラを鍋に移してだし汁、酒を加えて火にかけ、
  煮立ったらアクをとり、砂糖と濃口醤油、薄口醤油それぞれ大さじ1杯を加えて30分煮る。

5.最後に濃口醤油1杯とみりんを加えて煮からめる。

butabaradaikon (1).jpg
● クリックすると拡大

ダイコン自体は中は薄くしか味が通っておらず、ダイコンの旨みが堪能できる。

煮込みが浅いので、翌日、翌々日と染みてきておいしさが増すだけでなく、日持ちの良い作り置き

料理である。

脂もかなりのぞいてあるので、冷めてもべっとりしないので豚バラなのにおいしく食べられる。

我が家では、こんな感じで旬に大量に獲れる野菜を日持ちの良い作り置き料理にしておくので、

食卓の品数は大体にして多く、また野菜料理が多い。

それでもヤマトシジミがメタボなのは・・・、料理がおいしいからということにしておくことにしておこう。


いつもクリックありがとうございます。
島根(山陰)の食のPRにつなげていきたくてブログランキングに参加しています♪
ランキングがあがると、ブログを訪れてくれる方が増えます。
banner_02.gif
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 料理ブログ 節約・簡単料理へ
にほんブログ村 節約・簡単料理


ラベル:ダイコン 豚バラ
posted by ヤマトシジミ at 06:00| Comment(0) | TrackBack(1) | おうちでお手軽料理集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月10日

投稿200回記念第13回おいしいってなんだろね?会議

(カイワリ)2週間のご無沙汰でした。それでは第13回おいしいってなんだろね?会議を開催します。
   このブログのコンセプトをこの会議で決めていくというコンセプトに決まったこのブログ。
   そのコンセプトにしたがって進めてきたいと思います。

(ヤマトシジミ)今回は記事投稿200回記念です

(カイワリ)コメントが難しいわね眠い(睡眠)
   「200回記念で迷走してるこの会議すんの?」といえばよいのか、
   「200回も中身のないブログを良くも続けてきたわね。」といえばよいのか。

(ヤマトシジミ)そうではなくて、もっと素直に喜びましょうよ。お互いよくがんばったなあって。

(カイワリ)そうね。よくもよくも頑張ったものねダッシュ(走り出すさま)

(ヤマトシジミ)なんかニュアンスが違うような気がしますが、まあこの際いいでしょう。
   過去の記事を全て並べてみましょう。
   第1回は「安心・安全」と「甘味料を使わない深みのある甘みのあるたべものかな?」
   第2回は「素材の力を大きく引き出しているもの」
   第3回はちょっと迷走気味でしたが、地産地消という閉鎖的な考え方を取るのではなくて
   地元島根を大事に考えながらも、それぞれの地方のおいしいものを探してみましょうという方向性。
   第4回は「ピュアな作りでうまく調理しているもの。」
   第5回は「後味、後香、歯ごたえなど付随的な要素がよいもの。」
   第6回は「食べながらのイベント設定も大事。」
第7回は「地産地消は地元を大切に」
   第8回は「魚に多様な種類があることそのものがおいしいのもとではないか?」
   第9回は「食べる」も「おいしいものの探求」も趣味的な要素があり、「安く」それに挑戦したいという、初めてコンセプトらしきものが出てきました。
   第10回は長期コンセプトを設けてみましょうということで、「松江おでん」の現段階での定義。
   第11回はお嬢の好物「バジェットプラン」で豆アジ。
第12回はいろいろなお魚を食べることは、お魚の資源維持に役立ったり、
   お魚を供給してくれる水産業の維持に役立てるかもしれないという話で
   「ベラ」を食べたときの「ある思い」の謎解き。
おおよそこんな方向だったということで。

(カイワリ)良しっ決定でも内容は薄いのよねぇ〜。

(ヤマトシジミ)まあ、そんなことおっしゃらずに。

(カイワリ)「おいしい」という味の話をしたのは、「素材に甘みのあるもの」
   「後味、後香、歯ごたえ」しかないのよね。
   あとは安心、安全とか、地産地消とか、楽しく食べるためのイベント設定とか、
   食べ物にまつわる話ではあるけど、「おいしい」を探求したとは言えない話題が多いわ。

(ヤマトシジミ)その点では「松江おでん」はいいテーマでしょう。

(カイワリ)なんの、なんの。その後レポートもなく、これは終わったかと思ってたくらいョ。

(ヤマトシジミ)というか、なかなか取材費の稟議が通らなくてもうやだ〜(悲しい顔)

(カイワリ)おだまりっ!私とお嬢を連れて行くなら、ちょっとはよろしいけどネ。

(お嬢)そうだ、そうだ。

(ヤマトシジミ)じゃあ、次の誕生日やクリスマスは「松江おでん」にしようね。

(カイワリ)おばかっ!パンチ「クリスマスにおでんなの?」ってお嬢が半べそかいてるじゃないの。

(ヤマトシジミ)「おばか」はないでしょうに、「おばか」は。クレヨンしんちゃんじゃないんだから・・・。

(カイワリ)ホホホホホ・・・。「おばか」につける薬なしっ!とっとと本題に入っておしまい、
   このスカポンタン。

(ヤマトシジミ)(言いたくないけど)ア〜ラホ〜ラサッサ〜。

(カイワリ)さて、今日のお題は、『家庭菜園のススメ』なのよね。

(ヤマトシジミ)はい、「それでは解説しよう!」
   我が家では250坪ばかり、家の庭全面と借りてる畑で家庭菜園を完全無農薬でやってます。
  作っている野菜の種類は数え方にもよりますが、おおよそ50種類。

(カイワリ)そのため、私には「農家の嫁」というあだ名が付けられてます(実話)。

***続きを読む***
posted by ヤマトシジミ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | おいしいってなんだろね?会議 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月09日

クリックありがとうございます!!

今朝のクリック数を見てビックリしました!!

1日に70ポイント、7人の方にクリックしていただきました。

これ、今までの最高記録です。

これからも読んでいただけるようなブログにしたいと思います。

よろしくお願いします。

(第199回の投稿で、次回は200回目です。)


いつもクリックありがとうございます。
島根(山陰)の食のPRにつなげていきたくてブログランキングに参加しています♪
ランキングがあがると、ブログを訪れてくれる方が増えます。
banner_02.gif
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 料理ブログ 節約・簡単料理へ
にほんブログ村 節約・簡単料理




posted by カイワリ at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月08日

白バイの煮付けはフツーなの?

sirobai080706.jpg
● クリックすると拡大

こちら島根で白バイと呼ばれる貝は、標準和名がエッチュウバイといいます。

名前はエッチュウバイですけれども、島根県が主な産地で、特に好んで食べられる北陸方面に

出荷されています。

重さを量り忘れましたが、ここのところ、この白バイのお値段に割安感が出ているように感じます。

今回は、1パック298円でした。

最近の特徴の一つに、小粒なものが目立ちはじめました。

本来、小粒なものは料亭などの付だしに使われることが多いそうで、こちらではあまり見かけませんでした。

どちらかというと大粒なものが目立ち、刺身にして食べたりしていたわけです。

以前、冷凍のものを紹介しました。
 
白バイのお刺身 和江の浜づくり
http://oisi-nandarone.seesaa.net/article/81391045.html


sirobai080706 (1).jpg
● クリックすると拡大

今回はせっかく小粒なものを見つけたので煮付けにしました。

意外なことに我が家では白バイを煮付けで食べたのは初めてなんですふらふら

とろ〜りとした身は殻から取り出すときには、お餅のように身が伸びます。

身のお味は、目立つほどの甘みがあり、しっぽの部分は苦みがあるものの、バランスとしては

それほど突出はしていません。

なるほど、料亭で使われるわけですね。

この煮付けがフツーの食べ方だそうですが、我が家の刺身偏重な白バイの食べ方はアブノーマルなんでしょうか!?

我が家の食卓が心持ち高級化し、バリエーションも増えたということで二重に得した気分です。


いつもクリックありがとうございます。
島根(山陰)の食のPRにつなげていきたくてブログランキングに参加しています♪
ランキングがあがると、ブログを訪れてくれる方が増えます。
banner_02.gif
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 料理ブログ 節約・簡単料理へ
にほんブログ村 節約・簡単料理
posted by カイワリ at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 1-1島根の魚貝類・海藻類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月04日

ミズダコのセールス・ラベル

mizudako080618.jpg
● クリックすると拡大

少し古いネタですが・・・。

いきつけの街中のスーパーで見つけたミズダコです。

「ゆでたてほかほか!!」のラベルのセールス文句につられて買ってしまいました。

ラップも曇っていてホントゆでたてです。

こういう売り方って面白いですね。

343g/336円、@98円です。

薄く切って酢みそで食べました。

・・・、が写真を取り忘れです。

これがお蔵入りになっていた原因なのですが。

また、機会を見つけてやり直しです。

ところで、投稿した記事がもうすぐ200話目になります。

なにか、考えてみようかしら?



いつもクリックありがとうございます。
島根(山陰)の食のPRにつなげていきたくてブログランキングに参加しています♪
ランキングがあがると、ブログを訪れてくれる方が増えます。
banner_02.gif
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 料理ブログ 節約・簡単料理へ
にほんブログ村 節約・簡単料理



ラベル:ミズダコ
posted by カイワリ at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 1-1島根の魚貝類・海藻類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月03日

やっぱりコチが好き!

magochi080628(4).jpg
● クリックすると拡大

先日のえともフレッシュ朝市の日に、泉屋商店に寄って見つけたのがこのコチ、標準和名はマゴチイネゴチです。

旦那はネコのように(くまのように?)飛びつきました。

こういった白身の淡泊な味わいが好きで好きでたまらないのだとか・・・。

magochi080628.jpg magochi080628 (2).jpg
● クリックすると拡大

572g/250円、@44円は安〜

こちら島根では相変わらずコチの評価は高まりませんがこれはこれでよいのかもしれません。

たくさんまとまっては獲れていないようですし、捌くのは面倒ですし・・・。

こんなにおいしいものが、こんなに安く食べられるなんて幸せ黒ハート

悔しかったら、食べてみそ〜、というのは冗談です。

私もコチを初めて食べたのは東京に住んでいたときのことです。

近所のお魚屋さんで捌いてもらったのですが、このお魚屋さんが結構こだわりのお魚屋さんで

おいしいお魚を教えてくれたのです。

こういうご縁がなかったら我が家も「コチなんて」ってなってたんでしょうね。

magochi080628 (1).jpg
● クリックすると拡大

この顔ですからね!

旦那は「ウルトラマンの怪獣のモデルになりそうな顔」なんていってます。

相変わらず、おこちゃまです。

magochi080628 (3).jpg
● クリックすると拡大

薄造りにしてみました。

ヘタなのは、旦那がやったからです。

といっても半年ちょっとでここまでできるようになったと言うべきでしょうか?

元来不器用なのと、時間が限られていたことを差し引けば十分健闘しているということにしておきましょう。

お皿は、原洋一さんから拝借しためのう釉薬のお皿です。

といってもてんこ盛りになっちゃってお皿はほとんど見えませんね。

お味は、淡泊ですがしっとり、身の鮮度が良くしっかりしているので、薄造りが正解のようです。

じっくり良く噛むことで身の旨みがじんわり、じゅわっと出てきます。

白身の身の甘さが素直に出てくるお味です。

米田醤油の「千鳥」、平野醤油のさしみしょうゆ「政之助」でそれぞれワサビ醤油で食べました。

どちらも特徴が出ていておいしさが引き立ちます。

ごはんが進むのは甘みあり濃厚な「政之助」かもしれません。

さらに、ぽん酢に紅葉おろしで食べるのもグーですね。

お嬢は、紅葉おろしちょびっとのぽん酢が一番いいと言ってました。


いつもクリックありがとうございます。
島根(山陰)の食のPRにつなげていきたくてブログランキングに参加しています♪
ランキングがあがると、ブログを訪れてくれる方が増えます。
banner_02.gif
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 料理ブログ 節約・簡単料理へ
にほんブログ村 節約・簡単料理


******************************

しばらくの間、タテ町商店街内、梶勧農園ギャラリーで青磁の他の作品を見ることができます。

特におすすめは茶器。

お抹茶の色映えは、感動を呼ぶこと間違いありません。

有限会社 梶勧農園(かじかんのうえん)
島根県松江市竪町(たてまち)78番地
電話番号: 0852−25−4187(よいはな)



posted by カイワリ at 06:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 1-1島根の魚貝類・海藻類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月02日

もろきゅう 我が家でキュウリが初どれ

kyuri080701(1).jpg
● クリックすると拡大

我が家のプランターのキュウリがやっと実をつけました。

「夏秋節なり」という品種を種から育てています。

ことしは、苗を移植した直後にとても寒い日があったこと(ミャンマーのサイクロンの

名残の低気圧による影響)から生育が大幅に遅れました。

もちろん無農薬、“おおよそ”有機栽培です。

(野菜のおいしさと有機・無農薬栽培の関係は今度機会を作ってお話ししたいですね。)

おおよそ1株あたり50〜70本のキュウリがとれます。

プランター栽培としては恐らく旦那のノウハウはかなりのものではないでしょうか?

他にもプランターのオクラの花がきれいだったので撮りました。

okura.jpg
● クリックすると拡大

我が家はみんなキュウリ好きです。

その原因は、キュウリの選び方にもあります。

昔のキュウリの味がするからです。

昔のキュウリの味とは・・・、青臭いかわりに水分と甘みが多く、歯ごたえもしゃっきり、大体こんな感じです。

kyuri080701.jpg
● クリックすると拡大
無農薬なので虫のかじりあとがありますわーい(嬉しい顔)

取りたてですぐにたべることがなんと言っても一番ですが、もう一つは品種の選び方にポイントがあります。

最近プロの農家で流行っている品種は大概おいしくありません。

最近の流行の品種は、「ブルームレス」という「粉をふかない」品種です。

「粉」がふいているとスーパーで買うときにおいしそうに見えない人が多いんだそうで

こういう品種が開発されています。

大半の「ブルームレス」は見栄えと多収を追求しており、食味に劣ります。

特に歯ごたえがなく、グニャグニャなことが多いのです。

もう一つは「イボなし」タイプも流行っています。

本来のキュウリの鮮度はイボのあるなしで見分けます。

イボなしキュウリは、病害への抵抗力を追求している品種が目立ちますが、食味はブルームレスよりも

我が家の好みにはあいません。

kyuri080701(2).jpg
● クリックすると拡大

単純にもろきゅうにしました。

ジューシーな様子が写真でわかりますでしょうか?

みそをつけなくても甘みと旨みがあって十分においしいんですが、ごはんのおかずにするために

もろみそをたっぷり添えています。

もろみそは、地元の森田醤油店の「もろみ」1袋に、スーパーで市販の金山寺みそ(安いの)を

4カップ加え、柚子胡椒などを加えてかきまぜ、かきまぜして作ったものです。

このみそで、この6年やってきましたが、今年はさらにステップアップを目指すかもしれません。


いつもクリックありがとうございます。
島根(山陰)の食のPRにつなげていきたくてブログランキングに参加しています♪
ランキングがあがると、ブログを訪れてくれる方が増えます。
banner_02.gif
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 料理ブログ 節約・簡単料理へ
にほんブログ村 節約・簡単料理


2008年07月01日

えともフレッシュ朝市

aji080630.jpg
● クリックすると拡大

毎月第4土曜日に恵曇漁港で開催されるえともフレッシュ朝市に行ってきました。


P6283128.JPG P6283135.JPG
● クリックすると拡大

様子はこんな感じ・・・、って開始時間の9時直前に到着したのでばたばたで良い写真が撮れていません。

この日は昼前から大雨の予報だったので、旦那が早朝から畑仕事をしていたためなので

我が家の食料調達を考えると、これもやむを得ません。

というか、土曜日なのに平日よりもバタバタという生活は、どう考えても“スローライフ”ではないですね。

“食べるために”一生懸命生きている我が家です。

aji080628.jpg
● クリックすると拡大
 お皿は原洋一作

マアジが5匹200円。安い〜!

594gですから@34円。

1匹当たり118g。

我が家の基準ではマアジは120〜130gぐらいがベストサイズのように思います。

全部お刺身にして、あらは骨せんべいにしました。

P6293296.JPG
● クリックすると拡大

つくりながらお嬢が横からつまみ食いするので、私も負けずにつまみ食いしてしまいました。

「なんて行儀の悪い母娘なんだ!」

旦那は自分の取り分がほとんどないことに腹をたてていますが、お嬢がカルシウム分(骨)を

喜んで食べてるだけでもいいじゃない?

先日もどんちっちアジのことを記事にしましたが、浜田沖で脂の乗った味が獲れたあと、

島根県の沿岸の定置などでも同様のアジが獲れるという話を聞いたことがあります。

たしかに、この刺身は捌いていても手に脂がべっとり付くようなトロントロンのものでした。

ごちそうさま!

ところで、旦那的には3匹400円で売っていたスルメイカが目の前で売り切れになったのが

悔しかったらしいのです。

手に入りにくくなると欲しくなるもの・・・これも人情ですが、食い意地の張りすぎた旦那の様子は

みっともないったらありゃしません。

いつもクリックありがとうございます。
島根(山陰)の食のPRにつなげていきたくてブログランキングに参加しています♪
ランキングがあがると、ブログを訪れてくれる方が増えます。
banner_02.gif
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 料理ブログ 節約・簡単料理へ
にほんブログ村 節約・簡単料理



posted by カイワリ at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 1-C島根のイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。